indeed採用市場レポートは課金した会社だけが利用できる優れた機能

アグリゲート型サイト

indeedの採用市場レポートについて教えてください!

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・indeedの採用市場レポートってなんなの?
 ・どんなことを調べることができるの?
 ・何に対して使える機能なの?
 ・レポートは誰でも見ることができるの?

indeedの管理画面で主に使われる機能は、やはり募集案件の掲載管理です。

・募集案件の作成
・掲載案件の公開、非公開
・案件内容の修正
・応募者の管理
・応募者との連絡(メール送受信)

管理画面から採用市場レポートが閲覧できることはあまり知られていないかもしれません。

本日は採用市場レポートに関する記事を書かせて頂きました。

indeedの管理画面

indeedの管理画面を開くと募集案件の一覧が表示されます。

引用 indeed管理画面

その中に、「アナリティクス」というタブがあります。

クリックすると非常に便利なツールが揃っています。

今回は、僕が管理をしているアカウントの管理画面です。

分析期間は右上(赤線で囲んだところ)をクリックすれば任意の設定が可能です。

自社案件の

  • インプレッション数(表示回数)
  • クリック回数
  • クリック率

が表示されます。

有料広告枠・無料広告枠(オーガニック枠)の合算数値と、それぞれの数値を見ることができます

アナリティクス管理画面を使うことができる会社

さらに下にスクロールしていくと、アナリティクスは基本的に有料出稿をしている会社のためのコンテンツだということが分かります。

一番大きなスペースを割いているのが画像の「スポンサー求人のパフォーマンス」です。

僕は、この管理画面ではオーガニック枠しか運用していないので、費用0がずっと続いています。

アナリティクスが有料出稿をしている会社のためのコンテンツだと思われる他の理由は、

ほとんどが、有料出稿をしないと算出されないデータなのです。

有料出稿をしていなくても気になるのが、採用市場レポートです。

エリアや職種ごとの求人データを参考にしたかったのですが、残念ながら見ることができません。

ある程度の理解はしていましたが、Indeed Japan社に電話してみました。

Indeed Japan側の回答としては2点です。

レポートを見るための条件
・クリック単価を150円以上で運用する
・運用費1,000円以上の金額を設定する

どちらかの条件を満たしていれば、レポートを見ることができます。

indeedにおいて有料広告運用を任せている代理店であれば問題なく見ることができます。

データが必要な場合はその会社にお願いすればいいということになります。

indeedを有効活用したいのであれば、お金を出してくださいというスタンスだと言えます。

採用市場レポートは活用すべき

採用市場レポートを見ることができるなら、自社の採用活動に活用すべきです。

引用 indeed

募集をしようとしているエリアでの募集市況を見ることができます。

職種名・職種カテゴリーか都道府県のどちらかは入力する必要があります。
項目をある程度入力すれば自動選択となるタイプです。

閲覧できる数値データはたくさんあります。

  • トレンド(1.0を基準とした折れ線グラフ)
  • 採用難易度スコア(最大値が100)
  • 求人(件数)
  • 求職者(数)
  • 求人あたりの求職者数
  • 求職者のデバイス(モバイルの割合)
  • 平均給与(額)
  • 採用企業(数)
  • クリック数上位の人気検索キーワード

とくに活用できるのは3点です。

  1. 難易度スコア
  2. 平均給与
  3. 人気検索キーワード

自社の募集条件と比べてあまりにも差が大きい場合は条件の見直しも必要となります。

また、難易度スコアによって他メディアへの出稿、有料オプションの選択も検討すべきです。

そして、人気検索キーワードを散りばめた文章を作るべきです。

活用方法はいくらでもあります。

人気キーワードを混ぜた求人原稿で閲覧数の高いサイトをつくるべき

ドラEVER

【まとめ】採用市場レポートは課金していないと見れない

採用市場レポートを使えば、エリアや職種の単価などを調べることができます。

それ以外にも、いろいろなレポートがありますが、有料広告を出稿した会社のための機能が多いです。

採用市場レポートの項目は、

・採用難易度スコア
・求人
・求職者
・求人あたりの求職者数
・求職者のデバイス
・平均給与
・採用企業
・人気検索キーワード
・人気採用企業

このような内容でした。

詳細はindeedのなかに説明がありますので、リンク先を参照ください。(リンク先はこちら

有料広告が条件ですが、そんなにハードルは高くありません。

どうしても見たい場合は少しだけ課金してみてデータ閲覧できるようにするのも1つの方法です。

それ以上のメリットが採用市場レポートにはあります。

また現時点で課金をしていなくても、直近課金したことがあれば見れました。(今回は1ヶ月前の実績)

まとめ
 ・indeedの管理画面のなかに採用市場レポートという機能がある
 ・レポートのなかで、採用難易度スコア・平均給与・人気検索キーワードは特に参考になる
 ・重要なデータは有料広告を運用していないと見ることができない
 ・閲覧条件は①クリック単価150円以上で運用、②運用費1,000円以上の設定のどちらか
 ・1ヶ月前に課金していれば間違いなくレポートは見ることができる

本日は以上です。

スポンサー広告