求人検索エンジンのスタンバイで事業所向けに新サービスが始まりました

アグリゲート型サイト

スタンバイという求人まとめサイトもIndeedや求人ボックスと同じなんですか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

スタンバイという求人検索エンジンの名前自体は、まだまだ知名度が高くないかもしれません。

検索エンジンだけで見れば、Indeedの知名度やシェアが大きすぎて現時点では同じ土俵では比べられない部分もあります。

本日はスタンバイの新しいサービスが始まったということで紹介します。

検索エンジンのスタンバイについて

スタンバイについては過去記事をお読みください。

1つ目はインディードや求人ボックスとの比較について書いた記事です。

2つ目はスタンバイについて少し詳しく書いた記事です。

スタンバイは求人検索エンジンなので、いまのところはインディードや求人ボックスと同じだと思っておいて大丈夫です。オーガニック広告枠(無料で掲載できる広告エリア)、スポンサー広告枠(有料で掲載できる広告エリア)の2つに分かれます。

新しく始まるサービスについて

スタンバイで新しく始まったサービスとして、提案を受けたのは「成功報酬型プラン」です。

成功報酬型プランというのは、以前ここのブログでも紹介したことがある「応募課金」「採用課金」のことを指します。とはいっても、一般的には成功=採用を指すことの方が多いので、「採用課金」となることが多いです。

最近は求人サイトに掲載をしても、応募が来なかった・採用ができなかったということも多く、こうしたプランが一般的になりつつあります。どの会社も、リスクは抑えておきたいものです。

提示してもらった金額は、「業界向けの金額」のようで、そうすれば人材サービス会社に対する一律なのだろうと思います。

  1. 社員採用(フルタイム) 300,000円(/名)
  2. それ以外の雇用形態(業務委託を含む) 150,000円(/名)

会社によっては、募集場所や職種によって変わるケースもあるので、その点は個別に確認すべきです。

金額設定に対する評価について

見積の金額自体は高めに設定されていることも多いです。

とくにネット系の営業を受けたことのある方なら共感してもらえると思いますが、見積金額は正直あってないようなもの、大きく変わる(減額)されるケースが一般的ですので、

  • 社員採用30万円
  • それ以外の雇用区分採用15万円

という数字は変わる可能性もあります。参考程度に考えておくべきです。

また、採用に関わる人の立場から見た場合、フルタイム社員案件が30万円、それ以外が15万円だと一般的な相場より高いです。掲載には案件を選ぶ必要があります。

【まとめ】スタンバイの新サービスは成功報酬プラン

スタンバイが新しく始めた事業所向けサービスは「採用課金プラン」の掲載でした。

応募課金よりは単価が高く、とっつきにくい部分もありますが、通常のクリック広告と併せて運営していけば多少のリスク軽減にも繋げられます。

1件あたりの単価は高めの設定なので、自社で採用したい案件の内容をよく検討して利用すべきです。

今回紹介したスタンバイの新サービスは、いまのところインディードや求人ボックスなどのサイトでは用意されていないプランになります。最近、トレンドになりつつある採用課金プランですので、失敗するリスクを抑えたいという会社にはピッタリではないでしょうか。うまく優先順位を付けて、採用成功に繋げましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告