インディードでは新着表示を付けた方がメリットがあるかもしれない

アグリゲート型サイト

求人サイトでは新着マークをつけるといいという話を聞きます。

インディードでも同じことが言えますか?効果は本当にありますか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

採用ホームページの運用を担当していますが、求人広告代理店の人からインディードに転載される時に、新着マークが付くように定期的に更新した方がいいですよと言われます。

たしかに新着求人って積極採用企業みたいな感じがするのでプラス効果があるとは思うのですが、どういった理由があるのか少し考えてみました。求人メディアを運営する会社の人からのアドバイスなので、信憑性は高いとは思いますが実際どうなんでしょうか。

インディードの新着求人って何ですか

ほとんどの求人サイトには「新着マーク」というものが設定されています。

もちろん閲覧者の目を惹くためにつけられるのが一番の理由です。今回はインディードの話になりますが、インディードでは「本日掲載」から「30日前」まで公開日がどれくらい前のものなのか、案件ごとに分かるような仕組みにもなっています。

オウンドメディア求人サイトをフィード送信した新着案件(有料広告)

インディードにクリック広告をフィード送信した新着案件です。「スポンサー」と付いていますので有料広告です。

インディードに直接投稿した新着案件(オーガニック広告)

こちらはインディードに直接投稿した新着案件です。なにも付いていないので無料のオーガニック広告です。

新着が付いていても、付いていなくても、見た目はそんなに変わらないというのが正直な感想です。求職者の方から見れば、あまり意識することのないことなのかもしれません。

created by Rinker
¥1,848 (2021/12/08 10:16:56時点 Amazon調べ-詳細)

新着求人にするとどんなメリットがあるのか

ここからはセオリーみたいなものになりますが、新着求人にすることでどんなメリットがあるのか考えてみたいと思います。

  1. 「新着」と赤字で書かれているので、新着ではない求人案件よりも目に付きやすい
  2. 目に付くということは、応募コンバージョンに繋がる可能性が上がる
  3. 新着求人は上位表示される、上位表示されやすいという求人業界の噂(?)がある

こうして考えてみると、求職者側にとっての大きなメリットだったり、会社にとってのメリットはあまりないのかもしれないと思ってしまいます。

①「新着」と赤字で書かれているので、新着ではない案件よりも目に付きやすい

ふつうであれば、ほとんどの方が1位表示から順番に目を通していくはずです。ある条件で実際に検索してみたところ、

実際の検索結果(「事務」で検索しました)

画像からは切れていますが、6位まで新着が付いていました。

新着案件、新着でない案件、ビジュアル的には正直それほど変わらないものですこれだけ新着案件ばかりだと、仮に新着といっても目立たなくなってしまいます。

②目に付くということは、応募コンバージョンに繋がる可能性が上がる

先ほどの項目の中で、新着マークが付いていても明らかに目立っているとは言えないということが分かりました。結果として、新着が付いているからこそ、必ずしも応募コンバージョンに繋がるわけではないと言えます。

③新着求人は上位表示される、されやすいという求人業界の噂(?)がある

先ほど検索をしたときに、上位6件は新着案件でした。

パソコンで閲覧した時に、インディードは1ページにつき15件の案件が掲載されています。そのうち12件が新着案件でした。ということは、新着案件が80%も占めていることになります。

結果的に、新着案件が上位に表示されるというのは噂レベルではなく正しい解釈だということになります。もちろん案件数も多く、全部の新着案が上位表示されるわけではないので、正しい言い方は「新着案件は上位表示されやすい」ということになります。

created by Rinker
PARKER
¥14,145 (2021/12/08 13:27:10時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】新着案件にはメリットがきちんとあるので根気よく対策を

いろいろ調べた結果、新着案件は上位表示されやすいというメリットがありました。

でも、新着案件だからといって、絶対に上位表示されるわけでもありません。

  • 新着案件といっても、新着の案件自体が多く埋もれてしまう
  • インディードの検索表示のメカニズム自体は第三者には理解しきれない

こうした背景もあって、新着だから必ずしも恩恵が受けられるものでもありません。少し気長に見るべきです。何事も根気よく対策してあげて下さい。

営業担当の人から「新着案件にしておいた方がいい」というアドバイスを何回も受けてきました。いろいろ見ていくと、やはりメリットがありました。もちろん、絶対的にメリットがあって、必ずしも応募獲得へと繋がる訳ではないですが、採用担当としてはやれることは全てやるべきです。可能性が少しでも上がるのであれば、その取り組みはした方がいいでしょう。

本日は以上です。

【追記】インディードの都市伝説みたいなもの

実は、インディードにはもう1つ噂みたいなものがあります。

それは、一度応募があった案件は上位表示されやすいというものです。インディードのAIから、「応募があった案件=サイト内での良い案件」という評価を受けると言われています。

実際、いきなり応募が立て続けに入るケースがあるので、採用担当としては、あながち間違いではないと思っています。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告