indeedユーザーからの問い合わせ対応はきちんとできていますか

アグリゲート型サイト

ここ最近は電話よりも、インターネット経由の応募であったり、問い合わせの割合の方が高い状況が続いています。とくに24時間、365日受付のできるネット経由は非常に便利です。しかし、便利な反面で問題もあるように感じています。求人申し込みをしても、会社からの返答がないという口コミをよく見かけるのです。受付担当は会社の1回目の顔になりますので、注意したいものです。参考程度にお読みいただければと思います。

Yahoo!知恵袋できちんと回答し始めてから出現率の高い質問

当ブログの管理人名(ハンドルネーム)である「ひーすけ採用主任」の活動の一環で、知恵袋にもアカウントを作りました。開設したのは2021年6月下旬ということで、まだまだ歴は浅いですが、自分の知識のある領域での質問に対しては丁寧に回答するようにしています。

採用のカテゴリーのなかで、ときどき見かけるのは会社や面接担当者に対してのクレームです。「仕事の申し込みや問い合わせをしたけど、レスポンスがないのでどうしたらいいですか」という内容です。

引用 Yahoo!知恵袋
引用 Yahoo!知恵袋

初期レスポンスが悪いのは会社として大きくマイナス

応募者に対してのレスポンスが悪いというのは、基本的には採用に関わる人の問題であることが多いです。

過去記事にも書きましたので、お時間のある方はお読みください。

応募者が離脱してしまったり、会社の評価を下げてしまいかねない問題です。一番、最悪なのはクチコミサイトなどに書かれてしまうことから起こる風評被害です。

良いことだけを書いてほしいということではありませんが、悪いことの「芽」は事前に摘んでおくべきです。

なぜ、放置してしまうのか

大きく2つの点があります。

  1. 応募者からのアクションに気付いていない、気付くことができていない
  2. その応募者が応募条件・採用条件を満たしていない

おそらくこんな所だと思います。

応募者からのアクションに気付いていない、気付くことができていない

これは、怠慢そのものだと言えます。

indeedの求職者からのアクションは、全て会社が登録してあるメールアドレスに連絡がいくことになっています。しかも、2つのメールアドレスを設定できることになっています。

質問受付のメール
応募受付のメール

このように質問を受け付けても、応募を受け付けても本来はメールが届くシステムになっていますので、届くメールに対してはしっかりチェックしておくべきです。

その応募者が採用条件を満たしていない

応募条件・採用条件を満たしていないということは、「不採用」という取扱いになります。

応募者に不採用連絡が送信されていないということは、何らかのミスで送信できていなかったり、送信していない怠慢さのどちらかがあるのでしょう。

indeedには不採用通知を送る機能も実装されていますので、不採用なら不採用できちんと送信しましょう。

【まとめ】応募受付は「会社の顔」ともいえる大事な仕事

応募受付に関わるスタッフは、応募者から見れば「一発目の会社の顔」とも言えます。

言葉づかいなどの対応内容そのものも大切ですが、応募したのに連絡が来ない、質問をしたのに返答が来ないということの方が大きな問題になりかねません。

印象が悪くなってしまうと、応募の離脱だったり、クチコミサイトに書かれてしまうなどのマイナス面が非常に大きくなりますので気を付けたいものです。応募アクションに対するレスポンス自体は時間がかからず、簡単にできるはずです。

本日のまとめ

本日は応募者からのアクション(応募申し込み・質問事項)に対する会社側のレスポンスについて書かせていただきました。レスポンス自体は難しいことではありませんし、リマインドメールが来るので少し気を付けてあげればいいだけです。リマインドメールの送信先を増やす、対応できるスタッフを増やすなどの取り組みをしましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告