リクナビNEXTは初回割引プランを使って掲載してみるのがオススメ

求人メディア

中途採用を行うためにリクナビNEXTへの掲載を考えています。

やっぱり掲載金額は高いですよね?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・リクナビNEXTってどんな求人メディアなの?
 ・どこの会社が運営しているの?
 ・掲載価格はどれくらいなの?
 ・リクナビNEXTに安く掲載する方法はないの?

リクナビNEXTというメディアについて

リクナビNEXTはリクルートが運営する求人サイトです。

新卒用のリクルートサイトとして「リクナビ」がありますが、そこに「NEXT」が付いています。

文字通り、若手社員が次のステップを見つけるための転職サイトとしての位置づけにあります。

ポイント
・20~30歳くらいの年齢層をターゲットにしている
・正社員募集を中心とした構成
・どちらかというと営業・オフィス系の募集職種が目立つ
・ブランドイメージとしてはリクナビで就活をした若手人材が次のステップを見つけるために、流れで登録をするサイト

リクナビNEXTの掲載料金

リクナビNEXTは圧倒的なブランディング力を誇ることもあり、掲載料金はかなり高いです。

リクルートの公式営業案内に価格表が掲載されています。

引用 リクルート

募集勤務地によって掲載金額は変わりますが、4週間の最低金額は15万円。

とはいえ、最下位の掲載プランになります。

やはり、ある程度の母集団形成を考えるとやはりN3以上は必要になるはずです。

活用すべき割引プラン

リクナビNEXTへの掲載実績がないとさまざまな特割プランを利用することも可能です。

会社やエリアによって提案プランが異なる可能性がありますのでご注意ください。

今回2つの提案プラン(提案時期によって変動あり)をもらいました。

1つは「シングルプランライト」

引用 リクルートからのダイレクトメール

もう1つは「地域密着キャンペーン」

引用 リクルートからのダイレクトメール

いずれも長期掲載を前提とした掲載プランです。

割引率が非常に大きく、初回掲載・久しぶりの掲載がしやすい提案内容となっています。

【まとめ】リクナビNEXTへの特別割引は活用するべき

リクナビNEXTには初回掲載・長期ブランク明けの掲載の際は割引率が非常に大きいです。

成果の半額以下の金額で掲載をすることが可能です。

募集職種にもよりますが、リクナビNEXTのユーザーとうまく合致するときは、掲載を前向きに検討すべきです。

今回はリクナビNEXTに関する記事でした。

リクルートに限らず、新規掲載の場合には各社が特別なプランを用意しているケースが多いです。

利用のためのハードルは一気に下がりますが、オプションプランの検討もしっかり行ったうえで掲載をオススメします。

本記事のまとめ
 ・リクナビNEXTはおもに正社員希望の若手人材をターゲットとした求人サイト
 ・リクナビからの延長登録のような形での囲い込みをしている求人サイト
 ・リクナビNEXTの掲載金額は一般的な相場よりも高い
 ・初めての掲載、長期ブランク明けの掲載の場合は特別割引プランが適用される

本日は以上です。

スポンサー広告