携帯キャリアショップってなぜ不人気な業種だと思われるのだろうか

採用について

軽作業は人気のある案件だけど、交替勤務や重労働の案件は人気のない案件だと言われています。ここでいう人気というのは応募獲得しやすいか、しにくいかという意味とほぼ同じだと思ってもらって構いません。僕は長いこと採用に関わっていますが、人気案件と不人気案件の差は大きいなと感じています。今回は、不人気案件の1つと言われている携帯キャリアショップのスタッフの仕事についてリサーチしてみました。

携帯キャリアショップの仕事って具体的に何をするのか

キャリアショップとはいっても大きく2つあります。

1つは通りに面して、docomo、au、softbankなどの店舗がありますが、そういった店舗です。よく路面店などと言われます。

もう1つはショッピングモールや、電気屋さんの中にある携帯コーナーです。

どちらであっても、基本的な流れなんかは同じです。

キャリアや店舗によって、違いはありますが基本的な仕事内容って同じです。

  1. 新規契約手続き
  2. 機種変更手続き
  3. 解約手続き
  4. アクセサリー販売
  5. 修理受付
  6. 各種問い合わせ対応

ほとんどのキャリアがこのような仕事内容です。

なぜ、不人気な職種なのか

応募者の人に独自に聞き取り調査を行ってみました。

いろいろな項目に分けることはできますが、こんな感じでした。

  • 覚えることが多くて大変そう(商品ごとの知識)
  • ユーザーからのクレーム・苦情がキツそう
  • 販売ノルマがありそう
  • 土日は自由に休むことができなさそう
  • 店舗の営業時間に合わせるので残業が多そう
  • スタッフは若いメンバーが中心となっている

これらは実際に、応募対応の中でお聞きしたものになります。

僕自身は、キャリアショップでの仕事を直接経験したことはありません。先ほどの意見の中には、的確なものもあります。ただ、先入観で見てしまっているものもあります。

また会社によって少し異なる所もありますので、一律に判断してしまうのは少し早計かもしれません。

本当に不人気なのか実際の閲覧データをチェックしてみました

携帯販売の仕事って、本当に不人気なのでしょうか。

僕は幅広いメディアを運用して、母集団の形成をおこなっているわけではありません。今回は、タウンワーク枠得の閲覧データを確認することにしました。

タウンワーク枠得プランの成果一覧

すべてタウンワーク枠得プランの結果になります。携帯キャリアショップでの仕事ということも明確に記載しています。

岐阜県の2案件の結果を見比べると、「家電・携帯販売」よりも「受付・秘書」の方が一覧表示の回数は多いです。「受付・秘書」軸で仕事を探している人の方が断然多いと言えます。

他の職種と比較してみた場合はどうでしょう。

たしかに携帯販売の一覧閲覧数は平均を大きく下回ります。

職種選択の時点であまり選ばれていないことが分かります。とは言っても、一覧から詳細への変遷だとか、応募率に関しては、それほど変わりまりません。

最初のハードルが少し高いというだけで、実は不人気案件だとは言い切れません。

先入観の払拭には時間がかかるもの

さきほど挙げた先入観については、なかなか簡単に消えないものです。

求職者から見れば、おそらく自分が店舗で接客を受けた際に大変そうだと感じたり、クレーム対応をしているスタッフを見て感じたことから来るものだと思います。

自身が直接経験したことがないのであれば、あまり先入観だけを先行させないことが大切です。

お店側からすれば、求職者の先入観を払拭させるような原稿づくりや、環境づくりが大切です。

もちろん大変なところもあるはずです。そういったことを表記しつつ、メリットも伝えるような原稿を長期的に打ち出していけば結果は変わります。

スタッフの退職は極力抑えること。スタッフが不満に感じることのないように最大限の配慮をすること。そういった地道な努力も必要になります。

【まとめ】携帯キャリアショップの仕事はそれほど不人気案件でもない

閲覧データだけを見れば、携帯キャリアショップでの仕事はそんなに不人気案件ではないことが分かりました。

確かに最初の応募ハードルが少し高く、母集団の形成には苦戦することが予想されます。

でも、一覧閲覧から詳細閲覧へ進む割合、応募に至る割合は決して悪くありません。

仕事が大変そうだという応募者の先入観が大きいだけなのです。

顧客ユーザーからの当たりが強いことに抵抗感を感じているケースが大半です。きちんとフォローしますよという広告内容にすること、また入社後はしっかりしたフォローを確実にしてあげること。スタッフに投げっぱなしにしないようにしましょう。

不本意な退職に繋がることを防いでくれたり、余計な風評被害を防いでくれます。

本日のまとめ

本日は不人気案件の1つだと言われている携帯キャリアショップでの仕事について考えてみました。サイト閲覧や応募のデータだけ見ていると、実はそんなに不人気案件だとは言えない部分もあります。確かに、一覧表示の数値は多職種に比べると悪いです。応募者の仕事に対する先入観が大きいので、仕事の内容だとか環境面のいいところを積極的に打ち出して、応募獲得を図っていきたいものです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com