indeedは新着表示より内容を増やしたSEO対策で応募獲得を目指すべき

採用について

indeedにおけるSEO対策は何をしたらいいですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・indeedでのSEO対策にはどんな方法があるの?
 ・効果的なSEO対策って何?
 ・SEO対策をするとどう変わるの?

採用担当であれば、掲載した求人サイトでは最大の効果を出したいと考えているはずです。

会社からは、まずは成果が求められるもの。

それは掲載が無料のindeedであっても同じことです。

少し前までは「新着」表示を付けることが成果への近道と言われていました。

最近の傾向を調べてみました。

新着表示が良いとされる理由

過去記事になりますので、お時間がある方はお読み下さい。

indeedのサイト内で新着表示を付けるべき理由について解説【初級】

ポイント
・新着案件は目立ちやすい
・新着案件にすることで応募コンバージョンが上がる可能性がある
・新着案件は上位表示されるという噂がある

新着マークが付いていないよりも、付いていたほうが案件が目立ちます。

必ずしも応募に結びつきやすくなるわけでもありません。

とくにデメリットがあるわけでもありませんので、新着マークは付けるべきです。

ただ時間を割いて新着マークをつける作業をするのも大変です。

僕自身もなかなか新着表示のためだけに時間を割くことができないのが実態です。

同じように時間を使うのであれば、新着表示よりも文章を増やすSEO対策をするべきです。

募集原稿の内容を厚くすることで、サイト内で見てもらいやすくするのです。

文章量を増やすべき理由

文章量を増やすべき理由
・新着マークのついた案件が多すぎて新着にしたところで効果は小さい
・indeedのSEOアルゴリズムがGoogleのアルゴリズムを目標にしているという噂がある

僕にはWEB系の専門知識はありません。

閲覧する人にとって、どんなサイトが評価され、上位表示されやすいかは知ってます。

求人サイトでたくさん表示してもらうには文章を増やすことが効果的

出来るだけ詳しく、たくさんの単語を使った原稿の方が有益と判断されるのです。

結果的に上位表示されやすくなるのです。

原稿に使うべき人気ワード
・パート
・アルバイト
・短時間
・短期
・正社員
・シニア
・主婦(主夫)
・事務
・週1
・座り作業

求人原稿の中に、こうした上位にランクインする言葉をうまく混ぜ込むと効果が期待できます。

そのときに気を付けるのは、文章の論理が一貫していること。

なんでもかんでも、キーワードを入れれば良いというものでもありません。

文章量を増やすことで起こる変化

2つの案件は同じ募集内容ですが、文章量を増やすことで見た目は大きく変わります。

ボリュームの少ない原稿(一覧表示)

インディード
引用 indeed

ボリュームの多い原稿(一覧表示)

indeed
引用 indeed

一覧表示はそんなに変化は付けれませんが、ボリュームの多い原稿の方が分かりやすいです。

ボリュームの少ない原稿(詳細表示)

次は詳細表示です。

引用 indeed

たった数行しかなく、この原稿での応募獲得は難しいです。

パートなどの短時間スタッフや事務職など人気案件のであれば、応募獲得の可能性は残されています

ボリュームの多い原稿(詳細表示)

文章を増量した案件の詳細表示です。

引用 indeed

この画像で原稿全体の半分くらいです。

求職者は細かなところまで原稿を見る傾向があります。

こちらの方が、より読んでもらいやすい内容だと言えます。

サイト内SEO対策をした案件が、そうでない案件よりも応募獲得できるものではありません。
対策をしていない原稿が対策をした原稿よりも応募を多く獲得することも多々あります。

こちらの思った通りに動いてもらえないのが、採用の難しいところです。

【まとめ】新着化と強い原稿づくりの両立が理想

indeedの検索エンジンは、Googleの検索エンジンのアルゴリズムを意識して作られていると言われています。

Googleの検索エンジンは、ユーザーに有益な情報を上位表示します。

求人案件で言えば、ある程度細かな情報が書かれている案件の方が優位となります。

細かい所まで作り上げた求人原稿は応募者に対する訴求力は高くなるメリットがあります。

求人原稿のボリュームを増やすことでより応募獲得がしやすくなるのも最近のセオリーです。

原稿の新着化も大切なことです。

文章を増やすことも同様に大切です。

どちらか一方だけをするのでは効果も半減しますので、両立するべきです。

まとめ
 ・indeedの検索エンジンはGoogleの検索エンジンを目指して運用されている
 ・文章量を増やした原稿の方が応募獲得の期待ができる
 ・案件の新着化も文章量を増やすこともどちらも大切なこと
 ・求職者は思い通りに動いてくれないのが採用の難しいところ

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告