自宅に居ながらオンライン選考を受ける際に気を付けておきたいこと

転職希望の方向け

コロナウイルス感染拡大防止対策の一環で、対面での説明会や面接を控える会社がかなり増えてきました。最終面接まで全てオンライン面接を実施して、採用内定を出すという企業はまだまだ少数派かもしれませんが、1次選考や会社説明会の段階ではオンラインで実施するという企業は目立つようになりました。メリット・デメリットについて考えてみました。参考程度にお読みいただければと思います。

オンライン説明会やオンライン面接ってなんのために行われるのか

僕が採用担当として仕事をする中で、数年前から言われていたのは、「応募者の手間をかけさせないことがトレンドになりつつあるということ」でした。

僕が属しているのが人材アウトソーシング系の会社なので、余計にそういったことを言われるのかもしれません。

オンラインでの説明会や面接を実施する理由については、

  1. 応募者の心理的ハードルを下げるため(応募しやすくするため)
  2. 面接担当者がわざわざ応募者のところまで出向いて面接実施することでかかる時間や労力を軽減するため

この2点に尽きると言われていました。

最近はコロナウイルス感染拡大防止のため、面接をする側にも、される側にも「安全」を担保するためだと言われていますが、こんな話が出てきたのはごく最近のことで、少しコロナに便乗している面もあるのだろうと思います。

面接をオンラインで行うことで得られるメリット

対象となる職種や職制、雇用区分によって違いはありますが、受けられるメリットってこんな感じだと思います。

採用担当側の目線から

採用担当者の目線で見た場合にどういったメリットがあるのでしょうか。

  • 遠隔地の面接であったとしても交通費や宿泊費をかけずに面接を実施できる(海外在住の場合は特に効果大)
  • 面接に携わる人を増やすことで、採用基準の再確認や、擦り合わせができる
  • 面接担当者の時間の有効活用ができる
  • コロナウイルス感染に対するリスク軽減(対応募者、対ほかの面接担当者)

応募者側の目線から

応募者の目線で見た場合にどういったメリットがあるのでしょうか。

  • 応募に対する心理的ハードルが下がる
  • 面接に出向くための時間や労力、金銭的負担を軽減できる
  • コロナウイルス感染に対するリスク軽減(対面接担当者)

面接をオンラインで行うことで生じるデメリット

たしかにオンラインで面接を行うことはメリットがありますが、デメリットも多々あります。

メリットの時と同じように2つの視点から見てみます。

採用担当側の目線から

  • 一度も(直接)対面することなく採用内定を出すのはリスクが大きすぎること
  • 応募書類を必要とする場合は事前にメール送信や郵送してもらわなければならないこと
  • オンライン面接のツールにも固定費がかかることが多い

こういったことが挙げられます。

応募者側の目線から

  • 面接担当者と直接会うことがないので、会社の社風などを理解しづらい
  • スマートフォンでは画面が小さく、相手を見にくいのでタブレット程度の画面の大きさが必要であること
  • カメラ・マイク付きのデバイスがない場合は別途用意する必要がある
  • 会社に合わせたツールを使う必要があり、その都度アプリやシステムをダウンロードしなければならない
  • 自宅で接続する場合は場所などの背景や雑音の面で事前に準備しておく必要があること
  • オンラインであってもスーツを着る必要があるのか迷ってしまう

こういったことが挙げられます。

採用担当と面接者に共通して言えること

もちろん共通点もあります。

  • タイムラグが生じることもあり、慣れが必要だったり、ストレスに感じる場合がある
  • カメラばかりを意識して見ていると、相手の顔が直視できないため目線をどこに持っていくべきか迷う
  • 通信状況が不安定だと画面がブラックアウトしたり、固まってしまい再接続が必要となる場合がある

【まとめ】メリットは最大限生かしつつトラブルには柔軟に対応を

対面であっても、オンラインであっても、どちらにしてもメリット・デメリットはあるものです。

オンラインでの面接のメリットは3点でした。

  1. いろいろな会社の面接が受けやすい
  2. 面接に向かう時間や労力、金銭的負担の軽減
  3. コロナウイルス感染に対するリスク軽減

特に、希望する会社が遠くであっても選考自体が受けやすく感じるものです。転職活動を進めている人にとっては、味方となってくれるツールの1つですので有効活用すべきです。

ただし、通信状況次第ではトラブルも起きやすいです。念のため、相手方の会社や面接担当者にすぐに電話連絡が出来て、トラブルからすぐにリカバリーできるように事前の準備をしておくべきです。社会人としては、ごく当然のことだと思います。

工場ワークス

先ほどのデメリットに対する対策は難しく捉える必要はありません。

  1. カメラは出来るだけ自分の正面に設置すること
  2. カメラとモニターの目線の比率は7:3くらいが望ましい
  3. 出来るだけ静かな環境で、出来るだけ背景に物が映らない環境で接続すべき
  4. 接続トラブルが起きた場合は迅速な対応をするために相手方の連絡先は常に手元に準備をしておくべき
  5. 服装はあくまでもスーツが望ましい場合が多い
本日のまとめ

本日の記事は「オンライン面接(WEB面接)のメリット・デメリット」について書きました。もちろん、オンラインに限らず、対面の面接であってもメリット・デメリットは少なからずあるものです。状況に応じて導入したり、使用頻度を決めて行けばよいです。長い目でみれば、導入する企業は間違いなく増えて行きます。オンライン面接を受ける際は、静かな環境を用意して、またトラブルに対する事前準備もお忘れなく。また、相手の社風なんかは事前に分からないのでできるだけスーツを着るのが望ましいでしょう。面接担当者の人に事前に服装を聞いてみるのも1つです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com