求人広告メディアのプランの1つを客観的な目線で考え直してみた

求人メディア

求人メディアを取り扱う会社によってさまざまですが、本プランとオプションプランとに分かれるものがほとんどです。たとえば、求人サイトに掲載してオプションでindeed連携を進めたり、求人誌に掲載をしてオプションでインターネットに掲載をしたり、細かい内容を挙げればキリがありません。そんな中、たまたま会社で取り組んだプランの中に気になる所があったので記事にしてみました。

【前提】本記事はメディアの効果や存在意義を否定するものではありません

今回は冷静になってプランの中身を見つめなおすという記事です。

もちろん、求人メディアそのものを否定するものではありません。

価格設定だとかプラン内容を見て僕が思うことを記事にさせて頂いただけです。

中身内容に触れた後に、こういった状況の場合に適切なのではないかということを書きたいと思います。

ジョブオプLite Indeedのパッケージ(リクルート)

まず1つはオウンドパックと呼んでいるリクルートの商品です。

出典 リクルートメディアガイド

タウンワークに掲載すると、それに付随してジョブオプLiteという自社の採用ホームページが開設されます。本プランはタウンワークに掲載することだと言えます。そのなかで、オプションプランであるオウンドパックが気になりました。

出典 リクルートメディアガイド

気になったのは、ココでした。

インディードに連携してもらう金額は4種類あります。

  • 20,000円
  • 30,000円
  • 40,000円
  • 50,000円

これらの金額を追加オプションとして支払うことでindeedでの露出が増え、集客力upに繋がるというプランです。では実際に、どれくらいの効果があるのでしょうか。

indeedは運用型の広告です。「1クリック=●●●円」という設定です。1クリック50円に設定したと仮定してみます。

  • 最下限の20,000円の場合 ÷ 50円=400回クリックで消化
  • 上限の50,000円の場合でも ÷50円=1,000回クリックで消化

1クリック100円の設定であれば、単純にその半分となってしまいます。

確かに集客力はアップしますが、応募獲得を考えると少しハードルが高いかもしれません。

タウンワークiプラス(リクルート)

もう1つはタウンワークiプラスのオプションです。

出典 リクルートメディアガイド

タウンワークのオプションプランになります。

iプラスは三段階用意されていますが、すべてモバイルセットというプランに紐づいています。

出典 リクルートメディアガイド

このプランのなかで気になったのはココでした。

ベースとなっているモバイルセットは4,000円でした。

出典 リクルートメディアガイド

iプラスの価格との差を考えてみると、

出典 リクルートメディアガイド

iプラスでindeedに投下される金額は、8,000円-4,000円=4,000円だけです。

最上位プランのiプラス3であっても、16,000円-4,000円=12,000円となります。

先ほどのものと合わせて考えてみると、ほとんど気休め程度となってしまいます。

【まとめ】オプションは価格だけでなく実態を見ましょう

今回はオプションプランを裏側から見てみたいと思って少し計算してみました。

最近はindeedへの連携だとか、indeedに関するオプションがとても多くなってきました。

タウンワークのオプションを否定する記事ではありません。これだけの少ない金額の投下で満足な結果が得られるかどうかは別の問題です。

募集人数に対する広告費投下のバランスをよく見てもらって、状況次第ではもっとindeed内での露出が増やせるようなオプションの導入も必要になります。比較して決めていくべきです。

本日のまとめ

本日はジョブオプライトとiプラスという2つのオプションプランについて考えてみました。広告におけるマージンを全く考えずに計算してみましたが、インディードに使われる広告費となると本当に微々たるものです。採用人数をきちんと考えた上でオプションプランの選定を行うべきです。最低でもオウンドパック40,000~50,000円のプランにした方がいいです。iプラスは、本当に気休め程度でしかありません。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com