indeedへの無料掲載の期間が120日から90日間に大幅減少

アグリゲート型サイト

indeedに無料掲載できる期間は無期限ですか?

この疑問を解決します。

以前、indeedへの掲載は30日ごとに更新していけば無期限で掲載できると書きました。

indeedに無料掲載できる期間は30日間しかありません【初歩】

最近、ルールが変わったのか、もともと知らなかったのか分かりませんが、情報を訂正します。

indeedからの通知で「120日間」と聞いていましたが、さらに短くなって90日間でした。

ある原稿がindeed非掲載となったことがきっかけでした。

職種名や重複案件にならないように十分注意した上で原稿を作成しています。

「電気製品の」というフレーズが原因とは思えないので、Indeed社に問い合わせてみました。

この記事の内容
 ・indeedの無料掲載は期間が限られている?
 ・運用ルールは定期的に変更になる?
 ・現在のルールは?
 ・ペナルティの理由が分からないときはIndeed社に聞くのが一番早い

Indeed Japan社からの返答

職種名や募集内容には問題ありませんでした。

Indeedからの返答

無料掲載期間が最大120日間だったことでした。

対象案件は2021年6月5日に掲載をスタートしています。本来、2021年9月上旬でも90日間のはずですが、本当に120日間なのか疑問が残ります。

本当は別の理由なのかもしれない

もらったアドバイスをもとに、原稿をつくり直しました。

1日後には同じことが起きました。

疑問が解消されてなかったので、理由を問い合わせてみました。

Indeed Japan社からの返答

Indeedからの返答です。

質問した3点は、

  1. 実際は公開から90日しか経過していないけどなぜか?
  2. 案件を別案件として再公開したけど非掲載になった理由は?
  3. 2回のペナルティの理由は?

対する回答をまとめました。

質問返答
上限期間保証ではない
再作成も非掲載AIが重複求人と判断
ペナルティ理由対応済なので無料掲載に切り替わる

【まとめ】無料掲載の上限期間は90日

別の案件で確認をしたところ、無料掲載の上限は90日になっています。

ずっと無料掲載をしていても応募がないなら、見直しをするべきとも言えます。

そういった意味では90日間は妥当な期間なのかもしれません。

まとめ
 ・indeedの無料掲載期間は上限90日間
 ・同じ原稿を無料掲載したいときは別に原稿を作る必要がある
 ・期間内にペナルティを受けないようには注意するべき
 ・応募がずっと来ないのであれば内容、手法は別に検討するべき

本日は以上です。

スポンサー広告