人口が少ない勤務地のインディード出稿は効果が薄いかもしれない

アグリゲート型サイト

最近、僕の周りでは採用ホームページをindeedに紐づけて出稿する手法がトレンドになってきています。しかも、そこに対してけっこうな金額を投下しています。1回目はそれなりにうまく行って、全部で5回運用してきましたが少し見えてきたこともあるので記事にさせて頂きました。参考程度にお読みいただければと思います。

indeedへの紐づけで行ったこと

紐づけというと非常に難しく聞こえるかもしれませんが、くわしく説明すると全然大したことありません。

採用管理ATSシステムを通じて公開している求人案件に対して個別にindeed課金を行うというものです。個別の金額は案件によって少し変動させていますが、だいたい1本につき20万円くらいの金額を目安にしています。

僕は、この手法を個人的に「indeedSPL(スペシャル)」と呼んでいます。

indeedスペシャルを発動させた案件を見比べてみる

ここでindeedスペシャルを発動させた案件をそれぞれ見てみます。

就業地に関しては、仮に「●●●町」であったとしても、便宜上「●●●市」とさせてもらいます。

人口と案件についてはだいたいの数値を書かせてもらいました。数値を詳細まで出していまうのは秘密事項なのでNGとさせていただきますが、ほぼ正確な数値を書いておきます。

用語の意味としては

  • IMP(表示回数)
  • CPC(クリック単価)

このあたりを抑えておけば大丈夫です。そのほかの用語についても説明した過去記事がありますので、お時間のある方はお読みください。

愛知県A市での製造スタッフ

愛知県A市での2交替・製造スタッフ募集案件です。A市は工業地帯で大手メーカーがたくさん存在しているエリアということもあり、好条件の求人が目立ちます。4月中旬から、80,000円の運用費用でスタートして、2週間で消化が終わっています。2週間での消化予定に対して、ほぼスケジュールどおりです。

A市人口約15万人
indeed案件14万件
1人あたり件数0.9
合計費用80,000円
IMP3,600回
クリック数330回
平均CPC250円
応募2件
応募単価40,000円
2021.6.29時点データ

愛知県B市での製造スタッフ

愛知県B市での昼固定シフト・製造スタッフ募集案件です。B市は立地に恵まれていて、各地へのアクセスも抜群に良いです。そのため働く人が各地に流れやすく、採用の難しいエリアになります。4月中旬から、160,000円の運用費用でスタートしました。あと数千円残っていますが、運用費はほぼ消化し終わっています。4週間での消化予定に対して、消化まで10週近くかかっています。

B市人口約31万人
indeed案件16万件
1人あたり件数0.5
合計費用160,000円
IMP11,000回
クリック数550回
平均CPC290円
応募4件
応募単価40,000円
2021.6.29時点データ

愛知県C市での製造スタッフ

愛知県C市での二交替シフト・製造スタッフ募集案件です。C市はどちらかというと郊外のエリアになりますが、大手の工場もいくつかありますので人口の割には募集案件が多いのが特徴的です。そういったこともあって採用が難しいエリアです。3月下旬から、200,000円の運用費用で2回スタートしました。

1回目は6週間での消化予定に対して、ほぼスケジュールどおりです。2回目は、内容を大幅に変更をしたこともあり6週間の予定に対して、6週経過時点で200,000円のうち150,000円しか消化できていません。

表は経過数字です。

C市人口約5万人
indeed案件14万件
1人あたり件数2.8
合計費用400,000円
IMP23,000回
クリック数1,000回
平均CPC350円
応募8件
応募単価50,000円
2021.6.29時点データ

岐阜県D市での製造スタッフ

岐阜県D市での二交替シフト・製造スタッフ募集案件です。D市は山間部どちらかというと郊外のエリアになりますが、大手の工場もいくつかありますので人口の割には案件が多いです。そういったこともあり採用が難しいエリアです。5月下旬から、200,000円の運用費用でスタートしました。4週間での消化予定でしたが、4週経過時点で半分の100,000円しか消化できていません。

D市人口約4万人
indeed案件1万6000件
1人あたり件数0.4
合計費用200,000円
IMP3,500回
クリック数200回
平均CPC550円
応募0件
応募単価×××円
2021.6.29時点データ

岐阜県E市での製造スタッフ

岐阜県E市での三交替シフト・製造スタッフ募集案件です。D市と同じ状況ですが、若干工場も多いエリアになります。5月下旬から、200,000円の運用費用でスタートしました。4週間での消化予定でしたが、4週経過時点で80,000円残した状態です。

E市人口約9万人
indeed案件4万6000件
1人あたり件数0.2
合計費用200,000円
IMP5,500回
クリック数200回
平均CPC580円
応募1件
応募単価200,000円
2021.6.29時点データ

少し各案件の結果をまとめてみました

もう一度、各案件の結果を見て少し調べて見たいと思います。一度、5案件で平均をとってみて、その平均値よりも悪いところについては文字色を変えてみます。

A市人口約15万人
indeed案件14万件
IMP3,600回
クリック数330回
応募2件
2021.6.29時点データ
B市人口約31万人
indeed案件16万件
IMP11,000回
クリック数550回
応募4件
2021.6.29時点データ
C市人口約5万人
indeed案件14万件
IMP23,000回
クリック数1,000回
応募8件
2021.6.29時点データ
D市人口約4万人
indeed案件1万6000件
IMP3,500回
クリック数200回
応募0件
2021.6.29時点データ
E市人口約9万人
indeed案件4万6000件
IMP5,500回
クリック数200回
応募1件
2021.6.29時点データ

これらのデータの平均値を見てみますと、こういった数字になりました。

人口13万人
indeed案件10万件
IMP9,300回
クリック数450回
応募3件
5案件の平均値

結果をみて感じたこと

平均値を見ても、人口もindeed案件も10万以上ないと少し厳しい結果になってしまうようです。もちろん職種だとか周辺の状況にも左右されますので、必ずしも正解だとは言えません。

とくにindeedの案件が5万件を切るようなエリアだと、おそらく募集している会社が少なかったり、そもそもそこのエリアで働きたいという人自体が少ないのかもしれません。

表示回数が一定数あっても応募がない場合は、原稿改善がセオリーだと言われています。逆に、表示回数が少ない場合は、原稿の本数を増やしたり、運用費を増やすことがセオリーだと言われています。

一般的な求人メディア以上にPDCAを運用することが大切になるのがIndeedや求人ボックスなどの運用型のサイトなのです。

【まとめ】メディアのネット化が進んでいるが効果は別物

最近は求人メディアのネット化が進んでいますが、求人サイトだから十分な効果が得られるかと言えば、やはりそれは別の問題になります。

結局のところ、人口が少ないエリアは求人誌の発行も少ないだけでなく、ネットメディアもあまり有効な手段にはなれないのかもしれません。今回のIndeedを使って運用した5案件の結果で見た通りです。要因は2点あります。

  • そもそも人が少ないので、そこのエリアで働く人自体も少ない
  • 近隣エリアからの労働力人口の流入も少ない(わざわざそこで仕事をしたくて求人検索する人が少ない)

もう結論は見えています。結局のところ、採用ターゲットを広げていくか、居住場所を確保してもっと遠くのエリアから人材確保することがより効果的なのです。

本日のまとめ

本日は人口の少ないエリアでindeedが力を発揮してくれるかどうかの検証をおこないました。今回の検証では交替勤務という仕事内容の影響もあったかと思いますが、人が少ないところではそもそも求人検索の段階であまり見られないということが分かりました。indeedはクリックで運用費を消化していくシステムですが、消化スピードが非常に遅いのです。そういったところは、採用ターゲットを広げるか、違うエリアから人材を移動させてくるしかないのかもしれません。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com