法学検定とビジネス実務法務検定はどちらが仕事に役立てることができるか

コラム

法律系の資格はたくさんあります。国内の最高峰が司法試験であることはもう知られているところかと思います。さすがにそこまではいけませんが、仕事に関わる法律の資格だとか、役立てることのできる資格ってなにがあるでしょうか。今回、同じような位置付けの2つの法的な資格についてリサーチしてみました。

採用の仕事だけを考えたら法律の知識はあまり必要はない

採用の仕事だけを考えたら、くわしい法律の知識ってあまり必要ありません。もちろん募集するときの注意ポイントだったり、面接のときの注意ポイントはありますが、法学部で勉強するような、刑法だとか、民事訴訟法(民訴)・刑事訴訟法(刑訴)の知識なんて全く必要ありません。

だから、「大学で勉強したことを仕事に活かす」なんてことを口にすると恥ずかしいものがあります。僕は法律系の学部を卒業したので学位は学士(法律学)ですが、採用というステージでは大学で勉強したことの数パーセントくらいしか使えていません。

ただ、採用のステージでは直接関係ないけれど、ビジネスマンとしてとか、社員の管理だとか、会社が営利活動を行ううえで法律に関わってくることっていくらでもあります。

採用だけでなくて、全体を考えた場合は法律の知識ってあると優位なことはいくらでもあります。

今回は2つの資格に着目してみました

司法試験だとか、司法書士・行政書士はプロフェッショナルな仕事で、現業とはすこしかけ離れていることもあり、今回は除いて考えます。民間の資格で、似たようなレベルの資格を比較してみます。

  1. 法学検定
  2. ビジネス実務法務検定

この2つになります。

法学検定

法学検定の主催者は、公益財団法人日弁連法務研究財団です。

試験自体は3つのクラスに分かれています。

  • ベーシック(基礎)コース
  • スタンダード(中級)コース
  • アドバンスト(上級)コース

それぞれのレベルについては、

ベーシック〈基礎〉コース(法学の初学者が知っておくべき基礎的なレベル)は、「法学入門」「憲法」「民法」「刑法」といった基本法についての基礎的知識・能力を測る試験ですので、日常の学習のまとめや目安として活用できます。

スタンダード〈中級〉コース(法学を専門的に学習する者が修得すべきレベル)は、「法学一般」「憲法」「民法」「刑法」の必須科目に加えて,将来の進路や学習の度合い等に応じて5科目(民事訴訟法、刑事訴訟法、商法、行政法、および憲法・民法・刑法をその内容とする基本法総合)から1科目を選択でき、基本的な条文の解釈や重要判例の理解度を測れます。各種資格試験や採用試験の腕試しとして、さらには法律学の知識・能力の到達度測定手段として利用できます。

アドバンスト〈上級〉コース(法学を学ぶ者が目指すべき上級レベル)は、スタンダード〈中級〉コースと同様の選択科目(基本法総合を除く)のほか、やや発展的な科目(労働法、倒産法、経済法、知的財産法)を加えた中からもう1科目の選択を要求しています。将来法曹を目指すためのステップとして、また企業や官公署等において法律実務を担当しうるだけの一定水準以上の体系的な法学の実力を証明する試験として利用され、高度なレベルとなっています。

引用 日弁連法務研究財団

出題科目とレベルから判断すると、一般的な法学部で考えると大学2年でベーシックコース、大学3~4年でスタンダードコースレベルの習熟ができています。法律の専門的な資格だとか職種を意識している場合はアドバンストコースを取ることが必須になってきます。

法学検定は1年に1回しか試験がありませんので、それなりにプレッシャーもかかります。出題範囲のなかに、刑法・民訴・刑訴まで含まれることから、どちらかというと大学院や国家公務員試験、法律職を意識している人が受験するような内容だといえます。

僕は2013年11月にベーシックを40/60点(合格ライン32点)、2014年11月にスタンダードを44/75点(合格ライン42点)で合格しました。平均的には、ベーシック合格率65%、スタンダード合格率55%、アドバンスト合格率25%くらいで落ち着いているようです。

created by Rinker
商事法務
¥2,420 (2021/09/21 07:16:27時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
商事法務
¥4,290 (2021/09/21 07:16:28時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
商事法務
¥5,344 (2021/09/20 08:44:28時点 Amazon調べ-詳細)

ビジネス実務法務検定

ビジネス実務法務検定の主催者は、東京商工会議所です。先ほどの法学検定と同じで民間の資格試験になります。

試験自体は3つのクラスに分かれています。

  • 1級
  • 2級
  • 3級

それぞれのレベルについては、

【1級】業務上必要な法務知識をビジネス全般にわたって持っており、その知識に基づいて多面的な観点から高度な判断・対応ができる。(実務的対応能力としてのアッパーレベルを想定)

【2級】企業活動の実務経験があり、弁護士などの外部専門家に対する相談といった一定の対応ができるなど、質的・量的に法律実務知識を有している。(知識レベルのアッパーレベルを想定)

【3級】ビジネスパーソンとしての業務上理解しておくべき基礎的法律知識を有し、問題点の発見ができる。(ビジネスパーソンとして最低限知っているべき法律実務基礎知識を想定)

引用 東京商工会議所

ビジネス実務法務検定は、ビジネスの世界での素養や実務で生かすことを想定としているようです。入社から若手社員と呼ばれる人たちは3級を、中堅社員から管理職くらいの人たちは2級を、上級管理職だとか法務部門に携わる人たちは1級をターゲットにすると良いです。

年度により多少違いますが、6月と11月の年2回開催されますので、少し楽な姿勢で臨むことができます。

3級は民法・商法・会社法の基礎的な問題、2級は商法・会社法の応用的な問題、1級は実務で関わってくる法律的な細かい問題が出されます。

僕は2013年12月に3級を98/100点(合格ライン70点)、2014年6月に2級を75/100点(合格ライン70点)で合格しました。平均的には、3級合格率75%、2級合格率45%、1級合格率15%くらいで落ち着いているようです。

created by Rinker
¥2,640 (2021/09/21 07:16:30時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
¥3,520 (2021/09/20 08:44:29時点 Amazon調べ-詳細)
created by Rinker
中央経済社
¥3,520 (2021/09/21 07:16:31時点 Amazon調べ-詳細)

【まとめ】どちらかといえば、ビジネスの世界で使うならビジネス実務法務検定

会社というステージで使いたいのであれば、やはりビジネス実務法務検定試験の方が優位です。採用の仕事だけであれば、そんなに必要なかったりします。

試験の出題範囲が、ビジネス実務法務検定の方がより会社での業務には即しているというだけです。より高度な知識を得ようと思えば、法学検定もすばらしい試験です。

試験自体は自己のレベルアップには十分活用できるものですが、実務ではもっと複雑な問題と向き合わなければなりません。選択肢を選ぶ試験をクリアしただけでは解決できないケースもあります。出題範囲には見られないトラブルなんていくらでもあります。

もっている知識を多角的に使う、論理的に考える、そして試験勉強は1つのツールとして使って、自己のレベルアップに繋げたいものです。

本日のまとめ

本日は法学検定とビジネス実務法務検定という2つの法律系の資格試験について記事を書かせていただきました。ビジネスシーンというステージだけで見れば、「ビジネス実務法務検定」の方がより活用できると言えますが、実務はもっと複雑です。試験で勉強したことに実務をプラスしていき、自己のレベルアップに繋げたいものです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告