【暫定対策】ハッシュタグを混ぜた原稿だと検索ヒット率が上がる?

採用について

求人原稿の表示回数をあげたいと考えています。

できるだけ楽な方法はありますか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・検索表示してもらえないときはどうしたらいいの?
 ・表示回数の上がる、すぐできる簡単な方法はあるの?
 ・ハッシュタグ方式のメリット、デメリットには何があるの?

求人原稿の改善をするときに人気ワードを混ぜた方が効果的という記事を過去に書きました。

今回は、その過去記事の応用編の記事です。

人気キーワードはヒットする確率が高いので、それをうまく使えないかという趣旨です。

本日はとくにindeedなどのアグリゲーションサイトを対象にしています。

原稿を見直すときの大事な点は文章量

過去記事になりますので、お時間のある方はお読みください。

求人サイトの文章を作り込むことで応募獲得につながるのか【検証】

求人サイトにおけるアクセス数を伸ばすには文章を増やすことが効果的

原稿を改善したところ、応募を少しだけ増やすことができました。

ただ、必ずしも改善のおかげで応募が獲得できたとは限りません。

定期的に原稿改善をすべきですが、手間もかかるし、時間の取れない人も多いはず。

時間のない方にはオススメする方法

どうしても時間がない人にオススメするのは、「ハッシュタグ(#)方式」です。

#(ハッシュタグ)について

僕が勝手に「#(ハッシュタグ)方式」と呼んでいるだけです。

SNSの投稿で「#」を付けているものを見かけます。

投稿に関連するキーワードを紐づけて、#のワードで検索したときに見つけやすくするものです。

引用 instagram

この投稿には「# 自転車通勤」と付けています。

同じ#を付けた投稿が閲覧できるという便利な働きをしてくれます。

#にも人気ワード的なものがあります。

「#自転車に乗って通勤」よりも「#自転車通勤」の方が引っかかりやすいです。
ただし、同じ#の投稿が多いので目立たなくなってしまうデメリットはあります。

#を付ける必要性

実は明確な理由はありません。

理由
・求人キーワードをつけることで見栄えを良くしたかった
・プライベートで楽しんでいるSNSからヒントを得た
・ただ単純にキーワードを羅列するだけでは読みにくい

たった、この3点の理由だけです。

#方式をオススメする理由

キーワードを文章内に使うことで大きな効果を生みます。

でも、時間のかかる作業なのです。

それを緩和するために、暫定的に#方式で原稿内に盛り込んでしまおうという考えです。

あくまでも確率を上げるための有効な手段です。しかも、まとめて#を付けられます。

検索したときに、一部でも引っかかればいいので、文脈や原稿内容と#の中身は気にしません。

実際の#方式

SNSと同じで、とくに変わったことはしていません。

ポイント
・人気ワードを#の中に混ぜておくとより効果的
・文脈は気にしなくていい
・記事と直接関係のないワードも入れておく

検証作業

結論から言えば、引っかかりました。

引用 求人ボックス

「寮費無料」で検索をしたら、「#寮費無料」が引っかかり、案件を表示してもらえました。

ただ、今回の検索は社名を「社名」を軸に入れているのでヒットしたと言えます。

社名がなければヒット率はものすごく下がります。

#方式のデメリット

メリットばかりではなく、大きなデメリットもあります。

デメリット
①求人サイトの掲載基準によっては#を付けることで表示されない場合もある
②関係ないワードを紐づけることで、ミスマッチに繋がる恐れがある
③#を付けただけでは検索表示される確率は低い
④不透明な検索アルゴリズム

サイト掲載基準しだいで非表示になってしまう

求人ボックスには掲載されているけど、indeedには掲載されていないということもあります。

どのような掲載方法であっても同じです。

#自体よりは#の内容の問題です。

とくにindeedは基準が厳しいので、性別や年齢に関する#は避けるべきです。

関係ないワードによるミスマッチが起こる

その案件に関係のないワードまで#付けしているので、案件によっては問い合わせが増えます。

求職者は、自分が求めているものをピンポイントで入力して検索するものです

自社で対応できないような#は、母集団形成のためであっても、入れるべきではありません。

#だけで検索ヒットする確率は決して高くない

会社名を入れずにおこなう検索では、ヒットする確率は低いです。

各サイトの検索アルゴリズムは非公開です。

検索で引っかかったり、引っかからなかったり、不明な点も多いです

検索アルゴリズムの変更により成果が変わる可能性がある

indeedの検索アルゴリズムはGoogle社のものを目標に開発が進められています。

Googleの検索エンジンは「ユーザー目線」で進化していますし、定期的な仕様変更があります。

結果、案件に関係のないワードを#で入れることで、非掲載や順位を落とす可能性があると言われています。

また、検索アルゴリズムではワードの前後の文脈もある程度読み込まれるとの話もあります。

よってキーワードの羅列だけではマイナス評価を受ける可能性も指摘されています。

むやみに#付けをせずに、キーワードはある程度選ぶ必要があります。

とくにindeedは掲載基準が厳しいので注意する必要があります

【まとめ】#方式は応急対策として使用すべき

本日はアグリゲーションサイトに対する検索表示の暫定対策について書かせて頂きました。

条件が重なり合えば、#を付けたことでヒットすることもありますが、多くのリスクもあります。

現在、成果が出ているからといって、それがずっと続くとも限りません。

#の内容もきちんと確認して、あくまで暫定的な対策として行う程度に留めましょう。

作業にあたる時間があまりないときにはオススメの「#(ハッシュタグ)方式」です。

本記事のまとめ
 ・本記事はアグリゲーションサイトを対象とした検索における対策についての内容
 ・#方式はSNSにヒントを得たSEO対策の一環として考えてよい
 ・メリットも多いが、同様にデメリットになることもたくさんあるので使いすぎは禁物
 ・時間がある場合は#ではなく、文章の中にきちんとそのワードを入れるべき
 ・#だけでいきなり応募が獲得できるわけではない
 ・#方式はあくまでも暫定的な対策として使うべき

本日は以上です。

スポンサー広告