ミイダスに登録して自分自身の市場価値がどれくらいあるのか測ってみた

転職希望の方向け

ミイダスは転職サイトというよりは自分自身の市場価値を図る一方で、転職活動に使う人・会社の双方のマッチングを図るサイトとして認知されつつあります。僕自身も転職を希望していた際に、一時期実際に登録して使っていたことがあります。レビュー的なことも含めて少し書いてみたいと思います。参考程度にお読みいただければと思います。

もう少し細かくミイダスの紹介を

公式サイトにはこんなことが書かれています。

転職アプリのミイダスは経歴や経験・スキル情報から自分の市場価値をデータ分析して、あなたを求める企業から直接オファーが届くサービスです。また、「自分のビジネスマンとしてのスキル」や「パーソナリティ」を診断・分析することで、より自分にフィットしたオファーを受け取ることができます。

出典 ミイダス

恐らく、自分の市場価値を「見出す」、自分自身を「見出す」という意味で、「ミイダス」という名前が付けられているのだろうなと僕なりに解釈しています。

求職者の目線から見た場合

現在の待遇や仕事に疑問や不満を持って働いている人は相当数いるものです。

仕事をしていなくて就職活動をしている人だけでなく、現職よりもいいところがあれば転職を希望している人も含めれば相当数いるはずです。

そんな人たちに現状の自身の市場価値を提示してあげることで、自分自身の価値を再認識して、転職を決意するきっかけを与えてあげる。そしてより充実した人生を送ってもらいたい、そんな位置付けのサイトになります。

また会社から直接オファーをもらうことが特別に感じるのはどこのサイトでも同じことです。自分が特別感を感じる会社には、進んで選考を受けに行くと思いますし、選考の意欲度みたいなものも上がります。

会社の目線から見た場合

最近の採用のトレンドはダイレクトリクルーティングだと言われます。

今までのように会社側も待っているだけではダメ。欲しい人材があれば、積極的にアプローチを掛けることが採用成功への近道です。転職をしようかと悩んでいる、迷っている登録者に、現状の待遇よりもいい条件を提示することで、応募に繋げることができます。

潜在的な応募者の発掘といったところでしょうか。ダイレクトリクルーティングとしてはぴったりです。

面接確約

実際にサイトに登録してみました

僕自身が実際にミイダスに登録してみましたので、使い勝手みたいなものを見てもらえればと思います。

予測年収の表示までの流れ

一度、サイトに登録して僕自身がどれくらいの市場価値があるのか測ってみたいと思います。当たり前ですが、全てリアルな情報や数字を入力していきます。

出典 ミイダス
出典 ミイダス

1ページ目は、そのままプロフィールを入力していくだけです。

僕の場合は、「男性」「19●●年●月●日」「愛知県」と入力しました。

出典 ミイダス

母国語は「日本語」です。

出典 ミイダス

最終学歴は「大学」です。

出典 ミイダス

次は「富山大学」「経済・経営系」(選択式)「200●年」と入力しました。

出典 ミイダス

離職を経験したことはありませんので、「はい」を選択しました。

出典 ミイダス

離職を経験したことはないので、引き続き「1社」を選択しました。

出典 ミイダス

次は「現職中」「200●年3月」と入力しました。

出典 ミイダス

次は会社名を入力しました。

出典 ミイダス

次は、大分類→中分類→小分類と選んでいきます。

出典 ミイダス

次は従業員数を選択しました。

出典 ミイダス

次は現在の待遇面の入力です。

「正社員」「470万」「係長/リーダークラス」を選択しましたが、これはリアルな数字です。

出典 ミイダス

次は職業分類の入力です。大分類→中分類→小分類と選んでいきます。

出典 ミイダス

次は自分の経験した業務を選びます。

出典 ミイダス

ここからはある程度、自由入力になります。

言葉は予測変換みたいな形で出てくるケースもありますが、自由入力なので、勝手にEnterキーを押してしまえば、入力は完了します。

出典 ミイダス

一般的な入力に戻りました。事実に即して入力します。

僕は、マネジメント「10年以上」、小さな部門なので「1~4人」と入力しました。

出典 ミイダス

ここまでくると、少し最後が見えたような気がします。いまの自分のレベルを背伸びせずに選びます。英語力、Excel、普通免許、所有している資格(選択式)と進んで行きます。

ミイダスからの想定年収提示

最後のページまで入力すると、期待を大きく上回る数字が表示されました。

出典 ミイダス

年収は現在のものから150万円以上もプラス査定になっています。少し現実からかけ離れた部分もあるので、本人としてはその根拠を知りたいものです。

面接確約

1つ注意すべき点としては想定年収ではなくて、オファーの年収実績だということです。くれぐれも、自身の年収が上がるなんて思わない方がいいです。

この状態ではミイダスに登録完了はしていないようです。でも、ここまで時間をかけて入力したのであれば、せっかくなので登録に進めたいものです。

ミイダスの活用について

使用感としては、一般的な転職エージェントと似ている部分が多くあります。実際にマイページを持つと現在の(僕自身の)市場価値ということで561万円と表記があります。

出典 ミイダス

ミイダス登録前の表記と80万円ほど(ダウン)の差があるのですが、より現実味を帯びた数字に修正されたと思います。いずれにしても、現在の年収よりはプラス査定を頂いているようで嬉しいものですね。

プロフィールなどを細かく入力していくと、さらにしっかりした年収提示がされるかもしれません。

【まとめ】登録してみた感想みたいなもの

コロナ禍により、求人市場における案件は減少傾向にあります。職種によって異なりますが、全体的には減っています。

そのなかでも特に、管理職や間接部門系の求人案件は激減しています。この記事をリライトした2021年5月現在ですが状況は変わっていません。サイト内を回遊していても、案件が少なく寂しいなと感じる職種もあります。

ミイダスのサイトは、転職エージェントと違った案件もたくさん掲載されています。選択肢の1つとして登録しておいても損はありません。

年収についてはあくまでも想定です。ただ、一般的には転職すると初年度の年収は現職よりも下がると言われています。サイトに破格の金額が書いてあるからと言って、安易に転職を考えることだけはやめておくべきです。

本日のまとめ

本日はミイダスというサイトの紹介をしました。ミイダスはダイレクトリクルーティングの求人サイトになります。今までとは少し違ったタイプのサイトに登録しておきたい人にはぴったりの内容です。登録前と登録後に想定年収が表示されますが、あくまでも参考値として見ておくべきです。転職は年収だけで決めるものではありません。いろいろなサイトや案件を見比べて、総合的に判断すべきです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com