【基礎知識】最近のindeedはアグリゲートサイトとは言えなくなりつつある

アグリゲート型サイト

indeedについての基礎知識が知りたい

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・indeedの概略について知りたい
 ・アグリゲートサイトってなに?
 ・一般的な求人サイトとの違いはどこ?
 ・indeedの特徴について

よく言われるindeed(インディード)というサイトの特徴について

  • 2009年にアメリカから日本へやってきた
  • 分類としてはアグリゲートサイトの1つ
  • アグリゲートサイトの中では知名度、売上、サイト規模ともに国内No.1

アグリゲートサイトについて

アグリゲートは英語で書くと「aggregate」、英単語の意味は、「集める」です。

いろんなサイトの求人情報を寄せ集めて作った求人サイトという理解で十分です。

AI(人工知能)が勝手にクローリングして求人情報を集めてくる、そんなサイトでした。

求人サイトはたくさん運営されています。

はたらいく
工場ワークス
タウンワーク

もちろん他にもたくさんあります。

サイトにはそれぞれ特性があって、アルバイト向けから正社員向けまで本当にさまざまです。

求職者のターゲットがそれぞれ違っていたり、職業や職種ごとに特化したサイトもあります。

募集を行う会社は、より案件にマッチしていると思われる求人サイトに掲載をします。

仕事を探す人はいろんなサイトを見に行って、自分の希望にマッチする案件を探します。

いろんなサイトの情報を1つのサイトで閲覧でき、双方にとって手間が省けてしまうのがアグリゲートサイトです。

アグリゲートサイトはほかにも
 ・アグリゲーションサイト
 ・アグリゲート型サイト
 ・アグリゲート式サイト
 ・アグリゲーションタイプサイト
 ・求人検索サイト
 ・求人まとめサイト
などと呼ばれることもあります

indeedは求職者に寄せたサイト

indeedは「求職者」に大きく軸をおいた求人サイトです。

理由は3つあります。

  1. 案件を見るためにサイトを飛び回る必要がない
  2. キーワードと勤務地の2軸だけで検索ができる
  3. 一括応募が可能

実際に仕事を探すと分かりますが、本当に楽です。

希望にマッチするかは別にして、1つのサイトでいろんな求人サイトの情報が見られるメリットは大きいです。

一方で、indeedは純粋なアグリゲートサイトではなくなりつつあります。

理由は、募集内容をindeedに直接投稿して募集を行う傾向にあるから。

実際に、indeedを見てみます。

indeed
引用 indeed

「この求人に簡単応募」と書かれた案件は、indeedに直接投稿された案件でしたが、現在は判別が難しいです。

直接投稿されたものなのかクローリング案件なのか分からないのです。

Indeed Japan社も会社である以上、売上や利益を出さなければいけません。

無料の事業だけでは会社存続ができないのです。

直接投稿したものは無料広告でも運営できますが、より結果を出すにはスポンサー広告が理想なのです。

indeedでの求人掲載は2通りありました。
 ・無料広告枠=オーガニック枠
 ・有料広告枠=キャンペーン枠

定期的に行われるクローリングシステム変更

indeedのクローリングシステムは定期的に細かい仕様変更がされます。

アップデートというのが正しい言い方かもしれません。

変更が行われる度に掲載順位が変わるので大変なのです。

実は、Indeed Japanはクローリングシステムの変更は公式発表することはありません。

特に2020年7~8月にかけての行われたアップデートから大きく変わりました。

クローリング案件が上位表示される機会が減る一方で、直接投稿の案件が上位表示されやすくなった印象を受けます。

indeedの情報はIndeed社の内部の人や、広告代理店の人からも断定という形では教えてもらえません。

推測ではありますが、情報収集したところ、ある程度は的確な回答だと思っています。

データ結果

2020年の7月と8月のデータを比較してみました。

2020年7月 2020年8月
母集団(応募数)319件278件
うち 採用サイト経由(応募数) 145件57件
うち indeed(無料枠)経由51件10件
うち indeed (有料枠)経由41件22件
実際の応募結果

採用サイトで公開している案件をindeedでの有料枠として掲載しています。

7月から8月にかけて、急激にコンバージョン(応募数)が悪くなってしまいました。

ただ、電話で直接応募をもらうケースもあり、正確に判別できないこともあります。

数字だけを見ると、実績としては全体的に落ちています。

募集案件数や経費はほとんど変わっていないので、indeedで別の力が働いたと推測できます。

まだindeedを利用したことがない場合は、一度アカウントを作って直接投稿をオススメします。

とくに経費をかけずに募集したいという会社にとっては、有益なはずです。

クローリングシステムが大きく変更された場合は、どんな会社にとってもチャンスです。

【まとめ】indeedの求人サイト化はますます進む

indeedは純粋なアグリゲートサイトではなくなってしまいました。

最近のindeedは、全体的に有料枠の方が先行していると言えます。

本当のアグリゲートサイトは、クローリングされた案件だけが掲載されているサイトです。

これからますます、本質的には一般的な求人サイトと変わらなくなってしまいます。

ただ、求職者側としては何ら変わりがないので、こうしたことを気にするのは募集する会社側だけの問題とも言えます。

本記事のまとめ
 ・indeedの一般求人サイト化が進行している
 ・直接投稿の方が応募獲得しやすいと言われている
 ・アップデートやサイト内部の情報は一切教えてもらえない
 ・オフィシャルのリリースは基本的にない
 ・定期的なアップデートで今後もindeedの本質は変化していく
 ・いろいろ変化はあるが求職者目線では特に大きな変化はない

本日は以上です。

スポンサー広告