応募を集めやすくする求人原稿の作り方のポイント【indeed編】

コラム

indeedで目立つ原稿を作りたいです。

アドバイスさせていただきます。

なぜ目立つ原稿を作りたいかというと、

目立つ原稿の方が、目立たない原稿よりも応募を獲得しやすいという考え方があるから
この記事の内容
 ・なぜ原稿を目立たせたいの?
 ・目立つ原稿にするには?
 ・目立つ原稿ってこんな感じ
 ・indeedで目立つ原稿にするには?

求人メディアでは原稿のビジュアル面が果たす役割は大きいです。

求人誌の場合はテキストよりも、まず写真に目が行きがちです。

求人サイトであっても同じことが言えます。

仕事検索の条件が大雑把な人ほど、その傾向が強いです。逆に検索条件が明確な人は、ビジュアルに左右されない傾向が強いです。

求人メディアのビジュアルが大切な理由

求人原稿のビジュアルは本当に大切です。

サイトを運営する広告会社から言われます、自分が求人誌や求人サイトを見ていても感じます。

実際にタウンワーク(求人誌)で見比べてみます。

出典 タウンワーク

パッと見比べるために他の原稿を消してみました。

色使いにもよりますが、ふつうはイラストや、ロゴ・写真の入っている原稿に目が行きがちです。

次はバイトルのサイトで見比べてみてください。

出典 バイトル

タウンワーク求人誌と同じように、ふつうは写真のある方にまず目が行くものです。

注意
効果が見込めるのは、「仕事探しの条件が明確でなく、志望度があまり高くない人」の場合です。
仕事探しの条件が明確な人は、重視している項目で探したり、会社名で探すので原稿のビジュアルにはあまり左右されないことの方が多いです。

indeedのビジュアルについて

indeedで見比べてみます。

出典 インディード(スマートフォン表示)

タウンワークやバイトルと同じように写真付きの原稿の方に目が行きがちです。

モバイル端末とPC端末とでは表示が異なります。パソコンから見ると、写真は表示されません。

出典 インディード(パソコンでの表示)
・indeedはデバイスによって表示が違う
・パソコンから見ると写真は表示されない

indeedで写真を表示する方法(直接投稿)

原稿作成のときに写真をアップロードするだけで完了です。

いろいろな写真を表示してもらうために、いくつか登録だけはしておくといいです。

画像ファイルのサイズ容量には上限がありますので注意です。

写真やイラストが用意できないのであれば、フリーランスの人に作成してもらうのも方法です。

▶▶ 発注者・受注者ともに登録者が増えているココナラ ◀◀

【まとめ】まずは写真やイラストを掲載して見てもらうこと

人間は目立つ方に目が行きます。

行きたい会社が決まっている応募者、やりたい仕事がきちんと明確になっている応募者にはあまり通用しないかもしれませんが、原稿の「入り」の部分では効果を発揮してくれます。

まずは目にしてもらい、応募獲得に繋げましょう。

本記事のまとめ
 ・求人原稿の見た目ってとても大切
 ・indeedでは原稿ごとに写真設定ができてカンタン(直接投稿の場合)
 ・まずは見てもらうことから、見てもらわないと始まらない

本日は以上です。

スポンサー広告