タウンワークネットの仕様が2021年10月に大きく変わりました

求人メディア

この10月からタウンワークネットの仕様が大きく変わりました。とはいっても、仕事を探す立場から見た場合には、変化にぜんぜん気が付かないかもしれません。どこが変わったのかという、ちょっとした解説を僕が知っている範囲内でさせてもらいます。参考程度にお読みいただければと思います。

タウンワークネットってどういうメディアなのか

ものすごくかんたんに言ってしまえば、求人誌タウンワークのインターネット版です。

求人誌に掲載してある案件に加えて、ネットでの独自案件も掲載されています。

求人誌は週刊なので、基本的には1週間だけの掲載ですが、ネットのプランはだいたい2週間の掲載がメインなのではないでしょうか。なかには4週間というものもあります。

引用 SimilarWeb(2021.10.6時点)

アクセス数としては相当なものがあります。9割近くのアクセスがモバイルからというデータもあります。

どこがどのように変わったのか

リクルートメディアガイド(2021年10月~12月分)にも記載がありました。

引用 リクルートメディアガイド

メディアガイドを読むだけだと少し難しく感じますが、じつはそんなに難しいものでもないようです。

求職者1人1人のシゴトの探し方(検索方法)に柔軟にフィットするサイト仕様に変更!」と書かれています。とても分かりやすく言うと、インディードみたいな検索システムに変更になったということです。

今までは、希望する検索軸にカチッと当てはまった条件が順番に表示されていましたが、今回の変更で「あてはまりそうな」案件も混ぜた表示結果になります。また、個別にAIが動いていて、その応募者が応募する可能性の高い案件が優先表示されるということで、まさにインディードのようになってしまいました。

検索システムの変更によって受けるメリット・デメリット

では、実際に検索システムの変更によって起きるメリット・デメリットって何があるでしょうか。

メリットとしては、

  • 新しい応募者層を獲得する期待が高まる
  • ミスマッチをより減らすことが期待できる

一方で、デメリットは、

  • インディードのようになるのであれば、案件のもっと豊富なインディードに応募者が流れてしまう可能性がある
  • AI自体の信頼性が担保されているか疑問に思う

こういったところではないでしょうか。

【まとめ】変更後、しばらくは様子を見るべきかもしれません

検索表示の内容を変更したからと言って、すぐに応募者が増減したりするものではないはずです。また、分析についてはもっと長期的に見る必要があります。

とは言っても、リクルートの戦略ですから何かのもくろみもあるのだと思います。

あくまでも、応募効果を高めるための仕様変更ですから、応募獲得数のアップに期待したいものです。

タブ選択タイプで見た場合、タウンワークネットの検索軸にあって、インディードの検索軸にないものは「勤務地」「駅名」などですので、近い将来、ひょっとしたら勤務地や駅名も選択式ではなく、自分で入力するタイプに変わるかもしれませんね。

本日のまとめ

2021年10月からタウンワークネットの検索仕様が変更になりました。インディードのように少し変化しましたが、今回の変更によって新しい応募者の獲得が期待できると言われています。変更の効果がすぐに分かるわけではありませんが、長い目で見てPDCAも含めて取り組んでいきたいものです。また、今回の変更は第一段階であって、何か別の大きな変更ポイントが近い将来あるかもしれませんね。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告