会社のみなさんは求人広告会社とどのようにお付き合いしていますか

コラム

求人広告を出稿しようと思うと、ふつうは求人広告会社を通じて出稿することなります。僕自身、たくさんの広告会社の方とご縁をいただき、現在にいたります。主要なメディアの会社さんとは、だいたい一緒にお仕事をさせてもらっています。広告会社さんと付き合うことで生じる悩みみたいなものを書かせて頂きました。参考程度にお読みいただければと思います。

求人広告会社って大きく2つに分けられます

求人広告の会社って大きく2つに分けられます。

人や会社によって呼び方は違いますが、一般的には

  • 直販店(A会社の商品だけを取り扱う)
  • 代理店(1つの会社の商品を取り扱うケースと複数の会社の商品を取り扱うケースとがある)

2つに分けられます。運営するメディア会社の方針によって代理店の数は異なりますが、メディア会社の規模が大きくなればなるほど代理店が参入しているケースが一般的だと言えます。

ひと昔前は、代理店によって価格設定(割引金額)が違ったり、原稿校了のリミットが異なったりした時期もありましたが、いまは基本的に横並びになっていることが多いです

価格が違うことで生じてしまう不公平な取り扱いや顧客の無理な奪い合いをさける目的があります。

どちらにしてもメリット・デメリットがあるもの

直販店にしても、代理店にしてもメリット・デメリットは必ずあるものです。

原稿を出稿する立場からいえば、直販店のように1ブランドしか取扱いがない状態は大きなデメリットになります。

例えば、リクルートの直販店がマイナビの商品や、ディップの商品を販売することはありません。

そのため、結果が出ても、出なくても、その直販店に仕事を発注している限りは1つの会社の商品にしか掲載することができないのです。もちろん契約があるので、仕方のないことです。

もう少し分かりやすく書きなおしてみます。

リクルートの直販店を通じて、タウンワークやリクナビなどリクルートの商品に掲載することは可能です。でも、マイナビやバイトルには掲載することはできないのです。

その逆を突いて、幅広い代理店契約を結んでいるので、色々なメディアに掲載できますよという強みを持っている会社もあります。ただし、リクルートだけは縛りが強いようでリクルート商品を扱う場合は制限も多いようです。

広告を出稿する側のいちばんのデメリット

出稿する立場から見た一番のデメリットは、やはり1ブランド内でしか掲載ができないことです。

特に満足な応募効果が得られない場合に一番困ります。

  • 効果が出せなくてもその会社のメディアに掲載しなければならない
  • 他のメディアの営業提案を受けることができない
  • 他メディアの商品に掲載できないので単純な比較すらできない
  • 他メディアに掲載するのであれば、新しい会社と取引しなければならない

こういったことが挙げられます。

一番のメリット・デメリットで比較してみる

直販店にしても代理店にしても、営業提案を頂くときに言われる営業トークというか、うたい文句があります。

代理店にはない情報量を持っており、安心して取り引きして頂けます

複数のメディアに掲載することができるので、コスト面や労力の面で協力できます

直販店は情報量含めた信用・信頼、代理店はコスト面(割引・労力)を前面に出してきます。

何を重視するのかは人によって異なります。

僕自身は、信用信頼というよりもよりリアルタイムで正確な情報を重視していますので、直販店とお仕事をさせて頂くケースが多いです。でも、この考え方が全てではないとも思っています。

特に一番出稿本数の多いリクルートの代理店は、リクルート商品しか扱えないというケースも多く、もう少しうまくできたらいいのになと感じることもあります。

効果が出ていないときには違うメディアを扱う会社にお願いをするしかなく、いい結果も悪い結果も全部共有しきれないことは少し残念です。

【まとめ】直販店・代理店に限らず窓口は増やしておいた方が得策

いまの僕は、コスト面や労力の軽減よりも豊富な情報を重視していますので、どうしても直販店でないといけないとは考えていません。また、どうしても代理店でなければいけない理由もありません。

一時期は同じメディアでも直販店、代理店の両方とお付き合いしていたこともありますが、よりリアルタイムな情報だとか情報量を重視していたので、いつの間にか直販店とのお付き合いが多くなっていったという感じです。

いろいろな情報を多角的に見ていきたいということであれば、やはり情報収集をする会社の数を増やしておくことがベストだと思います。

本日のまとめ

求人広告を取り扱う直販店と代理店のメリット・デメリットを考えてみました。採用担当の人や部署が何を重視しているのかによって選ぶ基準は異なります。効率重視なら複数のメディアに掲載できる代理店、安心・信頼感重視なら直販店、というのが的を得た言い方かもしれません。もちろん、信頼できる1社を選ぶことも大切ですが、情報はいろいろなところから収集した方が無難です。直販店だとか代理店だとか、そんなことは二の次にして、とにかくいろいろな会社の担当者と情報交換をしましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告