タウンワークネットにおけるオプション紹介【4週】【2週】プラン

求人メディア

タウンワークネット4週プランと2週プラン、どちらがオススメですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・タウンワークネット4週プランと2週プランってなに?
 ・いくらくらいかかるの?
 ・どういう場合にオススメですか?
 ・4週と2週、どっちがいい?

タウンワークのオプションプランの中に、2つのプランがあります。

  • タウンワークネット4週プラン
  • タウンワークネット2週プラン

基本的な内容はどちらも同じですが、詳細と効果検証の結果を書かせていただきます。

タウンワーク4週・2週プランについて

タウンワークネット4週プラン・2週プランについては過去記事に書かせていただきました。

タウンワークが紙面ではなくネットを意識したメディアに変わりました

ポイント
タウンワークの雑誌に1回だけ掲載をして、タウンワークネットの方は長期掲載をするオプションです。
 ・ネットに4週間掲載してもらう「4週プラン」
 ・ネットに2週間掲載してもらう「2週プラン」

採用コストを抑えたいけど、長期掲載をしたいという目的のある場合に薦められるプランです。

  • 採用難易度が高め
  • 採用コストを抑えたい
  • 採用まで急いでいないけど広告は出しておきたい
  • タウンワークで募集をしたい

そういったケースにピッタリ合うプランです。

長期掲載するほどお得な料金設定

ネットメディア全般に言えることですが、基本的には長く掲載するほどお得な料金プランです。

引用 リクルートメディアガイド

タウンワークネットも同じで、2週プランを2回使うよりも、4週プランを1回使う方が断然お得です。

応募結果について

長期掲載はお得な料金プランになっていますが、安ければいいというものでもありません。

安くても、応募がなければ意味がありません。

いくつかの原稿を運用した結果をまとめました。

今回は採用難易度が高く、苦戦している案件にタウンワークネットの長期プランを使いました。

プラン
(エリア)
1週目2週目3週目4週目
TWネット2週(岐阜県K市)
TWネット2週(岐阜県S市)
TWネット4週(愛知県N市)
TWネット4週(愛知県K市)
TWネット2週(岐阜県S市)
TWネット2週(愛知県N市)
TWネット2週(愛知県K市)
TWネット2週(愛知県N市)
TWネット2週(石川県N市)
TWネット4週(愛知県I市)
インターネット経由での応募数

過去記事に、同じ原稿を継続掲載しても効果は良くないと書いたことがありますが、そのままでした。

求人誌を1ヶ月使い続けて応募効果60%ダウン、2ヶ月は95%ダウン

課題は掲載順位の問題

長期での掲載はとても魅力的ですが、デメリットもあります。

掲載週ごとに新しい案件がどんどん掲載されるので、表示順位は下がっていくのです。

メリット・デメリットを比較して、4週プラン・2週プランを使用するかの検討が必要です。

もう一度、メリット・デメリットの振り返りです。

メリット
・長期掲載ほどお得な掲載ができる
・誌面の良さと、ネット面の良さの両方を備えている
デメリット
・掲載順位は週ごとに下がる一方
・期間の長さの短小しかオプションプランの選択肢がない
・一度掲載した原稿は掲載最終日まで変更・修正ができない

【まとめ】効率がいいのはタウンワークネット2週プラン

応募結果、特性を考えた場合、タウンワークネット4週プランよりも、2週プランの方が効果的です。

  1. 4週プランの応募状況(3週目からの応募がない)
  2. 2週プランでも2週目は結果が大きく落ちる
  3. 連続掲載は好ましくない
  4. 掲載順位の問題
  5. 4週プランの方はお得に見えるがコスパは悪い

4週プランで掲載するくらいであれば、間を空けて2週プランを2回おこなうほうが得です。

まとめ
 ・タウンワークネット4週プラン、2週プランはネット掲載の期間の長さだけが違う
 ・誌面1回掲載に対してネット掲載が4週か、2週かの違いだけ
 ・長期掲載によるデメリットはかなり大きい
 ・値段だけでプラン設定をしてはいけない

本日は以上です。

スポンサー広告