求人検索エンジンのスタンバイがいつのまにか会社名になっていました

アグリゲート型サイト

ちょうど1つ前の記事でindeed、求人ボックス、スタンバイという求人検索サイトのことを記事に書かせていただきました。それまで、ずっと「スタンバイ」はビズリーチが運営しているものだと思っていましたが、いつの間にか変わっていたのでびっくりしました。日ごろから常に情報収集しておかないと、こんなことも起きるものです。短い記事にはなりますが、参考程度にお読みいただければと思います。

スタンバイってどういうサイトなのか

indeedや求人ボックスと同じで、求人検索サイトになります。

ランディングページは2軸検索が前面に出ています。indeedも2軸、求人ボックスは3軸での検索になりますが、全てキーワードを入力しなくても検索できます。

また、エリアやキーワードからも仕事の検索ができます。

引用 スタンバイ

ランディングページだけを見ればindeedよりも、求人ボックスに近い感じです。indeed、求人ボックス、スタンバイの3サイトの比較は過去記事に書きましたので、お時間のある方はお読みください。

スタンバイの運営会社はビズリーチだったはず

ふだん、あまり運営会社のことって意識しないものです。

サイトの内容については、結構気にして見るようにしていますが、運営会社がA社だから、B社だからどうという観点で求人サイトのことは見ません。

でも、たしかスタンバイの運営会社は「ビズリーチ」だったはずです。

スタンバイのサイト内をチェックしてみました。

会社名は株式会社スタンバイ、そして代表者は南壮一郎さんになっています。

HR領域に関わる仕事をしていない人はあまり気にしたことがないかもしれませんが、南さんは「ビズリーチ」の社長だった方です。となると、ビズリーチとスタンバイは何か関係があるのかもしれないと考えるのがふつうです。

スタンバイを取り巻く動きについて

僕自身がリサーチしたことではありませんので、外部リンクという形でリンクを貼らせてもらいます。

朝日インタラクティブ株式会社が運営するCNET Japanというサイトの2020年11月9日の記事に書かれていました。(CNET Japanの記事リンク先はこちら

少し僕なりにまとめてみました。

2020年2月に設立されたVisionalグループ(ホールディングス)を率いるビジョナル株式会社の代表取締役を務めるのが南壮一郎社長です。ビズリーチやハーモス、キャリタスといったサイトはグループのなかで運営されています。2019年11月に、Visionalとヤフーを傘下に持つZホールディングスの二社で「株式会社スタンバイ」を設立、従来から運営されていたYahoo!しごと検索はサービスを終了し、スタンバイが事業継承する形で一本化されています。そして、㈱スタンバイの代表を務めるのも南社長です。

CNET Japanの記事から要約引用

ビズリーチとスタンバイは関係があるのかもしれないという先ほど出てきた疑問に対しては、資本だとか経営陣という面では、やはり一定の関係があるということになります。

【まとめ】サイト名が社名になったスタンバイの今後

先ほどの、CNET Japanでのインタビュー記事には2点書かれています。

Indeedが求人検索サイトの1番手であることを認めながらも、2番手を目指すことを明確にしています。ライバルはカカクコムの求人ボックスといったところでしょうか。

  1. 検索ポリシーが各サイトで異なる中で、日本語に特化した検索サイトである強みを前面に活かし、検索効率を上げていくこと。2番手の地位を確立させて、Indeedと切磋琢磨することで業界全体の発展を目指すこと。
  2. ユーザーごとに表示広告が変わるようなシステムの組み込み

この2点とのことです。

先日の記事で、求人検索サイトを比較しましたが、やっぱり現時点ではindeed以外はダンゴ状態なのかもしれません。Zホールディングス、Visionalという2つの会社を母体に持ったことでスタンバイの躍進は十分あり得ます。

本日のまとめ

求人検索サイトのスタンバイを運営する会社は株式会社スタンバイになりました。以前はビズリーチが運営していましたが、今後の展開や経営戦略を踏まえて一歩前進したようです。㈱スタンバイはYahoo!を傘下に持つZホールディングスとビズリーチ等を運営するVisionalの2社から新しく生まれました。スタンバイはIndeedの2番手を狙っているとのことですが、ネット業界&HR業界で大きな功績を残している2社の後ろ盾もあるので、案外早い段階で2番になるかもしれません。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告