掲載金額だけを基準にした求人サイト選びはしてはいけません

アグリゲート型サイト

掲載する求人サイトは何を基準に選んでいますか?

この疑問を解決します。

求人広告を掲載する段階でのサイト選びは大切です。

ただ、「なにごともチャレンジしてみなければ分からない」という考えも正解です。

あえてチャレンジした結果を書かせていただきます。

この記事の内容
 ・求人広告を掲載するサイト選びの基準はどこにある?
 ・サイト選びってなんで大切なの?
 ・ズレたサイト選びをした結果はこうなりました

そのような検証をしようと思った理由

新規事業所の立ち上げのため、スタッフ募集をスタートして約1ヶ月間が経過しました。

継続していると、母集団形成も少しずつ上手くいかなくなってしまいます。

ねらい
同じことを継続してやり続けると効果は落ちます。
新しい層の獲得のために、新しいメディアを使って募集する狙いがありました。

ほかの会社から遅れること2年ほどです。

ちょうどいい機会だからということで他の会社が使っていないメディアで募集をすることになりました。

今までの実績がないメディアは、先が見えない冒険みたいなものです。

サイト選びで大切なことを過去記事に書きましたのでお時間のある方はお読みください。

求人サイトの選択に大切なことはサイトの名前とサブタイトル【初歩】

掲載した募集内容

案件のポイント
(2020年時点の内容)
・時給1,300円
・フルタイム8時間勤務、昼夜2交替
・JR最寄駅からの無料送迎バス運行
・社員寮あり(本人負担は基本0円)
・ミニボーナスあり(入社のお祝い金)
・人口の少ないエリア(ほぼ山間部)での募集
・イメージのあまり良くない自動車関連の仕事

アルバイトEXというサイト

今回、アルバイトEXというサイトを選びました。

営業提案をもらったメディアに掲載すると、自動的にアルバイトEXにも掲載されるプランでした。

アルバイトEXはアグリゲーションサイト(求人まとめサイト)と考えれば良いです。
 ・indeed
 ・求人ボックス
 ・スタンバイ
 ・キャリアジェット
 ・キュウサク
なども、同じジャンルのサイトです。

アルバイトEXはアグリゲーションサイトのなかでも、アルバイト情報をメインに掲載しています。

転載元のサイトには「アルバイト」だとか「バイト」といった名前が入っているものが大半です。

掲載にあたり、オプションを付けました。

  1. 新聞折込チラシ(日曜発行)への掲載
  2. アルバイトEXへの掲載(5枠分)
  3. 応募が出るまでアルバイトEXへの掲載(上限期間2ヶ月)

掲載結果

掲載結果をまとめました。

 応募  採用 
  新聞折込チラシ  0件0件
  アルバイトEX  2件0件
合計2件0件

応募は2件ありましたが、面接まで届いていません。

完全に失敗に終わりました。

【まとめ】金額だけではなく対象のマッチング確認が大切

今回の掲載プランは、合計でも80,000円を切る破格の金額でした。

1人あたりの応募コストだけで言えば安い金額でしたが、採用は0件。

広告金額だけでメディアを選定してはいけないということが分かりました。

また、募集案件の内容とマッチするサイトを選ぶべきです。

まとめ
 ・金額だけで掲載するサイトは選んでいけない
 ・チャレンジして新しい層を獲得することは大切だけど、根拠のない無謀なチャレンジはNG
 ・募集職種とサイトのユーザー層が一致しない場合は掲載を控えた方が無難
 ・採用の結果はいろんな要因が重なって出るもの

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告