求人広告会社や求人広告代理店の選び方について【1社に絞るリスク】

コラム

求人広告の会社や代理店ってたくさんありますよね。

どのように選んでいますか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・求人広告はどういった視点で選ぶものなの?
 ・直販店ってどういった会社なの?
 ・代理店ってどういった会社なの?
 ・直販店と代理店ってどっちが優れているの?

求人広告を出稿したい場合は、求人広告会社を通じて出稿することなります。

求人メディアを選定するのは難しい問題でしたが、どこの会社に出稿を依頼するかも難しい問題です。

主要なメディアの会社さんとは、だいたい一緒にお仕事をさせてもらったことがあります。

広告会社と付き合うときに出てくる悩みを書かせて頂きました。

求人広告会社は大きく2つに分類が可能

求人広告の会社は大きく2つに分けられます。

  • 直販店(その求人メディアを運営、発行している会社)
  • 代理店(1つの会社の商品を取り扱うケースと複数の会社の商品を取り扱うケースがある)

運営するメディア会社の方針によって代理店の数は異なりますが、メディアの規模が大きいほど代理店が参入しているケースが一般的です。

以前は、代理店によって価格設定(割引額)が違ったり、原稿校了のリミットが異なったりしたこともありましたが、現在は基本的に横並びになっていることが多いです。

価格が違うことで生じる不公平な取り扱いや顧客の奪い合いを避ける目的があります。

メリット・デメリット

直販店にしても、代理店にしてもメリット・デメリットは必ずあります。

直販店のメリットはその求人メディアに特化していて、ビッグデータを持っていること。

逆に、1ブランドしか取扱いができないのは大きなデメリットでもあります。

例えば、リクルートの直販店を通じて、マイナビや、バイトルに掲載することはできないのです。

結果が出ようが、出まいが、掲載するメディアを変えることができないのです。

幅広い代理店契約を結んで、色々なメディアに掲載できますという強みを持った会社もあります。

ただし、そういった会社でも掲載できないメディアはあるのです。

リクルートはとくに縛りがきつく、リクルート商品を扱う場合は制限も多いようです。
直販店のメリット
・そのサイトに特化している
・代理店に比べて、広告費を安く掲載できることもある
直販店のデメリット
・効果が出せなくてもその会社のメディアしか選択肢がない
・別の会社が運営するメディアの営業を(その会社では)受けられない
・別の会社が運営するメディアに掲載するなら、新しい会社と取引しなければならない

一番のメリット・デメリットで比較

直販店にしても代理店にしても、営業提案を受けるときに言われる営業トークがあります。

直販店
代理店にはない情報量を持っているので、安心して取り引きして頂けます
代理店
複数のメディアから最適解を見つけて掲載できるので、コスト面や労力の面で協力できます

直販店は安心・信頼感、代理店はコスト面を前面に出してきます。

何を重視するのかは人によって異なります。

僕は、安心・信頼よりもリアルタイムで正確な情報が欲しいので、直販店と仕事をさせてもらうケースが多いです。

リクルートの代理店は、リクルート商品しか扱えないというケースが多いです。

効果が出ていないときに違うメディアを扱う会社にお願いをするしかなく、結果が全部共有しきれないのが残念です。

リクルートはリクナビ・リクナビNEXT以外のメディアで直販制度をなくしていた経緯がありますが、最近少しずつ復活させていて、直販店としての業務に戻しつつあります。(2023年1月現在)

直販店の販売業務復活の動きについてはこちらをお読みください。

【まとめ】直販店・代理店ともに取引口座は複数持っておくべき

直販店が優れていて、代理店が劣っているなんてことは全くありません。

それぞれの会社によって持ち味が異なるだけです。

僕は、コスト面や労力の軽減よりも豊富な情報を重視していますので、直販店と多くお付き合いしています。

もちろん代理店とも一定数お付き合いはしています。

いろいろな情報を多角的に取っていきたいなら、やはり情報収集できる会社数を増やしておくべきです。

採用のPDCAサイクルを回す上で、物事を客観的に見ることはとても大切です。

A社とB社でそれぞれ別のことを言うといったことも多々ありますので、1つの情報に流されないように注意すべきです。

本記事のまとめ
 ・直販店はそのメディアを運営する会社が販売もしている場合を指す
 ・代理店は代理店契約のもとでメディア販売を行なっている会社を指す
 ・直販店は安心、信頼感を前面に出している
 ・代理店は効率、価格面でのメリットをメリットを前面に出している
 ・どちらが優れている、劣っているなんてことはない
 ・業務の円滑な運営のために、複数の会社と口座を持っておくべき

本日は以上です。

スポンサー広告