派遣会社に勤める立場から選んだ高評価の転職エージェント【11選】

転職希望の方向け

オススメの転職エージェントはありますか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・転職エージェントはどうやって選ぶの?
 ・オススメの転職エージェントはある?
 ・転職エージェントの利用法は?

転職を希望する場合に心強い味方になってくれる存在の転職エージェント。

たくさんの会社が同じようなキャッチフレーズで、求職者の抱え込みや転職支援を行っています。

転職活動を行う人の目線からすれば、どこの会社にしたらいいのか迷います。

人材派遣会社に勤める立場から評価の高い11社を紹介します。

転職エージェントの選び方

数多くの転職エージェントがあります。

オールラウンダー的なものもあれば、特定の分野に特化しているものもあります。

どういう視点で選ぶのかは、迷ってしまいます。

スタンダードな選び方
・求人案件の保有数(自分が希望する職種の案件数)
・アドバイザーとの相性、フォロー体制

案件の保有数は目で見てわかるものですが、相性は本人の感覚的な問題でもあります。

登録した人の直観や判断に任せることになります。

必ず登録しておくべき超スタンダードな3社

この3社のうちのどれかは必ず押さえておくべきです。

リクルートエージェント

一番メジャーな存在で、はじめに登録する人が多いリクルートエージェント
引用 リクルートエージェント

HR領域では間違いないく日本一と言えるリクルートが運営しています。

案件数、抜群のフォロー体制から高い顧客満足度を誇るエージェントの1つです。

ポイント
・キャリアアドバイザーが、求職者自身のまだ気づかれていない強味を発見
・多角的な分析を行い、非公開求人も含めた多数の求人の中から最適な求人を紹介
・職務経歴書や面接のアドバイスをしてくれる
・キャリアアドバイザーから企業に求職者の強みをアピールしてくれる

マイナビエージェント

新卒分野では常にリクルートと1、2を争うマイナビのエージェント部門がマイナビエージェント
引用 マイナビエージェント
ポイント
・関東エリアの求人が特に強み、優良企業の求人を豊富に揃えている
・20~30代の転職サポートに強み
・応募書類の準備から面接対策まで、親身な転職サポートの実施

マイナビはリクルート同様に規模が大きく、様々な分野に強みがあります。

薬剤師に特化したマイナビ薬剤師、 保育士に特化したマイナビ保育士なども運営しています。 マイナビ(新卒)から登録する人も多く、若年層の転職支援にも強みがあります(マイナビジョブ20’s)です。

dodaエージェント

パーソルキャリアが運営するdodaエージェント
引用 doda

企業規模はリクルートやマイナビ同様に大きく、安心して利用することができます。

ポイント
・保有している案件は非公開求人を含めて約10万件の求人案件
・志望業界に詳しい専属スタッフが伴走してくれる
・定期的にもらうメールでの案件紹介などのフォローが手厚い

登録しておいても全然損しない5社

ここからの5社は転職活動をしていく中で、登録しておいても全然損はありません。

JACリクルートメント

引用 JACリクルートメント
管理職向けの転職エージェントとして強みがあるJACリクルートメントです。

JACリクルートメントは会社規模は大きいです。

リクルートエージェント、dodaエージェントに次ぐ第3位の業界実績です。

30代~50代前半の年収600万以上の登録者が多く、業界スペシャリストやエンジニアなどにもお薦めできます。

エンエージェント

引用 エンエージェント

大手求人メディア会社のエンジャパンが運営しています。

「転職は慎重に」というキャッチフレーズからも分かるように、求職者目線に立った会社です。

ランスタッド

引用 ランスタッド
世界最大規模の人材派遣会社ランスタッドのエージェント部門です。

ハイクラス転職を目指す20~30代に強みがあり、国内でも屈指の成功実績を誇ります。

パソナキャリア

引用 パソナキャリア
パソナキャリアは人材サービスの会社としては国内でも大手に入る会社です。

公開求人件数としては30,000件近くになります。

様々な会社と繋がりがあるため、思いがけないポストに巡り合うこともあります。

得意な業界としては、IT・通信系、メーカー、医療福祉、営業などです。

アイデムスマートエージェント

引用 アイデムスマートエージェント

新卒からハイキャリア、専門職の人材までカバーした対応力を持っています。


20代から30歳半ばくらいまでの人に特にオススメです。


求職者の資質や志望に対し、厳選して案件を紹介するスタイルです。

業界特化タイプの転職エージェント

それぞれの業界に特化した転職エージェントです。

レバテックキャリア ◀ WEB・IT

引用 レバテックキャリア
WEB・IT業界に特化した転職エージェントのレバテックキャリア

業界的に、関東関西の大都市圏での転職情報がメインです。

IT・Web業界に特化した4,000件を超える求人登録数を誇ります。非公開求人数も多数あります。

専門用語はもちろん、最新技術の話が通じるキャリアアドバイザーが対応してくれます。

フーズラボ ◀ 飲食

引用 FoodsLabo
飲食業に特化した転職エージェントのFoods Labo

飲食店スタッフが選ぶ転職エージェントとして第1位の評価を受けています。

飲食業界転職エージェント支持率1位、満足度1位、年間約3,000名以上の実績を持っています。

エンワールド ◀ 外資

引用 エンワールド

エンワールドは名前の通り、エンジャパンのグループ会社です。

もともとは関係のない法人でしたが、2010年にグループの仲間入りをしました。

ターゲットユーザーは20代後半〜50歳くらいまでの方。

外資系企業向けなので、TOEIC700点クラスは必須です。

外資系企業での勤務実績3年以上、バイリンガルは特に好ましいです。

created by Rinker
日本実業出版社
¥1,430 (2022/09/27 11:44:38時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
日本法令
¥499 (2022/09/27 16:04:18時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】まずは登録だけして最終的に利用するのは3社で十分

転職エージェントを選ぶポイントは人それぞれです。

エージェントの知名度や保有案件数は大切ですが、それ以上に大切なのはキャリアアドバイザーの存在です。

面接攻略のカギを教えてもらったり、応募書類の添削をしてもらいます。

キャリアアドバイザーによって見解が分かれることもよくあります。

転職エージェントへの登録自体は無料です。

登録だけしておいて、あとは求人案件やキャリアアドバイザーとの相性を見て行けばよいです。

先ほどの主要3社(リクルート、マイナビ、doda)のうち1社には登録しておくべきです。

最終的に利用するのは自分が信頼できる2、3社で十分です。

まとめ
 ・転職エージェントはオールラウンダー型と、特化方とがある
 ・エージェントは仕事の紹介をしてもらうというよりは、応募書類や面接対策のための登録
 ・リクルート、マイナビ、dodaは主要3社のエージェント、最低でも1社は登録すべき
 ・知名度や案件数よりもキャリアアドバイザーとの相性の方が大切

本日は以上です。

スポンサー広告