応募獲得のためにSEO対策はサイト内の文章を増やすことから始めよう

採用について

求人サイトの原稿改善ってなにをすればいいですか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

本日の記事は3ケ月近く前に書いた内容の続きになります。ちなみに今回の記事でいったん完結となります。

採用の業界では原稿改善をすることで応募改善に繋がるのだから、やらなければ損ですよ!是非やってみてくださいと求人メディアの運営側からよく言われます。

信憑性があるのかないのか分からないので、僕が検証作業のようなものを行ってみました。

検証のきっかけは求人メディア運営側の一言

過去記事になりますので、お時間のある方はお読みください。

記事の要約をすると、原稿のボリュームを上げることで求人サイト内やインディード内部でのSEO対策に繋がり、より露出の機会が増えて、応募者の目に止まり、応募コンバージョンを獲得する可能性が上がるというものでした。

でも、これって本当なんでしょうか?そんな疑問からスタートしました。

あれこれ経験のある僕としてはやっぱり、ある程度は的確なことを言っている可能性が高いんだと思います。もちろん、あくまでも可能性の問題です。

日常的におこなわれるGoogleでの検索は、閲覧をする人にとって有益な情報が掲載されているものが上位表示されると耳にしたことがあります。それで、有益な情報を掲載しようとすると、必然的にある程度の記事ボリュームになるということなんです。

ここで2つのブログ記事を見比べてみたいと思います。

とても美味しいと評判の「Hiisuke’s CAFE」に彼女と訪問しました。たくさんのメニューがあって何にしようか迷いましたが、僕たちはランチを食べました。評判通り、とても美味しくて2人とも大満足な1日でした。

愛知県常滑市の海岸沿いにある「Hiisuke’s CAFE」というカフェを訪問してきました。いろいろなメニューがありますが、中でもサンドウィッチやピザの豊富なメニューが特に20代30代の女性から大好評のカフェです。よく地元のテレビ番組でも取材されている有名店です。店内には10テーブル合計40席ありますが、オススメは海を一望できるテラス席。テラス席は6席しかありませんので、できれば事前に予約しておくことをオススメします。大切な彼女にも見せたい景色だったので2ケ月も前から予約して伺いました。僕はシーフードピザのランチセットを、彼女はエッグサンドウィッチのランチセットを頼みました。評判通りの美味しさで2人とも大満足でした。

どちらが有益な情報で、より上位表示されやすいかは一目瞭然です。それを求人原稿にも適用しましょうというスタンスが今回の背景になります。店内やメニューなどの写真を掲載するとさらに効果的なのも、もはや説明不要ですよね。

created by Rinker
スタンダーズ
¥1,760 (2021/12/08 00:58:34時点 Amazon調べ-詳細)

応募獲得コンバージョンの結果

原稿改善と言ってもボリュームを上げることだけですが、2020年9月末に実施しました。翌10月は思ったような結果は得られませんでしたが、翌々11月は応募が2件ありました。

応募獲得
2020年 8月1名
9月1名
10月0名
11月2名
2020年9月末に原稿改善を実施しました

原稿改善をしたからすぐに応募が得られたとは言い切れませんが、それでも応募獲得ができたのは事実です。

【まとめ】原稿改善の1歩目は原稿ボリュームを増やすことから

原稿改善をすることで必ずしも応募が獲得できる訳ではありませんが、獲得の可能性は上がります。

ポイントは3点です。

  1. 原稿のボリュームを増やすこと
  2. ただ単にボリュームを増やすだけではなく、いろいろなワードを使うように心がけること
  3. 写真を使ってビジュアル面での訴えかけを使えば、さらに応募獲得の可能性が高まる

新しいメディアに掲載するのも大切ですが、原稿改善を行うことの方がもっと大切です。まずは今持っているものを最大限に生かす取り組みをしましょう。

採用に行き詰ってくると、新しいメディアを探したり、違ったものに経費を投下したりしがちです。でも、今あるものを改善して有効活用することが一番の近道だったりするものです。①原稿のボリュームを増やす、②キーワードを混ぜ込む、③写真を使ってビジュアルにも気を配る、まずは3点から取り組んで行きましょう。原稿を変えたから結果が出る、応募に繋がるというわけではありませんができることから取り組んでいくことが大切です。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告