応募が0件の求人ボックスの原稿を改善して応募獲得を目指してみました

アグリゲート型サイト

求人ボックスの原稿改善をするときのポイントを教えてください

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・原稿改善の方法は?
 ・求人ボックスってどんなサイト?
 ・直接投稿とそうでない案件の違いは分かる?
 ・原稿改善して成果につながった?

indeedはアグリゲーションサイトでは、国内No.1の地位にあります。

2番手として名前が挙げられるのは求人ボックスです。

indeedと求人ボックスの実力差は大きいですが、求人ボックスで応募を獲得するため運用してみました。

求人ボックスとindeedの実力差

現時点では、アグリゲーションサイトといえばindeedが一強です。

そのため、他のアグリゲーションサイトには目が行きにくいものです。

過去記事で、indeedと求人ボックスを比べたことがあります。お時間のある方はお読みください。

【アグリゲーションサイト】indeedと求人ボックスの違い【比較検証】

過去記事のまとめ
・サイト回遊という点で求人ボックスは優位
・求人サイトとしては閲覧や利用者数の方が重要な数値なので、indeedの方が実力は上
・indeedと求人ボックスは大きな差がある

直接投稿とそうでない案件の違い

今回は求人ボックスのなかでも直接投稿の原稿の改善をおこないました。

求人ボックスの直接投稿は意外と手間がかかる上に、indeedより審査が厳しいです

求人ボックスへの掲載は2通りに分けられます。

  • 直接投稿された案件(管理画面から入力)
  • 直接投稿ではない案件(クローリングしてきた案件・フィード送信された案件)

直接投稿された案件

一覧表示自体は、直接投稿された案件もそうでない案件も見た目は同じです。

引用 求人ボックス

「かんたん応募」と書かれているのは直接投稿の案件です。

直接投稿タイプだと、所定のフォーマットに入力をしていくだけなので、しっかり反映してもらえます。

引用 求人ボックス

直接投稿ではない案件

直接投稿以外の案件は、引用元のサイト名が書いてあります。

  • 会社名(その会社の採用サイトからの転載)
  • 求人サイト名(その求人サイトからの転載)
引用 求人ボックス

求人ボックスでの表示はすごく簡単に行われていて、目立つ箇所は基本的に仕事内容だけです。

引用 求人ボックス

大まかな情報は伝えるので、あとは掲載元の案件を見て応募して下さいというスタンスです。

原稿改善がすぐにできるのは直接投稿の案件

原稿を改善して、すぐ反映してもらうには直接投稿の案件がおすすめです。

オウンドメディアの案件は、すぐに直せますが、すぐに求人ボックスに反映されるわけではありません。

また、規約に沿っていない原稿だと表示されない可能性もあります。

改善パターン
(1)複数パターンの原稿で母集団の形成を狙う(露出を多くして応募獲得を狙う)
(2)1つの案件をじっくり作りこんで、検索上位表示を狙う

求人広告のセオリーは、(2)作り込みです

求人ボックスの内部でも作り込みを推奨しています。

理由は、細かいことまで書いてある原稿は求職者目線に立っていると言えるから

以前、作り込みをして掲載をしましたが結果が出ませんでした。

もう一度、別の視点から作り込みをしなおしました。

引用 求人ボックス
引用 求人ボックス

職場環境が良いということを前面に出してみました。

検証の結果

改善する前の原稿は2ヶ月半で閲覧数が40件、応募が0件という結果でした。

引用 求人ボックス

新しい原稿を投稿して2ヶ月様子をみました。

引用 求人ボックス

閲覧数はほとんど変わっていませんし、応募もありませんでした。

【まとめ】原稿改善をしてもかんたんに応募改善はできない

改善で気を付けたポイント

  • 職種を分かりやすい表記にしました(1つに絞りました)
  • 職場の環境面がいいことを前面に出し、ボリュームを増やしました
  • 最寄駅の検索軸を1本増やしました

求人原稿を作成するときのポイントはいくつかありますが、1番はユーザー目線に立つことです。

求職者の目線に立って、分かりやすい原稿、応募したいと思える原稿を目指した作り込みが必要です。

まとめ
 ・原稿改善の1番のポイントはユーザー目線に立つこと
 ・1回の原稿改善ではなかなか上手くいかないと思った方がいい
 ・成果をすぐに実感したいなら直接投稿の案件で改善をするべき

本日は以上です。

スポンサー広告