indeed特定案件スペシャルを走らせた結果どうなったのか

アグリゲート型サイト

僕は勝手に「indeedスペシャル」と呼んでいますが、少し前に1案件ごとにindeedの有料広告枠を出稿したことがあります。3つの勤務地を対象にして行い、合計で11案件を使いました。1つの記事に全部を書くことが難しいので、本日はそのなかの1本を書かせていただくことにします。参考程度にお読みいただければと思います。

実際に行った取り組みってどんなものですか?

過去記事に書いたことがありますので、お時間のある方はお読みください。

ざっくり書かせていただきます。

採用難易度の高い2交替の案件をindeedの有料広告枠に出稿しました。運用マージンを除いた純粋な広告費としては20万円になります。運用型広告のメリットを最大限に生かして、職種名はシンプルにしていません。

無料枠(オーガニック枠)での掲載であれば、職種名はシンプルな方が理想だとされています。過去記事にも書かせてもらいましたのでお時間のある方はお読みください。

原稿を作る上でのポイント

原稿作成のポイントは次の通りです。(ちなみにリクオプを使っています)

  • 最初に走らせた原稿は3本、のちに2本追加して計5本の原稿を運用
  • 最初の3本のうち、1本は仕事内容は簡単に、2本は仕事内容を細かく記載
  • 原稿の職種名は5本とも全て純粋な職種名ではありません(詳しく書いています)
  • 定期的に更新作業をしています(URLは新しくしてindeed対策をしています)
  • 写真は規定数いっぱいまで使っています(3点使用)

もちろん作成の上では、人気キーワードを組み込んでいますが、とくに大きく変わったことはしていません。いいつも通りの原稿です。3月下旬から5月中旬にかけて運用した結果です。

クリック数などの結果データ(簡易版)

少し社外秘の情報もありますので、細かいところまで書くことは控えます。(職種名をそのまま書くと、会社名が判明してしまいますので、作成のコンセプトだけ書かせていただきます。)

職種名(コンセプト)表示数広告クリック数応募数費用概算
製造であることをシンプル表記3,800195460,000
定着がいい職場であることを表記4,250240070,000
時給などの待遇面を前面に表記1,90095030,000
業績がいいことを強調表記4502009,000
製造であることをシンプル表記(2)4501007,000
実際のデータ(数字は四捨五入しました)

上3本は最初に起こした原稿、下2本はあとから追加した原稿になります。表示数が大きく違うのはそのためです。

応募獲得できたのは、仕事内容をざっくりかんたんに書いた案件だったりします。

【まとめ】結果として応募獲得はできましたが課題もある

今回、結果として3件の応募が獲得できました。

今まで、なかなか応募獲得の出来なかった案件なので、結果だけで言えば良い結果を出すことができました。ただ、その反面で課題も残る結果となりました。課題感としては、

  • 細かく、見る人に伝わりやすいように配慮して書いた原稿は応募獲得ができませんでした。
  • 反面、ざっくり書いた原稿の方は応募獲得ができました。
  • 応募は全てざっくり書いた原稿経由でした。
本日のまとめ

本日はindeedスペシャルということで、特定の案件に対してindeedの有料広告を運用した結果を記事にさせて頂きました。広告代理店にお願いした場合は平均で20%のマージンがかかりますので、純粋な広告費は逆算して運用する必要があります。今回は5本の原稿を走らせて、4件の応募獲得ができました。ただ、応募者ファーストの視点で作った詳しい原稿からの応募は0件でした。課題もありますので長期的な運用が必要です。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com