転職をしようとする前にやっておくべきことって何があるのか【初歩】

転職希望の方向け

この記事を書いているのは2月中旬です。転職活動は、一般的には賞与支給後の8月ごろ、12月ごろ、そして新年度が始まる4月ごろも盛んになると言われています。コロナ禍の中で、例年とは状況が違うかもしれませんが、転職を意識されている方もいらっしゃるでしょう。そんな方々の参考になればと思って記事を書かせて頂きました。

コロナ禍ということもあり今年は状況がさらに厳しい

よく言われることですが、2020~2021年はコロナ禍の中で会社を取り巻く環境は非常に厳しいです。

経営的に厳しければ、基本的には会社は採用を控えるものです。

職種や業界によっては、中途採用の募集を中止している会社も少なくありません。求人募集全体のボリュームは減っているという前提を理解した上で転職活動に取り組んで行きましょう。

特に総務系の間接部門と呼ばれる部署、管理職層の求人は大きく減っています。

直接利益を生まないと考えられているところは転職市場は厳しいです。

するべきこと①…なぜ転職をしたいのかもう一度考える

本日の記事は、転職を意識し始めている人を対象としています。

タイトルには【初歩】と付けたのはそういった理由からです。

転職活動の中で、面接は必ず避けて通ることのできないハードルです。

面接で必ず聞かれることは「転職をしようと思った理由はなぜですか?」です。

僕も転職活動を経験したことがありますが、転職理由を聞かれなかった面接はありませんでした。

その理由が合理的かどうか、明確な理由や意志があるかどうかを見られます。

その質問に答えるためにも、もう一度自分自身を見つめなおす必要があります。

  • 職場環境が悪い
  • 待遇面が悪い
  • 自分がやりたい仕事とは大きく異なる
  • 将来に期待が持てない
  • 家庭の都合
  • 早期退職、退職勧奨
  • 人間関係が悪い

転職の理由はもちろん、ひとそれぞれです。

退職を希望する理由をもう一度、考えてみてください。

そして、それが今の自分で、現職の会社では解決できないのかどうかを考えなければなりません。

理由があやふやな場合や、きちんと口頭で説明できないのであれば転職を急ぐ必要はありません。

するべきこと②…きちんと計画を立てる

在職中の方にとっては、現職から得ている給与は非常に大きな命綱だと言えます。

無鉄砲に退職をしてしまって、次の会社がなかなか決まらず生活費がなくなってしまったり、そんな状況から焦って、「とりあえず」みたいな転職をすることがないようにきちんと計画を立てる必要があります。

  • いつまでに転職をするつもりなのか
  • 会社に籍を置きながらの転職活動なのか、退職をしての転職活動なのか
  • 希望業界・職種は決まっているのか、目星はついているのか
  • どんな方法で転職活動を進めるのか
  • 円満に退職ができるのか

また、在職中の方が一番ネックになるのが採用選考を受ける日程です。

休みが取りづらい、面接を受ける会社が今の会社とは稼働日や稼働時間が異なる場合は、無理矢理休日をとるか、早退をするかを迫られる時がきます。

最近は、オンラインでの面接も確かに増えていますが、最終面接までオンラインで面接が受けれるというのはレアなケースです。最低でも、1度は足を運ばなければなりません。

するべきこと③…現在の自分が置かれている状況を再考する

数年も会社に在籍していれば、少なからず会社にとって必要な役割を果たしているはずです。

環境にも慣れてきているはずです。

もちろん、会社や職場環境のいいところも見えているはずです。

いいところが多少なりともあるのであれば、じっくり考えた方がいいでしょう。

するべきこと④…割り切って考えるべき点も少なからずあるという理解

自分にとって100%完璧な会社なんてあり得ません。

結局、どこかのラインで割り切って考える必要があるということです。

「隣の芝生は青く見える」ではありませんが、よその会社って良く見えるんです。

でも、それは内情を知らないからというケースが大半です。

中に入って初めて知ることができるものです。

転職をしたけど、色々な面で現状より悪くなったというケースもあり得ます。

全部、というのはないかもしれません。

こっちの部分は良くなったけど、あっちの部分は悪くなったということは往々にしてあるという心構えも大切になります。

4ステップクリア出来たら、行動を起こそう

いろいろ考えて心が決まったら、あとは行動を起こすのみです。

転職活動でネックになるのは大きく3点です。

  1. 応募書類の内容
  2. 面接試験(特に最終面接)対策
  3. 筆記試験(SPI・適性検査)対策

面接試験はある程度数をこなさないと、なかなか慣れることができません。

日頃、面接を担当している人事担当者であったとしても、自分が面接を受ける立場となると話は別です。

また、限りなく正解に近い回答というものがあったとしても、人事担当者や会社のカラーによって正解・不正解が変わります。

面接試験の内容だったり、応募書類の中身が評価されるものかどうかは、自分自身ではなかなか判断が付きにくいです。客観的に見てもらう必要があるということです。

そのため、転職活動の一環として転職エージェントに登録しておくことをオススメします。できれば複数に同時登録しておいた方がより効果的です。

特に模擬面接、応募書類のブラッシュアップに関しては大きな力になってくれます。

転職エージェントについては過去記事に書かせて頂きましたので、お時間のある方はお読み下さい。

【まとめ】転職をするかどうかは自分自身で決めること

転職理由は人それぞれ、現在おかれている境遇も人それぞれ、全く同じ人なんていません。

同じ会社であったとしても、同じ境遇の人なんていません。

熟考して、それでも転職をしたいのであれば、あとは採用内定に向かって頑張るのみです。

動くからには後悔することなく、前向きにチャレンジしていきたいものです。

本日のまとめ

本日は転職を意識している人に対する記事を書かせて頂きました。転職活動は暗闇の中に飛びこんでいくようなものだと思っています。少しでも成功するために、きちんと意志を持って、色々な情報収集を行い、足元を照らしてくれる光のようなものを持っておかなければなりません。ある時は自信を持って、ある時は慎重に。でも、飛び込まなければ道は開けません。ぜひ、頑張りましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com