engageを活用しようとチャレンジして1週間が経過【経過報告】

求人メディア

engage運用の結果はどうでしたか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・engageで上手く結果を出すにはどうしたらいい?
 ・取り組んで結果はどうなった?

engageの活用について見直しをして1週間経過しました。

掲載案件がない状態からスタートして、どのように変化があったのかをお伝えします。

本日は経過報告だけなのですぐお読みいただける内容です。

取り組みの再開から1週間が経過

engageの取り組みを再開してから1週間が経過しました。

内容については過去記事をお読みください。

エンジャパンが無料提供する採用支援ツールのengageは活用するべき

大きな目的は1点です。

  • 落ち込んだPV数を元に戻したい

原稿の内容はその次の段階と捉えて、原稿の本数を増やしてとにかくPV数を上げることに専念しました。

原稿本数を増やす

過去に掲載していた案件の内容に修正を加えて、公開案件0件だったものを7件まで増やしました。

引用 engage

直接は関係ありませんが、7件中5件が「エンゲージプレミアム利用な求人」に審査通過しています。

PV数の変化

原稿の本数を増やして、露出の機会を増やすようにしました。

まだ1週目ですので爆発的に伸びるわけではなく、ほんの少しだけの伸びです。

PV数は18から26にアップしました

引用 engage

応募獲得はできたか

結論からいうと、応募獲得につなげることができました。

引用 engage

応募は1件だけでしたが、経費をかけていないことを考えると十分だと言えます。

【まとめ】engageなどの無料メディアも活用するべき

engageの運用改善をおこなって、閲覧PV数を少し伸ばすことができました。

結果として、応募獲得に繋げることができました。

engageに掲載された案件は、LINEキャリアにも転載されるので積極的に取り組むことが結果を出す第一歩です。

いきなりプレミアムプランを使う必要はありませんが、案件数だけは一定数掲載しておくべきです。

今回は7件の原稿を掲載して1週間で1件の応募が獲得できました。

ほかにも無料メディアがあれば知名度やユーザー数も見つつ、どんどん活用していきましょう。

まとめ
 ・engageには無料プラン、有料プランと両方ある
 ・求人オウンドメディアは手を加えれば応募獲得に大きく近づく
 ・7件の原稿を運用して1週間で応募を1件獲得できた
 ・engegeで公開するとLINEキャリアにも転載される

本日は以上です。

スポンサー広告