最近のindeedはアグリゲートサイトではありません【基礎知識】

アグリゲート型サイト

indeedはアグリゲートサイトなんですか?

説明させていただきます。

この記事の内容
 ・アグリゲートサイトってなに?
 ・一般的な求人サイトとの違いは?
 ・indeedの特徴について

indeed(インディード)というサイトの特徴

  • 2009年にアメリカからやってきました
  • アグリゲートサイトの1つ
  • アグリゲートサイトの中では国内No.1(売上額)

アグリゲートサイトについて

アグリゲートは英語で書くと「aggregate」

英単語の意味としては、「集める」。

いろんなサイトの求人情報を寄せ集めて作った求人サイトという理解で大丈夫です。

AI(人工知能)が勝手にクローリングして求人情報を集めてくる、そんなサイトでした。

求人サイトはたくさん運営されています。

はたらいく
工場ワークス

タウンワーク など

サイトにはそれぞれ特性があって、アルバイト向けから正社員向けまで本当にさまざまです。

職業や職種ごとに特化したサイトもあります。

募集を行う会社は案件にマッチした求人サイトに掲載をします。

仕事を探している人はいろんなサイトを見に行って、自分の希望にマッチする案件を探します。

各サイトの求人案件がアグリゲートサイト1つで見れるので、楽なのです。

アグリゲートサイトはほかにも
 ・アグリゲーションサイト
 ・アグリゲート型サイト
 ・アグリゲート式サイト
 ・アグリゲーションタイプサイト
 ・求人検索サイト
 ・求人まとめサイト
などと呼ばれることもあります

Indeedは求職者の意向を強く反映した求人サイト

indeedは「求職者」に軸をおいた求人サイトです。

理由は3つあります。

  1. 案件を見るためにサイトを飛び回る必要がない
  2. キーワードと勤務地の2軸だけで検索ができる
  3. 一括応募が可能

実際に仕事を探すと分かりますが、本当に楽です。

希望にマッチする仕事かどうかは別にして、サイト1つでいろんな求人サイトの情報が見られることは想像以上にメリットが大きいのです。

最近のindeedはアグリゲートサイトではない

最近、純粋なアグリゲートサイトではなくなってきたなと感じています。

理由は、募集内容をindeedに直接投稿して募集を行う会社がかなり増えてきたから。

実際に、indeedを見てみます。

indeed
引用 indeed

「この求人に簡単応募」と書かれた案件は、indeedに直接投稿された案件であることが多いです。

案件が増えてきて、「直接投稿+課金」がいちばん成果が出やすいと聞きます。

(indeedのシステム変更によってかんたんに結果が変わるとも言われています)

Indeed Japan社も会社である以上、売上や利益を出さなければいけません。

求人情報を勝手にクローリングして、indeedに掲載しても売上はありません。

そんなサービスを継続したところで事業運営はできないので、クリック広告の存在が大切なのです。

直接投稿したものは無料(オーガニック)広告でも運営することはできますが、より結果を出そうと思えばスポンサー広告に切り替えていくしかないのです。

いずれかは、そういった方向に持っていかれるんだと思っています。

indeedでの求人掲載は2通りあります。
 ・無料広告枠=オーガニック枠
 ・有料広告枠=キャンペーン枠

たびたび変更になるクローリングシステム

indeedのクローリングシステムは定期的に細かい仕様変更がされます。

アップデートというのが正しい言い方かもしれません。

とくに最近、案件をクローリングしてきたものが上位表示される機会が減ったように感じています。そのかわり、直接投稿の案件の方が上位表示されているように感じています。

特に2020年7~8月にかけてのアップデートで大きく変わりました。

実は、Indeed Japanはクローリングシステムの変更は公式発表することはありません。

Indeedの内部の人や、広告代理店の人からも「断定」形式で教えてもらえません。

推測にはなってしまいますが、情報収集した上で、ある程度は的確な回答だと思っています。

データで比較

2020年の7月と8月のデータを比較してみました。

2020年7月2020年8月
母集団(応募数)319件278件
うち 採用サイト経由(応募数)145件57件
うち indeed(無料枠)経由51件10件
うち indeed (有料枠)経由41件22件
実際の応募結果より

僕は、採用サイトで公開している案件をindeedでの有料枠に掲載しています。

7月から8月にかけて、急激にコンバージョン(応募数)が悪くなっています。

電話で直接応募をもらうケースもあり、判別できないこともあります。

数字だけ見れば、全体的に落ちています。募集案件数や経費はほとんど変わっていないので、indeedで別の力が働いたと推測できます。

一度直接入力で勝負してみるのも良い

まだindeedを利用したことがないのであれば、一度アカウントを作って直接投稿をオススメします。

とくに経費をかけずに募集したいという会社にとっては、有益なはずです。

クローリングシステムが大きく変更になったときは、チャンスも大きいです。

【まとめ】indeedは一般的な求人サイトとほぼ変わらない

indeedは純粋なアグリゲートサイトではなくなりました。

本当のアグリゲートサイトは、クローリングされた案件だけが掲載されているサイトです。

最近のindeedは、全体的に有料枠の方が先行しています。

近いうちに一般的な求人サイトと本質が変わらなくなるのではないでしょうか。

ただ、1クリックあたりの課金となることについては、継続して差別化が図れるはずです。

まとめ
 ・indeedの求人サイト化が進行
 ・直接投稿の方が応募獲得しやすい
 ・定期的なアップデートで今後もindeedの本質は変化していく
 ・1クリックごとの課金は独自システム

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告