求人サイトの原稿はスマートフォンを片手に原稿作成がオススメです

採用について

最近はオウンドメディアやインディードの直接投稿などの浸透も進んできたこともあり、求人サイトの原稿を採用担当者の人が自分で作るケースが増えてきました。採用のカテゴリーの中で、NGワードとして理解されているワードはもちろん使ってはいけませんが、「自己責任」ということで、好き勝手に作っていけるという点では非常に面白い仕事です。今日は、原稿を作るときに少しだけやってみるといいことを書かせていただきます。参考程度にお読みいただければと思います。。

原稿を自分で作るときに気を付けるべきポイント

僕が、原稿を作るときに気を付けている特に大きなポイントです。

  • 待遇面は絶対に間違ってはいけない(特に給与の数字
  • 就職差別に発展しかねない言葉は使用を避ける
  • より検索ヒットしやすいようにいろいろなワードを混ぜて使う

この3点については、原稿内部の問題です。

原稿のビジュアルの問題として、写真を挿入した方がいいということについては過去記事にも書かせていただきましたので、お時間のある方はお読みください。

スマホからのビジュアルはとっても大切

ここ最近のトレンドとして、写真と同じく大切だと言われているのが原稿内の文章の読みやすさです。

難しい単語を使うから読みにくい、簡単な単語を使うから読みやすい、そういったことではなくて文章の改行などの問題です。手持ちのスマートフォンから見て、1文1文が適度な長さかどうか、改行が適度にされているかどうか、という問題です。判断基準はパソコンではなく、スマートフォンなのです。

とくに最近の若年層はとにかくスマートフォンですので、傾向が逆に進むことはまずありません。

ポイントは、

  1. 文章は端的に分かりやすく表記すること
  2. 適度に改行を行うこと
  3. 親切心でつくる細かすぎる原稿内容はあまり意味がない

実際の原稿で見比べてみました

実際に原稿を見てみます。今回はリクオプの原稿を使います。

サンプル事例①

パソコンから原稿の一部を見てみました

パソコン画面から見たリクオプ原稿の一部

同じ原稿をスマートフォンから見てみました。

スマートフォン画面から見たリクオプ原稿の一部

サンプル事例②

パソコンから見た原稿です。

パソコン画面から見たリクオプ原稿の一部

スマートフォンから見た原稿です。

スマートフォン画面から見たリクオプ原稿の一部

サンプル事例③

パソコンから見た原稿です。

パソコン画面から見たリクオプ原稿の一部

スマートフォンから見た原稿です。

スマートフォン画面から見たリクオプ原稿の一部

原稿作成時の管理画面はこのようになっています。

引用 リクオプ管理画面

見ばえを変えてみました

サンプル事例①を修正しました

改善前の原稿です。

改善後の原稿です。

サンプル事例②を修正しました

改善前の原稿です。

改善後の原稿です。

サンプル事例③を修正しました

改善前の原稿です。

改善後の原稿です。

スマートフォンの画面を意識して文章を作ってみましたが、まだまだ改善の余地もありますね。なお、今回のスマートフォンはiPhone11の端末で見ています。

【まとめ】画面サイズで改行箇所に大きな違いがある

同じ原稿でも改行の場所が全然ちがうことが簡単に分かります。

僕は専門家ではないのでPCの画面サイズがどれくらいで、スマホだとどれくらい、といったことは分かりませんし、考えたこともありません。サイズが違うので、表示も異なるということくらいは理解しています。

3本の原稿を見てみましたが1行1文で3行くらいの量が理想的かもしれません。一時期は、用意されているスペースの文字数を全部使って、とにかく細かく原稿を作成することが理想とされていた時期もありますが、現在は様子が少し変わってしまったようです。

原稿を作成する場合は、スマートフォンの表示も意識するべきです。

とはいっても、人それぞれ好みがありますし、なによりデバイスによる表示の違いがありますので、あまり表示だけを意識し過ぎて、そこばかりに時間を費やすのはオススメできません。

本日のまとめ

本日は原稿作成上での最近のトレンドを記事にしてみました。以前は、原稿はとにかく細かく、仕事内容や職場が手に取るように分かるくらいに書くことが理想とされていた時期がありました。ただ、最近がスマートフォンの普及も大きく進み、スマホでの見やすい表示がより重視されつつあります。もちろん人によって好みや使用デバイスが異なりますので、100%のニーズをつかむことは難しいですが、トレンドは意識しておきたいものです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告