求人ボックスの原稿改善でも効果がダメならクリック課金広告を運用しよう

アグリゲート型サイト

このブログで記事にしたこともありますが、indeedと同じタイプのアグリゲート型求人サイトの1つである求人ボックスの効果改善を図ろうとして原稿内容を見直ししたことがあります。その後、どのようになったのかを一度お伝えした方が良いと思い、再度記事にしてみました。本日は求人ボックスの直接投稿に関する話題です。

求人サイト案件の効果改善の方法って2通りしかありません

求人ボックスだけに限らず、indeedもそうですが、アグリゲート型求人サイトに掲載されている案件で効果を出そうと思うと、実は2通りしかありません。

結構シンプルな話ですね。

  1. 原稿内容自体を見直すこと(文章内容・待遇)…無料でチャレンジ出来ます
  2. クリック課金広告を積極的に運用して閲覧数を伸ばすこと…有料でのチャレンジとなります

二択です。本当に、これしかありません。

でも実は無料でも、有料でも共通点が1つあります。

露出を上げて、閲覧数を稼ぐところからスタートします。

そして結果的にコンバージョン(応募獲得)に繋がるように取り組むのです。

原稿内容改善は過去に取り組みました

原稿内容の見直しについては、すでに過去に取り組みました。

過去記事になりますので、お時間のある方はお読みください。

原稿内容の見直し行いましたが、実は問題点というか、1つだけ課題があります。

自分が改善したつもりでも、残念ながら改善になっていないケースが多々あるということです。

直したことで閲覧数がどのようにアップしたのか、直したことが閲覧数の増減の本当の原因なのかが分からないからです。

ここに関しては断言が難しいものです。

1番手っ取り早い、効果的な方法はクリック課金広告の導入

実は一番手っ取り早くて、さらに効果が挙げられる方法はクリック課金広告の導入しかないのです。

管理画面から設定ができます。

出典 求人ボックス

案件ごとに課金設定ができます。案件の右側にオプション設定のボタンがありますので、そこから入っていきます。

出典 求人ボックス

あとは金額設定をして有料配信するだけです。

1日500円が最低金額となります。また、クレジットカード決済のみ受け付けとなっています。

出典 求人ボックス

有料広告配信の停止も随時できます。日ごとの運用ができます。予算に合わせて設定をしていけばいいだけです。

【まとめ】有料広告配信は最後の手段

基本スタンスとしては、まず無料でやるべきことやって、その後お金をかけていく方向性でいいはずです。

まずは原稿改善の内容などの出来ることから進めていくべきです。

クリックによって広告費を消化していく形式の有料オプションは、基本的には最後の砦みたいなものです。

何事もできることからコツコツと!頑張りたいものです。

本日のまとめ

求人サイトに掲載しても、いまひとつ効果が出ないときは原稿改善をするべきです。案件本文の増量や、募集条件の見直しなど、やるべきことはたくさんあります。今回は、求人ボックスの直接投稿の話題ですが、いろいろ取り組んでみても、どうしてもダメという場合は、クリック広告の有料オプションを使ってみましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com