転職エージェント選びで迷ったらまずは王道の会社を選択すればOK

転職希望の方向け

転職エージェントと言っても、いろんな会社があります。そんな時にどの会社で登録をしたらいいのだろうかと迷う人も多いのではないでしょうか。転職活動をした経験もありますし、求人メディア会社と繋がりのある仕事をしている僕自身の経験も含めて、アドバイスできる点があればと思ってこの記事を書かせてもらいました。参考程度にお読みいただければと思います。

転職エージェント3選のうち1社は抑えておくべき

転職活動を行う上で、エージェントの力ってものすごく頼りになります。とはいっても、それが本来の存在意義なので当たり前だと言われればそれまでです。

正確に言えば、キャリアアドバイザーさんの力というよりは、どれだけたくさんの案件を保有しているかの方が大事になります。アドバイザーがどれだけ優秀であっても保有案件が少なければ、何の意味もありません。また案件がどれだけたくさんあっても、アドバイザーが全くフォローしてくれないとなると、それはそれで難があります。

バランスも結構、大事になってきます。

タイトルでは3社のうち1社は抑えておくべきと書きましたが、最低でも1社は必要ということであって、本当は3社のうち2社くらい登録だけでもしておくのが理想ではないかと僕は思っています。

理由が気になる方は過去記事をお読みください。

では、おすすめのエージェントってどこになるのでしょうか。

僕がオススメする3社です。

リクルートエージェント

求人メディアの発行会社としても、人材サービスの会社としても、新卒採用市場でも中途採用市場でも日本でトップクラスの会社であることは、もうみなさんご存知ですよね。

そのリクルートが運営するエージェントで、正確にはリクルートエージェントという会社が運営しています。

公私ともに、お世話になったことのある経験者として推すポイントはいくつかあります。

  • 求人案件が豊富で、ここになければ他のエージェントでも取り扱っていない案件が多い
  • キャリアアドバイザーのフォローが他のエージェントよりもマメで的確に行われる
  • 年収ベースは高年収層だけに限らず、幅広い案件を取り扱っている

運営しているサイトによると求人件数は20万件保有しているとのことです。(いつ時点かは分かりません)

DODAエージェント

dodaエージェント
出典 DODA

リクルートと同じくHR業界の中では、非常に有名なパーソルキャリアの運営するサイト「doda」の中で展開するエージェントサービスです。

もともと、dodaと二本軸とも言える存在だった「an」がサイトクローズしてから、パーソルキャリアの運営するサイトはdodaのみとなってしまいました。いろいろな理由があってanをクローズしていますが、その理由の1つにdodaへのさらなる注力のためと聞いたことがあります。

dodaにもお世話になった経験を持つ僕として推すポイントはいくつかあります。

  • doda採用プロジェクトやスカウトメールなどの取り組みは他社にはなく、オファーメールがたくさん来る
  • 求人公開数は6万件を超える(何月
  • 求人サイトdoda内にエージェント機能を備えており、利用するまでの敷居はあまり高くない

マイナビエージェント

新卒採用サイトにおいては、リクルートと常に1位争いを展開してきたマイナビのエージェント部門です。

マイナビは新卒を利用する人が、そのまま継続してサイト利用をすることが多いと聞きます。マイナビ転職にしても、マイナビエージェントにしても若年層が多いということの裏付けにもなっています。

マイナビエージェントを推すポイントはいくつかあります。

  • リクルートと肩を並べる存在で、案件を非常に豊富に保有している
  • サイトコンセプトからも若年層がより気軽に自分の価値を推しはかることができる
  • いろいろな業界の求人案件を保有しており、他には追随できない内容になっている

主に利用するのは1社の転職エージェントで十分です

転職エージェントって複数の会社に登録しても、あまり実益がないものだと思います。転職活動を経験したことがあり、募集企業側で仕事をしたことのある僕から見て、自信をもって言えます。

それでも僕自身は4社登録をしています。理由は2つあります。

  1. 応募書類(特に職務経歴書)を違う目線で見てもらい、定期的にブラッシュアップをしたい
  2. 独自の求人案件が紛れていないかチェックしたい。

本当にこれだけです。もっと言うと、①が90%、②が10%です。だから1社以外は、ほとんど管理画面にログインしていません。

複数登録すると、オリジナル案件ってほとんど載っていなくて、実益を感じないのです。また、キャリアアドバイザーについても、自分自身と波長が合うな、本当に信頼できるなと感じる方はあまり見つからないのが現状でもあります。

ダイレクトリクルーティングタイプのサイト2選のうち1社は抑えておくべきです

転職エージェントとは少し違ったサイトにも登録をしておくべきです。

それがダイレクトリクルーティングのタイプのサイトです。今後はこういったタイプが主流になっていくと言われています。企業の方から応募打診のアプローチがあったり、ヘッドハンターが内部で職務経歴データを閲覧してハンティングを行ったりしています。

ダイレクトリクルーティングでも、この2社は是非とも抑えてくべきです。

ビズリーチ

最近、TVでのプロモーションがさかんに行われており、知名度はかなり上がってきています。

実は求人メディアの知名度ってものすごく重要なんです。

知名度があれば、登録する求職者も増えます。求職者が増えれば、企業側も自然と掲載をせざるを得なくなる。そうすれば、また登録者も増える…と相関関係にあります。正のスパイラルなんです。

  • 今、一番勢いのある求人サイトの1つ。
  • 高年収案件が揃っている。
  • 企業やヘッドハンターから打診のある場合は、面接まで高確率で進むことができる。

といったことが推しのポイントです。

キャリアカーバー(より高年収層向け)

リクルートが運営するハイクラス専門求人サイトがキャリアカーバーです。

このクラスになると、自己応募というよりはヘッドハンターからのアプローチを待つというサイトイメージの方が強いです。逆に言うと、「(キャリアも年収も)標準的な人」では、転職が難しいです。

エグゼクティブ層のためのサイト構成になっています。

  • 上手くマッチングが行けば、現状の1.5~2倍近くまで年収が上がる見込みがある
  • ここで頻繁にヘッドハンティングされる人材であれば、他のサイトでも十分通用する
  • ハイクラス専門の求人案件ばかりが揃っている(基本年収600万以上)

といったところが推しのポイントです。

エージェントサービス、ダイレクトリクルーティングに共通して言えること

2つのタイプのサイトに登録して、打診を受けたり、選考に進んだことのある僕が思うのは、どちらのタイプのサイトにしても、ある程度のキャリア・実績がなければ、網にすら引っ掛けてもらえないということです。

例えば、転職サイトの中でもリクナビネクストやマイナビ転職など、自己応募のサイトで選考に進むことは、正直そんなに難しいことではありません。しかし、年収は350~400万円(月収で言えば20~30万円)の案件がほとんどです。

一方、この記事で紹介したようなサイトは年収は400~650万円(標準的な案件)が相場です。もちろん、年収が高い案件ほど、採用ハードルも一気に上がります。デキるライバルも数多く応募してきます。

でも一番大変なのは、採用基準を満たす応募者が出て来ない限りは、案件の募集ストップがないことです。

サイトを定期的に閲覧していると、ずっと案件が掲載されたままだったりします。募集に対して適格な人が出てこない限りは面接を行わないのです。そういう難点があるのが、エージェントやダイレクトリクルーティングにおける採用なのです。

自己応募型のサイトは掲載している期間だけ広告費が掛かります。

一方、こうしたサイトは成果報酬型なので、無理に採用内定を出す必要がないのです。

【まとめ】内定は狭き門、応募書類も面接力もかなりのブラッシュアップが必要

ほとんどの公開求人は定員が1名、求められる素養もかなり高いです。中途半端な対策ではなかなか内定が勝ち取れません。万全の準備を整えて臨んでください。

  • リクルートエージェント
  • dodaエージェント
  • マイナビエージェント
  • ビズリーチ
  • キャリアカーバー
本日のまとめ

本日は転職エージェントのオススメを3社、ダイレクトリクルーティングのオススメを2社、名前を出して書きました。エージェントとダイレクトリクルーティングはそれぞれ対象が少し異なりますので、自身の希望や目標に合わせて選ぶと良いですが、ダイレクトリクルーティングはかなりハードルが高いです。登録しないことには何も始まりませんので、気軽にまずは登録してみてはいかがでしょうか。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com