応募獲得しやすい案件であればタウンワーク枠得プランでも十分戦える

求人メディア

たびたび、ここのブログで登場するタウンワーク枠得プランについての話です。枠得プランについては安く、たくさんの案件を載せる枠購入型のプランなのでコストパフォーマンスは結構高いと僕は感じています。とは言っても、案件ごとにムラがあったり、こちらが希望する案件に対して上手く集客出来ないなど、課題もあります。本日は少しだけ角度を変えて考えてみました。

タウンワーク枠得プランの質的なもの

タウンワーク枠得プランには2通りあります。ノーマルプランとアドバンスプランです。

例えば、サイト内における掲載順位的なものだけで見たときには、

  1. タウンワーク本誌掲載案件
  2. 特別プラン(非公表)
  3. タウンワーク枠得アドバンスプラン
  4. タウンワーク枠得ノーマルプラン

と、掲載順位的には最下位です。

プランについては過去記事に書かせて頂きましたので、お時間のある方はお読みください。

質が悪いということではありませんが、価格が安い分、掲載順位としては下の方になるので、大きな成果が得られないことの方が多いです

そういうスタンスのプランになるので割り切って考えるしかありません。

枠得ノーマルプランでは十分な集客ができない?

やっぱり枠得ノーマルプランでは訴求力は弱いのでしょうか?

結論から言えば、そんなことはありません

枠得ノーマルプランとしては確かに訴求力は弱いんだと思います。でも、一番大事なのは案件の内容です。

indeedのオーガニック案件だけでサクサク応募があったり、有料広告枠で集まり過ぎたり、採用難易度の違いに戸惑うこともあります。

枠得ノーマルプランに掲載して、実際に得られた結果です。

枠得プラン
2021.2.1~2.8(一部案件のみ2.1~2.5)の期間の結果

職種ごとに大まかに分類してみました。

職種によっては1枠だけというものもありますし、中には20枠ほど使っているものもあります。今回の検証は大まかな傾向だと考えて頂ければと思います。

たとえノーマルプランでもきちんと集客・応募獲得できる案件もあるのです。

【まとめ】枠得ノーマルプランでも称賛のある案件は存在する

まとめとしては、たとえ枠得ノーマルプランであったとしても、応募獲得がきちんとできる、戦うことの出来る案件があるということです。

長いこと継続していかないと正しいデータは導き出せません。

全体的な傾向としては、やはり

  • 短期案件
  • 短時間案件
  • 単発アルバイト案件
  • デスクワーク系

こうした案件は応募獲得しやすく、ノーマルプランのように下位表示でも十分、他の案件と戦える可能性があるということです。

本日のまとめ

タウンワーク枠得ノーマルプランはたくさんの案件を掲載して幅広く応募を募っていくスタンスのプランになります。基本的にはたくさんの案件を載せることで方向性としては正しいですが、その中でも短期単発案件を含めていくと、より全体のコンバージョンが上がります。まずは枠得に掲載して、採用単価を下げてあげる。採用完了できれば経費は安く済みますし、追加で募集掲載することになったとしても、最低限の費用で済みます。是非、枠得プランを有効的・効率的に使用しましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com