人口が少ないエリアでの募集はindeedを使っても難しい【失敗体験】

アグリゲート型サイト

indeedが苦手としていることはありますか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・indeedは優れた求人メディアですか?
 ・indeedってどうやって運用したらいいの?
 ・どのエリアでもindeedは使える?
 ・indeedが苦手としていることはあるの?

最近、indeedを活用した採用がトレンドになっています。

知名度やユーザー数から言っても当然の結果かもしれません。

僕自身も、indeedに対してそれなりに金額を投下しています。

これまで5回運用してきた結果から、分かったことを記事にさせて頂きました。

ATSとindeedの連携

採用管理ATSシステムを通じてindeedに求人公開している案件があります。

その一部を個別にindeedの有料広告として出稿したのが今回の取り組みです。

金額は案件ごとに違いますが、だいたい1本につき20万円くらいを目安にしています。

indeedクローリング案件に対して課金することにしました【解説】

本記事では、indeedに有料出稿した記事のことを「indeedスペシャル」と呼んでいます

indeedスペシャルで運用した案件

indeedスペシャルの案件をそれぞれ見てみます。

就業地に関しては、便宜上すべて「●●●市」としました。

数値は社外秘の情報取扱なので、だいたいの数値を書かせてもらいました。

用語の意味
・IMP(表示回数)
・CPC(クリック単価)
この2点を抑えておけば本記事は理解できます

そのほかの用語については過去記事をお読みください。

【採用担当者による解説】採用に関する用語一覧をまとめてみました

愛知県A市での製造スタッフ

ポイント
・愛知県A市
・2交替
・製造スタッフ
・A市は工業地帯で大手メーカーが多く存在するエリアで好条件の求人が目立つ
・4月中旬から、80,000円の運用費用でスタートして、2週間で消化
・2週間での消化はほぼ想定通り
A市人口約15万人
indeed案件14万件
  1人あたり件数  0.9
合計費用  80,000円  
IMP3,600回
クリック数330回
平均CPC250円
応募2件
応募単価40,000円
2021.6.29時点データ

愛知県B市での製造スタッフ

ポイント
・愛知県B市
・昼固定
・製造スタッフ
・B市は交通機関が便利で各地へのアクセスも抜群に良い。そのため働く人が各地に流れやすく、採用が難しい。
・4月中旬から、160,000円の運用費用でスタートして、あと数千円残っていますが、運用費はほぼ消化
・4週間での消化予定に対して、消化まで10週近くかかった
B市人口約31万人
indeed案件16万件
   1人あたり件数   0.5
合計費用  160,000円  
IMP11,000回
クリック数550回
平均CPC290円
応募4件
応募単価40,000円
2021.6.29時点データ

愛知県C市での製造スタッフ

ポイント
・愛知県C市
・2交替
・製造スタッフ
・C市は郊外エリアですが大手の工場もあり、人口の割には募集案件が多く採用が難しいエリア
・3月下旬から、200,000円の運用費用で2回スタート
・1回目は6週間での消化予定に対して、ほぼスケジュールどおり
・2回目は、内容を大幅に変更。6週間の予定に対して、6週経過時点で200,000円のうち150,000円の消化
C市人口約5万人
indeed案件14万件
   1人あたり件数   2.8
合計費用  400,000円  
IMP23,000回
クリック数1,000回
平均CPC350円
応募8件
応募単価50,000円
2021.6.29時点データ

岐阜県D市での製造スタッフ

ポイント
・岐阜県D市
・2交替
・製造スタッフ
・D市は山間部エリアになりますが、大手工場もあるので人口の割には案件が多いです。採用が難しいエリア。
・5月下旬から、200,000円の運用費用でスタート
・4週間での消化予定でしたが、4週経過時点で半分の100,000円のみ消化
D市人口約4万人
indeed案件1万6000件
   1人あたり件数   0.4
合計費用  200,000円  
IMP3,500回
クリック数200回
平均CPC550円
応募0件
応募単価×××円
2021.6.29時点データ

岐阜県E市での製造スタッフ

ポイント
・岐阜県E市
・3交替
・製造スタッフ
・E市は山間部で、工場も点在しているエリア。採用が難しいエリアです。
・5月下旬から、200,000円の運用費用でスタート
・4週間での消化予定でしたが、4週経過時点で80,000円残した状態
E市人口約9万人
indeed案件4万6000件
   1人あたり件数   0.2
合計費用  200,000円  
IMP5,500回
クリック数200回
平均CPC580円
応募1件
応募単価200,000円
2021.6.29時点データ

各案件の結果まとめ

各案件の結果をまとめてみました。

indeed案件は、そのエリアで仕事検索をかけたときに結果として表示された案件数です
A市人口15万人
 indeed案件 14万件
IMP3,600回
クリック数330回
応募2件
2021.6.29時点データ
D市人口4万人
 indeed案件 1.6万件
IMP3,500回
クリック数200回
応募0件
2021.6.29時点データ
B市人口31万人
 indeed案件 16万件
IMP11,000回
クリック数550回
応募4件
2021.6.29時点データ
E市人口9万人
 indeed案件 4.6万件
IMP5,500回
クリック数200回
応募1件
2021.6.29時点データ
C市人口5万人
 indeed案件 14万件
IMP23,000回
クリック数1,000回
応募8件
2021.6.29時点データ

平均値を算出してみました。

人口13万人
indeed案件10万件
IMP9,300回
クリック数450回
応募3件
5案件の平均値

人口、indeed掲載案件ともに10万人・10万件を下回る案件は少し厳しい結果が出ています。

とくにindeed掲載案件が5万件を切ってしまうエリアは、募集している会社も、このエリアで働きたいという人も少ないと言えます。

表示回数が一定数あっても応募がない場合は、原稿改善をすることがセオリーです。

表示回数が少ない場合は、原稿の本数を増やしたり、運用費を増やすことがセオリーです。

一般の求人メディア以上にPDCA運用が大切になのがindeedや求人ボックスなどの広告運用型のサイトです。

【まとめ】メディアのネット化が進んだとしても山間部エリアは別問題

最近は求人メディアのネット化が進んでいます。

募集する側も、求職者側もネットメディアを好んで使う傾向にあります。

求人サイトに掲載したからといって十分な効果が得られるかと言えば、やはりそれは別の問題です。

今回の検証で分かったのは、人口が少ないエリアは求人誌の発行が少ないだけでなく、ネットメディアもあまり有効な手段にはなれないということでした。

indeedの有料広告枠で運用した5案件の結果の通りでした。

2点の要因があると考えるのが一般的です。

  • そもそも人が少ないので、そこのエリアで働く人自体も少ない
  • 近隣エリアからの労働力人口の流入も少ない(わざわざそこで仕事をしたい人が少ない)

人口の少ないエリアで採用したい場合は、採用ターゲットを広げるか、居住場所を確保した上で遠方から人材確保するしかありません。

そのエリアだけで採用を完結することは非常にハードルが高いです。

まとめ
 ・人口が少なく、案件も少ないエリアはindeedの有料広告枠でも採用が順調に進められない
 ・人口が5万を下回るエリアでのネット募集はさらに厳しい
 ・人口の少ないエリアはindeedの掲載案件すら満足にクリックしてもらえない
 ・indeedは現在の有効な求人メディアだが、それでも万能とは限らない
 ・打ち手がない場合は採用ターゲットを広げるか、遠方から採用者を連れてくるのが一番の効果策となる

本日は以上です。

スポンサー広告