人材事業会社パソナが運営する早期退職者の再就職支援制度について

人材サービス
この記事の内容
 ・パソナってどんな会社?
 ・早期退職者向けの再就職支援制度ってなに?
 ・再就職支援制度は活用できそう?

人材サービス事業を行っている会社の大半は人材派遣や業務請負といった内容がメインです。

本日は派遣でもなく、請負でもなく、少し違った領域の事業内容の記事です。

パソナについて

正式な社名は株式会社パソナ、人材サービスを主要事業とする会社です。

かんたんに言えば「人材派遣」・「業務請負」という内容です。

派遣を前面に出していますが、そこから派生して人材紹介事業も展開しています。

概要
・本社は東京都千代田区
・1988年設立
・資本金1億円

本社機能の一部を淡路島に移転したことでも知られています。

再就職支援制度について

再就職支援制度については、個人では利用することができません。

再就職支援会社を利用するには、在籍する企業が再就職支援会社と契約を締結することが必要です。個人でのお申し込みはできません。 再就職支援会社のサービスを利用できるのは、お仕事を探している方の約1%にすぎません。個人で活動している方と比較すれば、大変有利な就職活動と言えます。

引用 パソナキャリア

分かりやすく書き直してみました。

会社の事情により人員削減がやむを得ないときに、その会社が従業員の雇用確保のために再就職支援会社に依頼して再就職のサポートしてもらう契約を結びます。再就職支援会社に求人票を出して、応募を受け付けたり、採用をすることはすべて無料でできますが、支援会社にお願いをした会社は諸費用を負担することになっています。

公式サイトに図解が載っていましたので、お読みください。

メリット
・従業員の雇用確保のために有効的な方法(求職者目線)
・再就職支援会社は就職斡旋のプロ集団、ネットワーク活用ができる(求職者目線)
・独自の求人を持っている(求職者目線)
・専任コンサルタントからさまざまな面でフォローしてもらえる(求職者目線)
・コンサルタントが候補者の情報を相手企業に直接アピールするケースもあり(求職者目線)
・無料で求人募集ができる(受け入れ先企業目線)
・特定の職種に特化した登録者の存在(受け入れ先企業目線)
・面接日時の調整、選考結果の通知までを代行してもらえる(受け入れ企業目線)
・会社説明会(ジョブフェア)を開催して、母集団形成を促す場合もある(受け入れ企業)
デメリット
・希望年収が一般的な相場よりも上であることが多い(受け入れ先企業目線)
・登録者の年齢層は比較的高め(受け入れ先企業目線)

【まとめ】募集側は再就職支援制度を活用すべき

人材募集をする会社にとって、無料で求人募集ができることは大きなメリットです。

年齢や、希望年収が平均より高く、マッチングまでに時間はかかりますが、候補者がいるなら母集団形成の方法の1つとして考えておくべきです。

再就職支援制度は依頼をかける会社をベースに考えた場合、あまり好ましくない最終手段です。

事情があって雇用継続ができないのですから。

今回の記事はパソナが取り組んでいることを書きましたが、大手の人材サービス会社は取り組んでいるところも多いです。

人材確保・人材採用に頭打ちの会社は導入してみてはいかがでしょか。

まとめ
 ・再就職支援制度は雇用継続ができないスタッフの受け入れ先を見つけてもらう制度
 ・再就職支援制度はスタッフの受け入れ企業は無料で活用ができる
 ・受け入れ先の企業や求職者からの視点ではメリットも多い
 ・再就職支援制度はあまり好ましくなく、本来は使わないような健全経営を行うことが大切

本日は以上です。

スポンサー広告