インディードなどのアグリゲート型サイトは有料枠と無料枠があります

アグリゲート型サイト

インディードの掲載パターンについてかんたんに教えて欲しい

この疑問を解決します。

この記事の内容

採用担当者の目線では周知の事実なのだろうと思います。

インディード、求人ボックスなどのようなアグリゲート型求人サイトの掲載枠は大きく2つに分けられます。簡単に言ってしまえば有料枠と無料枠ですが、改めて記事に書きたいと思います。

インディード自体も日々進化しており、最近では少し変わってきたところがありますので、参考程度にお読みいただければと思います。(2021年4月にリライトしましたが、以前の記事をあえて残させていただきました。)

まずはインディードを例に見てみましょう

まずはアグリゲート型求人サイトの代表格ともいえるindeedを例にみてみます。

実際に仕事を検索してみます

indeedで仕事検索をする場合は、2つのワードを入力します。「必ず」2つ入れなければ検索できないということはありません。1つだけでも検索出来てしまいますが、ただ、自分の住んでいるエリア・探したいエリアとは全く関係のないエリアの仕事が表示されることもありますので、だいたいの方が2つのワードを入力します。

2つのワードは、

  1. キーワード
  2. 勤務地
indeed
出典 indeed

今回はあくまでも検証作業のためなので、適当に①短期アルバイト、②滋賀県彦根市と入力してみました。

自分自身の細かい希望は別にして、たったこれだけで募集案件が表示されるのですから、求人まとめサイトって本当に便利なんだなと感心してしまいます。

実際の検索結果を見てみましょう

仕事やアルバイトの案件ごとに引用元のサイト名称が記載されています。

出典 indeed

でも、書いていない案件も見かけます。

出典 indeed

仕事に応募する側であれば、まず気にすることはない項目です。でも、仕事を掲載する会社側の視点としては、同業他社がどういったサイトに載せているのか、どのようにお金をかけているのかを勉強する良いチャンスだったりします。

※この記事をリライトした2021年4月時点では、indeedに掲載されている案件のソース(クローリング元)が表示されず、どこのサイトの案件を引っ張ってきたものか分からなくなっています。

created by Rinker
¥1,848 (2021/12/08 10:16:56時点 Amazon調べ-詳細)

インディードに掲載するには2通りの方法があります

実はindeedだけに限らず、こういったアグリゲート型サイトについては大きく2通りの掲載方法があります。一般的には、スポンサー(有料枠)広告オーガニック(無料枠)広告に分けられます。それぞれ説明させていただきます。

スポンサー(有料枠)広告ってなんですか?

1つはスポンサー広告(有料広告)と呼ばれるものです。

ものすごく砕けた言い方をすれば、indeedのスポンサーになって広告を出稿する見返りとして、検索で上位表示してもらうというものです。正確には上位表示され「やすい」広告枠です。

間違えていけないのは、「上位表示される」ではなくて、「上位表示されやすい」です。(2021年4月現在では、有料枠も無料枠も全てランダム表示だと言われています。

出典 indeed

スポンサー広告の場合は、原稿の下のところに「スポンサー」と表示されます。掲載元のサイト名もソースとして書かれていますね。(2021年4月現在では表示されません。

オーガニック(無料枠)広告ってなんですか?

そして、もう1つはオーガニック広告(無料広告)と呼ばれるものです。

こちらはindeedのクローリングボットが、いろいろなサイトに行って求人情報を収集してきたものがindeedに表示されるものだったり、各サイトからフィード送信という形で送られてきた求人情報を掲載されたものだったり、indeedに直接入力をしたものだったり、形式はさまざまです。

どちらにしても、indeedに無料で掲載してもらう案件のことです。

基本的には、上位表示されにくいです。

間違えていけないのは、「上位表示されない」ではなくて、「上位表示されにくい」です。(繰り返しになりますが、2021年4月現在では、表示は有料枠も無料枠も全てランダム表示だと言われています。

出典 indeed

これが先ほど出てきた、ソースの書かれていないものです。(2021年4月現在では全案件がこのようになっています。

スポンサー枠に掲載するには

より上位表示されやすいスポンサー枠に掲載してもらうことでより良い結果が期待できます。スポンサー広告として掲載してもらう方法は2つあります。

  1. 求人メディアの中にはオプションでindeedスポンサー広告に掲載してもらえるものがある。
  2. indeed直接入力タイプの原稿に対して課金ができる。

スポンサー枠における課金については、通常のメディアにはない面倒くさい点があります。

  • クリック単価の設定を自動調整でindeedに行ってもらう
  • 自分たちでクリック単価を任意に決める

この2点です。

自動調整の場合は、細く長くインプレッションしてもらうのに適しています。任意に決めるのは非常に難しく、高すぎる金額であれば予算を消化してしまうスピードが速いです。だからといって、他社に劣るような安すぎる金額だとなかなか応募獲得につなげられません。

そのバランスをとるのが難しいのです。

会社や採用チームだけで単価設定が出来ないので、ほとんどの会社が広告運用会社にお任せしているのが実態です。求人メディアでindeedオプション掲載してもらうものは、運営会社にお任せするタイプなので、自分たちでクリック単価を設定することはありません。

【まとめ】無料枠と有料枠の運用はバランスよくおこなうこと

自分たちでクリック単価を設定するのは、まだまだ先のこととして捉えればいいです。中途半端な知識とデータ量では失敗してしまいます。

しばらくの間は無料枠(オーガニック枠)の有効活用と、求人メディア会社に丸投げするタイプの有料枠(スポンサー枠)を使っていくようにしましょう。ただ、おまかせでのインディード運用には中間マージンがかかりますので、長期的には自分たちで運用できるようにするのが理想です。

インディードや求人ボックスなどのアグリゲート型求人サイトには無料枠と有料枠の2パターンがありました。クリック単価の設定に関しても2パターンで、自動調整設定と任意設定とがあります。有料枠の仕組みを完全に理解して、自分たちだけで任意設定運用するのは容易なことではありません。しばらくの間は無料枠とお任せタイプの有料広告枠の活用で十分かと思います。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告