最終面接で不採用となってしまう人は決して何かが足らないわけではない

転職希望の方向け

転職活動を行う上で、面接試験というのは嫌でも避けることのできない厄介なものです。社員の採用において筆記試験を行わない企業はあっても、面接試験を行わない会社なんて、僕は聞いたことはありません。特に正社員の領域だったり、管理職の採用というステージでは、2~3回面接を行うケースが一般的です。今日は面接試験のことについて記事を書かせて頂きます。

面接試験の回数が極端な会社は避けた方が無難かもしれない

面接試験がない会社はどうなんですか?

面接試験を行わず、採用を決める会社も時々見かけます。

でも、正社員クラスの採用においては僕は見たことがありません。

仮にあったとしたら、避けた方が良いのではないかと思います。

理由としては、

  • 面接官と接する機会は会社の社風や職場環境を知る絶好の機会なのにそれが出来ないから
  • 面接なしで採用が決まるのは、そもそも採用を急いでいるか、誰でもよい的な採用である可能性が高いから
  • 面接がないということは採用の評価基準がない可能性が高いから

という3点が挙げられます。

面接がなくても、素晴らしい会社はあると思いますので、もちろんケースバイケースです。

でも、これから長く働こうとする立場からしたら、やっぱり不安要素の方が大きいかもしれませんね。

面接がないからラッキーなんて短絡的な発想は捨てて下さい。

面接の回数が多すぎる会社はどうなんですか?

一般的には2~3回面接をするという会社が多いです。

1回目の面接が人事部長と実務担当者クラス、2~3回目の面接が取締役(社長含む)と人事部長クラス。

ときどき面接が3回よりも多い会社を見かけますが、そんなに面接が多い会社も正直どうかと思います。

受ける側からしても先が見えない、スケジュール調整が大変です。

そもそも同じような職制の人が面接官で出てくるなら、最初から横の連携をしっかり取って、回数を少なくして欲しいと思うものです。

ということで3回以上の面接がある会社も、すこし慎重に考えた方が良いかもしれません。

特に、同じような問答形式の面接ばかりの場合は要注意です。

そもそも面接って何のためにしているのか?

では、面接試験って何のためにしているのでしょうか?

会社はなぜ面接で採用・不採用という大事なことを決めるのでしょうか?

面接試験で応募者のどこを見ているの?

日ごろ、面接の担当者として仕事をしている僕から言えるのは大きく3点です。

  1. 面接は一般常識・コミュニケーション力を図るツールであること。
  2. 今までのキャリアの詳細を再確認して、募集職種で活躍してくれる人かどうかを見極めるため。
  3. 現状の会社のカラー(社風)に合った人材かどうかを見極めるため。

この3点になります。

募集している会社や雇用形態によって、もちろん重視する項目は違います。

アルバイト採用ということであれば、ほとんどの企業は①だけを重視します。

正社員採用であれば、ほとんどの企業は②を重視します。

管理職採用ということであれば③を重視します。

面接の段階によっても見られている項目は違います。

2回以上の面接がある場合は全てクリアできないと内定はもらえない

面接の回数が多いほど、面接を受ける方のモチベーション維持も大変なことです。

面接の前も途中も、終わってからもいろんな意味で神経すり減りますからね。

面接が2回以上ある会社は

  • ①常識・コミュニケーション力
  • ②過去のキャリア
  • ③会社と同じカラーを持っていること

全てクリアできなければ合格はあり得ません。

その中でも一番厄介なのは③「会社のカラーに合った人材かどうかを見極める」です。

こればかりは、何を求められているのかを事前に知ることが非常に難しいです。

その会社の中に、知っている人がいれば話は別ですが、大体の転職希望者はそうではないはずです。会社ホームページ、クチコミサイトなどごくわずかな情報しか収集できないものです。

ある程度、手探りで受けていくしかないのです。

【まとめ】最終面接で不合格となる方は紙一重、キャリアには自信を持てばいい

面接試験は一次が通過できるということは、基本的な問題はクリアできていると思えばいいのです。

一次を通過して、最終選考まで行ける人たちは、それほどキャリアやスキルなどに差はありません。

ある程度の自信は持って良いです。

最終選考では、会社の上層部が面接官として立ちはだかります。会社の社風そのものの鏡みたいな人たちが出てきます。その人たちと同じカラーであれば内定がもらえますし、そうでなければ残念ながら不採用です。

二択で、どちらかしかないのです。

  • カラーが一緒なら採用
  • カラーが異なるなら不採用

面接する側がどのように感じるかということが問題で、面接を受ける側の感じ方は関係ありません

最終選考まで行くも何十社と不採用になる方は、一度面接への臨み方を練り直すべきです。

ただ、まだ2、3社という方は、不運にも社風が合わなかったと前向きに捉えて、次の試験に向けて頑張るべきです。そんなところでくよくよしていたって変わりません。

本日のまとめ

就職しようと思えば避けて通ることのできないのが面接試験です。段階によって、見られるポイントや重視されるポイントって全然違います。最終面接では、その会社の風土やカラーに合っているかを見られます。最終面接まで残れたということは、自身のキャリアには十分自信を持ってください。最終面接で不採用になり続ける場合は面接試験でのアピールを一度見直してみて下さい。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com