仕事が大変という先入観で見られがちなキャリアショップのスタッフ

採用について

キャリアショップでの仕事って大変ですよね?

キャリアショップのスタッフ募集がうまくいきません。

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・キャリアショップのスタッフを募集するのが大変な理由
 ・キャリアショップでの仕事って大変なの?
 ・スタッフ募集の結果

キャリアショップは携帯・スマートフォンの各キャリアの端末を取り扱うお店です。

◎ ドコモ

◎ au

◎ Softbank

◎ Y!mobile

◎ 楽天モバイル

格安スマホを取り扱うところも増えてきましたが、よく街で見かけるのは5キャリアです。

人気職種
・事務スタッフ
・軽作業
・時間に融通の利く仕事
・短期、単日、短時間スタッフ
不人気職種
・介護スタッフ
・キャリアショップスタッフ
・重労働スタッフ
・交替勤務スタッフ
・土日も関係なくある仕事

キャリアショップスタッフの仕事

キャリアショップは大きく2つあります。

  1. 独立した店舗(docomo、au、softbankなどの店舗)
  2. ショッピングモールや、電気屋の中にあるコーナー

どちらでも、基本的な仕事内容は同じです。

  • 新規契約
  • 機種変更
  • 解約
  • アクセサリー販売
  • 修理受付
  • 各種問い合わせ

効率化を図って、一部業務はコールセンターで行う分業化も進んでいます。

ショップスタッフは不人気な職種?

応募者の人に対して、ショップスタッフのイメージを聞きました。

ショップスタッフに対するイメージ(独自アンケート結果)
・覚えることが多くて大変(商品ごとの知識)
・ユーザーからのクレーム・苦情対応が大変
・1人だけですべての接客対応
・次から次に来店者がある
・販売ノルマ
・土日は自由に休めない
・営業時間が終わってもすぐ帰れない(残業が多い)
・スタッフは若い人だけ

実際に、応募対応の中で直接聞いたことです。

的確なものも、先入観だけで見てしまっているものもあります。

日ごろ、お客さんとして訪問する機会の多い場所だからこそのイメージでもあります。

ただ、会社による違いもあるので、一律に判断するのは危険です。

実際の応募データをチェックしてみました

タウンワーク枠得プランの閲覧データを見てみました。

タウンワーク枠得プランの結果
・タウンワーク枠得プラン(ネットのみの公開プラン)
・仕事内容にはキャリアショップでの仕事であることを明記しています

携帯販売職を他の職種(平均値)と比較してみました。

たしかに一覧表示数は平均を大きく下回るので、職種軸の選択の時点ではあまり選ばれていません。

ただ、一覧から詳細への変遷だとか、応募率は、それほど変わりません。

最初のハードルが少し高いというだけで、実は不人気案件だとは言い切れません。

・同じ仕事内容を書いても、「家電・携帯販売」より「受付・秘書」の方が一覧表示の回数は多い。
・「受付・秘書」軸で仕事を探している人の方が断然多い。

タウンワーク枠得プランについては過去記事に書きました。

タウンワークの掲載プランの1つである枠得プランについて解説します

先入観を振り払うのは大変

悪い先入観は、とくに簡単に消えません。

店舗で自分がスタッフの様子を見ることで、職場見学をしているのです。

会社側からすれば、求職者の先入観を払拭させるような求人原稿づくり、環境づくりが大切です。

大変なところに嘘は書けないので、マイナスを打ち消せるようなメリットを伝える内容を書かなければいけません。

募集する方だけではなく、在籍スタッフの退職を避けたり、スタッフが不満に感じることのないような職場づくりも大切です。

【まとめ】キャリアショップのスタッフはそれほど不人気案件ではない

閲覧数だけを見れば、キャリアショップでの仕事はそんなに不人気案件ではありません。

最初の応募ハードルは少し高く、母集団の形成は苦戦するでしょう。

詳細閲覧への遷移率、応募率はそんなに悪くありませんでした。

仕事が大変そうだという応募者の先入観が大きいだけなのです。

まとめ
 ・キャリアショップはそんなに不人気案件ではない
 ・ショップスタッフに対する悪いイメージが先行
 ・募集だけでなく、在籍スタッフに対するフォローもかなり大切
 ・募集で打ち出すべきことは「良い職場環境」、「周囲からのフォロー」、「長期で働ける職場」
 

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告