高卒採用活動が本格化してくる7月後半になってきたので準備をしよう

コラム

ここ1~2年はコロナ禍で採用活動自体に大きな変化がありました。説明会や面接がウェブで行われるようになったり、なかには職場訪問を1回もしないまま採用内定が出されたり、画期的な面もいくつかありましたが、反面ではデメリットみたいなものが強く感じられることもありました。現在は主担当から外れていますが、僕は過去に新卒採用の担当をしていたこともありました。本日は高卒の採用活動が活況化してきたので、少し記事に書かせていただきました。参考程度にお読みいただければと思います。

新卒採用と中途採用は別次元で考えるべき課題

会社運営や人材育成の面で、いつも言われることがあります。

それは、新卒採用と中途採用を同じステージで考えてはいけないということです。理想論かもしれませんが、言われて当然のことだと思っています。新卒は即戦力ではないので、長期的な人材育成が必要になります。仕事以外の面でも教育指導が必要になることもあります。

どちらが良い、悪いということはありませんので、会社の状況を考えて採用活動に当たらなければいけません。

労働局の新卒採用に関する説明会に参加するとかならず言われるのは、たとえスタッフが5名不足している状態で求人を考えた場合に、「新卒・中途どちらでもいいから5名採用したい」というのは間違いだと言われます。

本来であれば「新卒1名・中途4名」というように分けて考えて当然だと言われます。

高卒採用の例年のフローはこんな感じです

都道府県ごとで少し取り扱いが異なりますので、こんな感じかなというくらいで考えてもらえればと思います。

  1. 高卒求人票の作成・提出(7月)
  2. 求人票の一般公開
  3. 高校生(3年生)の職場見学(7月下旬ごろ)
  4. 応募(9月初旬ごろ)
  5. 採用試験の実施・採否(9月中旬以降)

繰り返しになりますが、都道府県によって日にちが少し異なったり、曜日の関係もあるので例年まったく同じ日に行われるということはありません。

高卒採用が他と違って特殊なところ

いろいろな決まりごとには理由があるかと思いますが、高卒採用の特殊なところがいくつかあります。

  • 求人票は必ずハローワークを通して公開しなければならない
  • 応募書類(履歴書)が全国高等学校統一用紙でなければならない
  • 履歴書と調査書をセットにして会社に提出される
  • 1人1社ルールがある

求人票は必ずハローワーク経由で提出

大卒採用とは違って、求人情報の公開は必ずハローワークを経由して「求人票」という形で出さなければなりません。一般的な求人誌や求人サイトで応募を募ることは許されないのです。

求人票自体は非常に細かく、書き上げるのはけっこう大変です。まだまだ社会を知らない若い人材を採用するための求人票なので、当然ということもできます。

求人票の実際のフォーマットはこちらです。

新卒求人票は本当に書き上げるのが大変なのです。indeedのドラディスなんかの比ではありません。

全国高等学校統一用紙のみ使用が認められる

よく履歴書の様式でJIS規格というものがありますが、そんな感じだと思えばいいです。

全国高等学校統一用紙という書式になりますが、会社に提出するのは2つです。「履歴書」と「調査書」です。調査書は学校での成績、身体測定のかんたんなもの、先生からの言葉が書かれている用紙です。これらの2枚の応募用紙に加えて、添え状として学校長の推薦状が添付されているのが実務の基本です。

調査書という名前の書類は、高卒採用の時だけしか使われない書類なので、大人になるとその存在をすっかり忘れてしまいます。

高校生ということで職歴がないので、判断材料を1つ増やしてもらえるというのはありがたいことです。たしかに成績は大事ですが、コミュニケーションなど面接の内容の方をより重視する会社の方が多いのではないでしょうか。

1人1社ルールの縛りがある

決められた日までは、1人1社しか申し込みができないのです。遠回しに書いていますが、併願ができないということです。おそらく公正な選考、バランス確保のためだろうと思われます。

県によって少し取り扱いが変わりますので詳細は各都道府県の労働局にてご確認ください。

そもそも高卒求人は、学校からの「推薦」という形式をとっていることも影響しているようです。

7月後半から職場見学の依頼が増えてくる

ここ1~2年はコロナ禍で、すこし変化が出てくるのかもしれませんが、本来であれば高校生が夏休みに入るくらいから職場見学がスタートします。

学校サイドの大きなフローとしては

  1. 就職に関する希望調査
  2. 学校内検討
  3. 二者面談(先生-生徒)、三者面談(先生-親-生徒)
  4. 応募先企業の決定

少し前後したり、もう一度もどったりすることはありますが、こんな感じで応募先企業が決定します。ある程度、絞られてくると、生徒を職場見学に出向かせます。実際に職場を見てもらう、企業の方にも少し生徒を見てもらう機会ということでコロナ禍でも実施するところが多いです。

職場見学は非常に重要なものだと会社側も認識しています。生徒の方もミスマッチを防ぐうえで非常に重要なものになります。最近は、大学生の採用ステージでオンライン化が進み過ぎて、職場を1回も見ることなく採用内定をもらって入社したものの、いざ働き始めてみたら思っていた職場環境とは違ってミスマッチが起きて退社ということも問題となっていると聞きますので、学生と会社の双方にとってメリットになるはずです。

【まとめ】高卒求人に対する万全の準備を

新卒採用でも中途採用でも、なにもせずに応募者が集まってくる、いい人材が確保できるなんてことはありません。

今回は高卒採用に関して記事を書かせていただきましたが、高卒採用というステージは国からの縛りも多く大変な一面もあります。でも、やっぱり会社にとっていい人材を確保していこうと思うとやっぱり準備も必要なんですよね。

  • 高卒求人票の作成、ハローワークへの提出
  • 学校へのアピール、推薦依頼
  • 職場見学ではいかに魅力的に映るか、応募したいと思われる会社か

書類の面だけではなく、環境面での整備も必要になってくるので大変ですが、しっかり準備をして高卒採用、受け入れに繋げたいものです。

本日のまとめ

本日は高卒求人について記事を書かせていただきました。高卒求人のステージでは学校やハローワークとの関わりが大きくなってきます。国からの縛りも大きいです。ハローワークを経由した募集のみ、応募書類は全国高等学校統一用紙のみ、学校からの応募が原則といろいろ大変な面もありますが、決められたルールですので、遵守しましょう。また、書類の準備、環境の整備などいろいろ準備をしたうえで採用活動に臨みましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告