人材派遣会社の採用担当責任者がおすすめしたい転職エージェント5社

転職希望の方向け

おすすめの転職エージェントを教えてください!

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・おすすめの転職エージェントは?
 ・転職エージェントってどうやって使えばいい?
 ・ダイレクトリクルーティングってどうなの?

転職エージェントと言っても、いろんな会社があります。

どの会社で登録すべきか迷う人も多いかもしれません。

転職活動の経験と、採用担当としての経験と両方から書かせてもらいました。

登録しておくべき転職エージェント3社

「大手」と言われる転職エージェントのうち1つは必ず登録しておくべきです。

転職活動を行う上で、エージェントの存在は心強いです。

転職エージェントを選ぶポイント
・キャリアアドバイザーの力量
・キャリアアドバイザーの(自分に対する)姿勢
・転職エージェントが保有している案件数

タイトルの「登録しておくべき3社」とは、最低でも1社ということであって、掛け持ち登録がベストです。

その理由は別の記事に書かせていただきました。

転職エージェントに掛け持ち登録するメリット2点【基礎知識】

登録をオススメする3社の転職エージェントです。

リクルートエージェント

総合人材会社としては日本一のリクルートが運営している転職エージェントです。

リクルートエージェントが選ばれるポイント
・求人案件が豊富(20万件の求人件数)
・リクルートエージェントにはなく、他で持っている独自案件はあまり見当たらない
・キャリアアドバイザーのフォローが厚く、アドバイスが的確
・募集案件としてはかなり幅広い(業種・職種・年収)
登録はこちら     ▶▶▶  リクルートエージェント  ◀◀◀

DODAエージェント

リクルート同様に有名なパーソルキャリアが運営する「doda」内のエージェントサービスです。

そのパーソルキャリアが注力する事業の1つがdodaエージェントです。

dodaエージェントが選ばれるポイント
・求人公開数は6万件を超える
・求人サイトのdoda内にあるエージェント機能なので、利用するまでの敷居はあまり高くない
・キャリアアドバイザー以外にdoda採用プロジェクトからスカウトメールが来る場合がある
・オファーメールを多く届け出もらえる
登録はこちら     ▶▶▶  DODA  ◀◀◀

マイナビエージェント

新卒採用サイトにおいては、リクルートと常に1位争いを展開しているマイナビのエージェント部門です。

マイナビエージェントが選ばれるポイント
・リクルートと肩を並べる存在で、案件数がとても豊富
・若年層、第二新卒者が気軽に登録できるサイトコンセプト
・文理ともにいろいろな業界の求人案件を保有しており、他でも追随できない
登録はこちら     ▶▶▶  マイナビエージェント  ◀◀◀

主に利用する転職エージェントは1社

掛け持ち登録を薦めましたが、最終的には自分に合う1社の転職エージェントに絞ってよいです。

いろいろなエージェントから応募する必要はありません。1社を経由した応募で十分です。

僕は4社のエージェントに登録をしていますが、理由としては
◎ 職務経歴書を違った目線で見てもらい、ブラッシュアップしたい ※一番の理由
◎ 独自案件が紛れていないか、たまにチェックしたい

いろんなエージェントに登録しても、オリジナル案件はほぼありません。

担当キャリアアドバイザーで、自分と波長が合う・信頼できると感じることのできる方はあまり見つかりません。

結果的に、お世話になるエージェントは1社になってしまいます。

登録しておくべきダイレクトリクルーティングサイト2社

ダイレクトリクルーティングのタイプのサイトも登録が必要です。

募集企業の方から応募打診のアプローチがあったり、ヘッドハンターから接触があります。

ビズリーチ

プロモーションがさかんに行われており、知名度もかなり高いです。

ビズリーチが選ばれるポイント
・求人サイトの中で非常に勢いのあるサイトの1つ
・高年収案件が揃っている。
・企業やヘッドハンターから打診のある案件は、面接まで高確率で進むことができる
登録はこちら     ▶▶▶  ビズリーチ  ◀◀◀

リクルートダイレクトスカウト(旧キャリアカーバー)

リクルートが運営するハイクラス専門求人サイトがリクルートダイレクトスカウトです。

このクラスになると、自己応募ではなくヘッドハンターからのアプローチを待つというイメージが強いです。

逆に言うと、キャリアも年収も標準の人だと使いこなせないサイトです。

リクルートダイレクトスカウトが選ばれるポイント
・上手くマッチングが行けば、現状の1.5~2倍近くまで年収が上がる可能性がある
・このサイトで頻繁にヘッドハンティングされる人材であれば、他の会社でも十分通用する
・ハイクラス専門の求人案件がかなり多い(年収ライン600万円)

エージェントサービス、ダイレクトリクルーティングの共通点

ある程度のキャリア・実績がなければ、選考で残ることができません。内定にも届きません。

紹介したサイトのほとんどが年収400~600万円のレンジです。

年収が高いほど、採用ハードルも上がり、ライバルも強いです。

自己応募タイプのサイト(リクナビNEXTやマイナビ転職など)で選考に進むのは難しくありませんが、年収は350~400万円(月収で言えば20~30万円)の案件がほとんどです。

1番評価の高い応募者を採用するのではなく、基準を満たした応募者の中で1番の人を採用します。

採用基準を満たす応募者がいない場合は、どれだけ応募者がいても面接をしません。

自己応募型のサイトと違って成果報酬型のサイトなので、ずっと掲載していても経費は掛からないのです。

だから案件が掲載されたままだったりします。

【まとめ】まずは気楽なスタンスで登録から

ほとんどの公開求人は定員が1名、求められる素養もかなり高いです。

中途半端な対策ではなかなか内定が勝ち取れませんので、筆記も面接も万全の準備が必要です。

まとめ
 ・おすすめ転職エージェント3社(リクルート、doda、マイナビ)
 ・転職エージェントは想定年収400~600万のレンジ
 ・おすすめダイレクトリクルーティング2社(ビズリーチ、リクルートダイレクトスカウト)
 ・ダイレクトリクルーティングは想定年収600~800万のレンジ
 ・転職エージェントよりもダイレクトリクルーティングの方が難易度が高い(年収も高い)
 ・まずは掛け持ちで登録しておくべき、登録しないと分からないことばかり
 ・転職エージェントは安易な気持ちで登録することからスタート

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告