タウンワーク枠得プランの求人公開は月曜日以外にするのも1つの方法

コラム

採用における実務の中で、他の会社と同じようにすることがいいのか、あえて違う路線を取った方がいいのか、ということについて悩むことが多くあります。ライバルと同じことをしていては、それ以上の結果は得られないとよく言われますが、今日はそんなお話です。参考程度にお読みいただければと思います。

新案件の公開日は月曜日が圧倒的に多い

インディードや求人ボックスなどのアグリゲート型求人サイトではない、一般的な求人サイトって新しい案件が出てくるのは「月曜日」が圧倒的に多いです。

それは掲載する企業側が月曜日を選んでいるのではなくて、運営する会社がそのようにしているからなんです。

例えば、タウンワークネットは月曜日、はたらいくは月曜日・木曜日、フロムAも月曜日・木曜日、それぞれサイトごとに決められています。タウンワークネットだけに関して言えば、求人誌「タウンワーク」の発行が月曜日だから、連動させているんです。

引用 リクルートメディアガイド

引用 リクルートメディアガイド

タウンワーク枠得プランは随時公開が可能

もちろんデータ処理の関係があるので、提出してすぐに公開されるわけではありませんが、曜日に合わせてデータ提出すればいいだけの話なのです。

ふだん、僕は月曜日公開にしていますが、あえて月曜日以外に公開をするのも1つの戦略だと言われています。

理由はたった1つだけです。公開日に案件が多いと、新着マークをつけたところで他社の案件に埋もれてしまうから。新着化することで必ずしもメリットがあるわけではありませんが、一定の効果は期待できます。

過去記事にも書きましたので、お時間のある方はお読みください。

とくにタウンワーク枠得プランの表示順位は下位になりますので、余計に新着マークで目立たせた方がいいのです。

考えられるデメリットはなにかあるか?

一般的な公開日に月曜日が選ばれている理由も実はあるのです。

1週間の中で休み明けの月曜日が一番、職探しの意識が高く持たれているからなんです。

ということは、セオリー通りに月曜日に公開されるのが大きな効果が期待できるのです。

【まとめ】

求人サイトの選定でほかと大きく違ったサイトを選ぶことに対しては、過去検証のなかであまり積極的にするべきではないということを結論づけたことがあります。

今回は、あくまでも新着公開日の曜日だけですので、積極的にチャレンジしてみるのも面白いです。

もともと枠得プランの表示順位は決して高い方ではないので、月曜日以外にしたからといって大きく実績が落ちるなんてことはないでしょう。

本日のまとめ

案件の一般的な公開日からあえて少しずらしてみるのも母集団形成における1つの戦略だと言えます。現に、求人広告代理店のなかには積極的に推してくる会社もあります。人と同じことをしていては、いい結果が望めないと言われることもありますが、あまりズレるのもオススメできません。セオリーはある程度守りつつも、少し逸らしてみてABテストを実施するのも面白いです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告