インディードの採用市場レポートは課金した会社だけが利用できる機能

アグリゲート型サイト

僕がindeedの管理画面のなかで主に使っているのは、募集案件の掲載管理のページです。案件を公開にしたり、非公開にしたり、内容を修正したり、応募者の対応をしたり、そんな使い方です。採用レポートのページについては正直あまり利用していないというか、閲覧することがありません。本日は採用市場レポートに関する記事を書かせて頂きました。参考程度にお読みいただければと思います。

indeedの管理画面について(アナリティクス)

indeedの管理画面を開くと掲載案件の一覧が表示されます。

引用 indeed管理画面

その中に、「アナリティクス」というタブがあります。

クリックすると非常に便利なツールが揃っています。

今回は、僕が運営しているアカウント(直接投稿をしているアカウント)の管理画面になります。

分析期間は右上にあるところ(赤線で囲んだところ)をクリックすれば任意で設定できます。自社の案件に対して、インプレッション(表示)が何回あって、どれだけクリックされたか、クリック率まで表示されています。有料広告・無料広告の合算と、それぞれの数字が見れるようになっています。

僕は全てオーガニック枠で運営していますので、合計=オーガニック(無料)となっています。

アナリティクス管理画面は有料広告出稿企業のためのもの?

そこからさらに下にスクロールしていくと、アナリティクスのところは基本的に有料広告を出稿している会社のためのページではないかなと思わされます。

そのなかで一番大きなスペースを割いているのが画像の「スポンサー求人のパフォーマンス」になります。僕は、直接投稿としてはオーガニック枠しか運営していませんので、このような費用0がずっと続いています。

アナリティクスは有料広告を出稿している企業のためのものではないかと感じる他の理由としては、

あれもこれも有料出稿をしないと出ないデータなのです。

実は僕が一番見たかったのは、採用市場レポートです。エリアや職種ごとの求人データを参考にしたかったのですが、残念ながら見れないのです。

なんとなく理解はしていましたが、ダメ元でindeedに電話してみました。

indeed側の回答としては、クリック単価150円か運用費1,000円以上の金額を設定した会社だけが見れる機能とのことでした。ということは、indeedのキャンペーン運用を任せている代理店であれば問題なく見れていますので、どうしてもデータが必要な場合はその会社にお願いして出してもらえばいいということになります。

とにかくいろいろindeedを有効活用したいのであれば、お金を出しましょうということです。

【まとめ】採用市場レポートは課金しないと見れない

indeedの管理画面(アナリティクス)には採用市場レポートがあります。

エリアや職種の単価などを調べることができる優れものなんですが、実は有料広告を出稿しないと見ることができないのです。採用市場レポート以外にも、アナリティクスの中にはいろんなレポートがありますが、基本的に有料広告を出稿した会社のための機能なのかもしれません。

採用市場レポートの項目内容としては、

  • 採用難易度スコア
  • 求人
  • 求職者
  • 求人あたりの求職者数
  • 求職者のデバイス
  • 平均給与
  • 採用企業
  • 人気検索キーワード
  • 人気採用企業

このような項目内容です。

詳細はindeedのなかに説明がありますので、リンク先を参照ください。(解説のされているindeedのページはこちらです。)

有料広告とはいっても、そんなにハードルは高くないのでどうしても見たい場合は少しだけ課金してみてデータ閲覧できるようにするのも1つの方法かもしれませんね。

本日のまとめ

本日はindeedの管理画面の中でも、とくに「採用市場レポート」について記事を書かせていただきました。採用市場レポートのなかでも、採用難易度スコア・平均給与・人気検索キーワードは特に参考になります。データを見るためのハードルは高くありませんので、少し課金して課金額以上のメリットが得られれば結果的には全て丸く収まるかと思います。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com