転職エージェントに掛け持ち登録するメリット【オススメの3社】

転職希望の方向け

転職エージェントに掛け持ち登録するのは失礼ですか?
先方には伝えるべきですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・転職エージェントは何をする人なの?
 ・おすすめの転職エージェントはどこ?
 ・転職エージェントはどうやって活用したらいい?

転職エージェントは、略して「エージェント」とも呼ばれることもあります。

転職希望の人と募集する会社との橋渡し役を専門に行っている人が転職エージェントです。

転職エージェントの会社を指す場合と、エージェントの担当者を個で指す場合とがあります。

一般的には、

  • 会社を指す場合は「エージェント」
  • 個を指す場合は「(キャリア)アドバイザー」

と呼ぶのが一般的です。

転職希望の人から見た転職エージェント
・転職を志望する企業に対して、打診や希望者のアピールをしてくれる
・転職者の意向に沿った募集案件を紹介してくれる
・応募書類の書き方や添削をしてくれる
・面接のアドバイスなどをしてくれる
・模擬面接が受けられる
・転職活動に活かせる採用全体の動向などのアドバイスをしてくれる
会社から見た転職エージェント
・応募者を1次的にふるいにかけてくれるので、応募者全員の選考を行う必要がない(会社によっては否定)
・応募者に対しての選考結果を代わりに連絡してくれる
・応募者を定期的に紹介してくれる

【必須】登録しておくべき転職エージェント3社

信頼できる有名なエージェント3社は必ず抑えておくべきです。

わざわざ外して登録する意味はありません。

リクルートエージェント

リクルートは日本で一番大きなHRの事業会社です。

そのリクルートのエージェントサービスがリクルートエージェントです。

「No.1」とサイトに書いてあるのを見かけます。

評価項目や、調査会社が異なるので、目安の1つにするくらいで十分です。

▶ リクルートエージェントへの登録はこちら

僕は、リクルートエージェントを通じた応募エントリーが一番多かったです。

アドバイザーや求人の内容に対する個人的な満足度は他の会社よりも全体的に高評価です。

マイナビエージェント

マイナビはリクルートと同様に大手の会社です。

運営している求人サイトの本数は、実はリクルートよりも多いほどです。

そのマイナビが運営しているエージェントがマイナビエージェントです。

▶ マイナビエージェントへの登録はこちら

dodaエージェントサービス

dodaはパーソルキャリアが運営する求人メディアです。

そのなかで、転職エージェントサービスを展開しています。

求人サイトのなかに、エージェント機能を併せ持つという少し異色の存在です。

▶ dodaエージェントサービスへの登録はこちら

スタンダードな3社のうち1社には必ず登録しておくべきです。

あえて外して登録する意味合いはまったくありません。

転職エージェントは掛け持ち登録がベスト

転職エージェントに1社しか登録しないというのは大きな機会損失です。

そのため、いくつかの転職エージェントに掛け持ち登録するべきです。

大切なのは「登録」であって、「応募」を複数のエージェントからしなさいということではありません。

どのエージェントでも待遇は「基本的に」同じなので、エージェントを変えても待遇は変わりません。

エージェントに掛け持ち登録すべき理由は2点です。

理由1
担当してくれるアドバイザーとの相性や信頼性の問題

コミュニケーションが取りにくいエージェント、アドバイスに不信感を感じてしまうエージェントは一定数います。

自分が信頼できないと感じたエージェントは選択すべきではないということです。

理由2
いろいろな目線から応募書類のブラッシュアップができる

アドバイザーによって一番大きく異なるのは応募書類(とくに職務経歴書)の書き方のアドバイスです。

精通している業種や業界が違うことも原因としてはあるはずです。

同じ転職エージェントで複数のアドバイザーが担当することはありませんので、結果的に複数のエージェントに登録するしかないのです。

僕自身が掛け持ち登録して、強く感じたメリットをそのまま書きました。

ただし、たくさんの転職エージェントに登録したところで、転職成功率が上がることはありません。

転職成功率が上がらない理由
・そのエージェントにしかない案件はほとんど存在しない
・エージェント内選考の通過条件はどこのエージェントでもほぼ均一

結果として、どこのエージェントから申し込んでも、結論は同じになってしまうのです。

登録してからの方が大変ですし、そこからが本番なのです。

【まとめ】エージェントへの掛け持ち登録からスタート

転職エージェントは成功報酬型の会社です。

入社した段階で、募集した会社からエージェントに対してお金が支払われる仕組みです。

成功報酬の相場は、想定年収の約1/3です。
年収が300万円の案件であれば報酬100万円、600万円であれば報酬200万円となります。

かなり高額の報酬なので、通常の採用選考以上に慎重になったり、選考の基準も上がる傾向にあります。

もっと大きな問題は、募集ポジションに対して採用を急いでいない会社の割合も高く、内定を勝ち取ることが非常に難しいケースがあることです。

掛け持ち登録をして、まずは自分自身のブラッシュアップと情報収集に努めましょう。

本記事のまとめ
 ・リクルート、マイナビ、dodaは登録が欠かせない転職エージェント3社
 ・転職エージェントは掛け持ち登録しても問題ない(むしろ掛け持ち登録すべき)
 ・掛け持ち登録すべき理由、①担当者との相性・②応募書類のブラッシュアップにある
 ・会社側もいろんな転職エージェントに採用を依頼している(掛け持ち利用)
 ・エージェントに登録して終わりではなく、登録してからがスタート

本日は以上です。

スポンサー広告