掲載金額だけを基準にした求人サイト選びを絶対にしてはいけません

アグリゲート型サイト

求人サイトへの掲載は何で選んでいますか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

求人広告を掲載する段階で、サイト選びってものすごく大切だという話は、すでにご存知の採用担当者ばかりだと思います。僕自身も十分理解しています。

でも「なにごともチャレンジしてみなければ分からない」という考えも正解なので、あえて攻めの姿勢で検証してみました。1つの答えが出ましたので、改めてお伝えしたいと思います。

なぜ、そのような検証をしようと思ったのか

新規事業所の立ち上げにともなって、スタッフ募集をスタートして約1ヶ月間が経過しました。少しずつ母集団形成も頭打ちとなってきたこともあり、新しい層の獲得が必要だったことがきっかけでした。

今回は派遣案件の1つです。

いろんな派遣会社が2年くらい前から募集を始めていました。それどころか、派遣先の会社の直接雇用(正社員)の募集も一時期おこなわれていました。僕たちの会社は新規参入とはいっても後発組でした。先行利益なんて全くなく、ちょうどいい機会だからということで他の会社が使っていないメディアで募集をすることになったのです。

新しいメディアを探して、ある程度の結果を出そうとすると少し時間がかかります。今までの実績がないメディアは、本当に先がまったく見えない冒険みたいなものです。求人サイトでも求人誌でも、ある程度は対象領域を想定して運営していることが多いです。

サイト選びで大切なことを過去記事に書きましたのでお時間のある方はお読みください。

募集をおこなった案件は高時給・交替勤務・フルタイム案件

対象となる案件の大まかな内容としては、

  • 時給1,300円
  • フルタイム8時間勤務、昼夜2交替シフト
  • 最寄駅からの無料送迎バス運行
  • 社員寮あり(本人負担は基本0円)
  • ミニボーナスあり(入社のお祝い)
  • 人口の少ないエリア(どちらかというと山間部に近い)での募集
  • あまり人気があるとは言えない自動車関連の仕事

といったところです。

選んだサイトはアルバイトEXというサイト

今回、アルバイトEXというサイトを選んでみました。

とはいっても、アルバイトEXに直接掲載をお願いしたわけではありません。

営業提案をもらったあるメディアに掲載すると、自動的にアルバイトEXというサイトにも掲載されるというプランでした。アルバイトEXのランディングページ(LP)に求人サイトの名前がいくつか書かれていますが、そのなかのどれか1つになります。

アルバイトEXというサイトはあくまでも「まとめサイト」的な位置付け

まとめサイトとは言いますが、僕はいつも「アグリゲート型求人サイト」って呼んでいます。いろんなサイトの求人情報を寄せ集めて作ったサイトのことです。アルバイトEXのほかに、サイト名だけ挙げると、

といったものが挙げられます。

indeed、求人ボックス、スタンバイなんかはもう説明するまでもなく、とても有名なサイトですよね。

アルバイトEXはたしかにまとめサイトだが、アルバイトに特化している

アルバイトEXというサイトのシステムがクローリングで案件を拾い集めて来ているのか、それとも各メディアから求人情報をフィード送信してもらって掲載しているのかは分かりません。でもおそらく、僕はフィード送信ではないかと思っています。

掲載元のサイトは「アルバイト」だとか「バイト」といった名前が入っているものが大半です。

要するにアルバイトの案件が多いということです。今回の掲載に関しては3点のオプションみたいなものを付けてもらいました。

  1. 日曜日の新聞広告の中に折り込まれる集合求人チラシへの掲載
  2. アルバイトEXというサイトへの転載(5件)
  3. 応募担保型ということでアルバイトEXは応募が出るまで掲載(応募が出ない場合は2ヶ月間継続掲載)

1ヶ月掲載した結果はどうだったのか?

日曜日に折り込まれる求人集合チラシを通じた応募

結果は応募0件でした。言うまでもなく採用0件でした。

新聞広告に折り込まれるチラシの場合は電話での応募となりますが、電話応募は1件もありませんでした。

アルバイトEXを通じた応募

結果は応募2件採用0件でした。

掲載期間は1ヶ月、応募・問い合わせは2件でした。2件ありましたが、いずれも面接までたどりついていません。

結果合計

WEB経由も、紙面経由もともに結果は採用0件という結果でした。

言い方は悪いですが、完全に失敗に終わったわけです。

【まとめ】いくら安価に掲載できるとしても対象領域の確認は最低限必要

今回の掲載プランとしては、日曜日の新聞折込と1ヶ月間のアルバイトEX掲載5本分(最長2ヶ月)というもので税込80,000円を切る格安の値段でした。掲載期間とコストを考えれば、破格の部類に入ります。

もちろん、結果が出せればという条件付きですが。

1人あたりの応募コストを加味した場合は、非常に廉価な金額ではありましたが、結果としては採用は0件。結果を振り返ると広告金額だけでメディアを選定してはいけないということです。

また、今回の結果から改めて言えることは、募集案件の内容をしっかり考えた上で掲載する場所を選ばなければならないということです。

結果が出せなかったことには、募集条件に魅力がなかったり、そのエリアに人口が少ないなどの他の理由もあります。採用って1つの理由だけはなく、いろいろな理由が重なって、その結果に繋がるものです。新しい層の獲得をしたいからと言って無謀な挑戦をする前に、きちんとした見極めを行う必要があります。

採用成功のための第一歩となる掲載メディア選定は非常に重要なフローになります。経費の安さだけで求人メディアを選んではいけません。またサイトのタイトルやサブタイトルは思っている以上に大切です。募集職種と対象領域が一致しない場合はNGとまではいきませんが、避けた方が無難でしょう。よほど策がなくて困った時以外は控えましょう。各メディアの営業案内には、応募者の性別・年齢などの割合が書かれていることが多いので、ぜひ参考にしたいものです。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告