人気キーワードを混ぜた求人原稿で閲覧数の高いサイトをつくるべき

採用について

求人サイトの原稿を作るときに気を付けることはありますか?

アドバイスさせていただきます。

自分たちで求人原稿を作らないといけないケースが出てきました。

  • indeedなどの求人検索サイトへの直接投稿
  • 自社求人サイト(オウンドメディア)での募集
この記事の内容
 ・人気キーワードって大切なの?
 ・なぜ人気キーワードを入れるべきなの?
 ・どうやって人気キーワードを探せばいいの?

キーワードにこだわる理由

トレンドをつかんだ原稿なら、検索ヒットする確率が高くなるからです。

人によって重視する項目は違いますが、人気の検索キーワードはあります。

・人気ワードは検索ボリュームは多い
・人気のないワードは検索ボリュームは少ない

だから、人気キーワードを入れた原稿の方がいいのです。(ブログのSEOでも同じことです)

たくさんのワードを原稿に入れて、より多くの人に見てもらいやすくなることは別記事に書きました。

求人サイトの文章を増やすことで応募者の獲得につなげることができる

人気キーワードの調べ方

求人メディアを見ていると、何が人気キーワードかは分かります。

キーワードを調べる方法は難しくないです。各サイトでも見ることができます。

バイトル

特徴
・アルバイト向け求人サイト
・正社員向けのサイトではない
・若年層の利用者率が高い

配信コンテンツのなかに、「バイトルマガジン BOMS(リンクはこちら)」というコーナーがあります。

引用 BOMS

フリーワードランキング」を見ると参考になります。

1月はバレンタイン、夏はプール、冬はクリスマスなどイベントに沿ったアルバイトが多く検索されています。

2020年1月、2019年1月のトレンドです。

引用 BOMS
引用 BOMS

これだけでもトレンドが分かります。

求人ボックス

特徴
・アグリゲーションサイトの1つ(求人検索サイト)
・アルバイトから正社員まで幅広い案件を掲載
・女性の利用率が比較的高い

トップページを下にスクロールしていくと見れます。

引用 求人ボックス

「職種」、「アルバイト・パート」、「勤務先」と3つのカテゴリーに分かれています。

詳細を見たい場合は「ランキングをもっと見る」をクリックします。

社員系の人気キーワードは、「人気の職種・キーワード」を参考にします。

引用 求人ボックス

アルバイト系の人気キーワードは、「人気のアルバイト・パート」を参考にします。

引用 求人ボックス

【まとめ】対象によって内容は大きく変わるので注意

社員志向の強い人の検索内容と、アルバイト志向の強い人の検索内容は違います。

社員系は「正社員」が、アルバイト系は「短期」・「単発」は安定のキーワードです。

応急措置なら「ハッシュタグ方式」を使ってもいいですが、あくまでも一時的な措置です。

自社の案件内容と訴求対象によって適切なキーワードを選ぶようにするべきです。

またSEOのポイントとしては、キーワードを入れても文章の自然な流れにしなければいけません。

【応急処置】#タグを混ぜた原稿を作ると検索ヒットの期待ができる

まとめ
 ・人気キーワードには毎年恒例のトレンドがある
 ・キーワードを混ぜた原稿はメリットが大きい
 ・対象ごとにキーワードが違う
 ・キーワードは自然な流れで挿入すること

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告