長崎県の五島列島で働きたい人に見てもらいたいバイトルのスポット特集

求人メディア

アルバイト求人をおもに取り扱うバイトルに僕自身も登録しているので、定期的にメルマガが届きます。特集がいつも独自の内容でおもしろいなと思いつつサイトを回遊しています。先日、長崎県の五島列島での仕事にスポットが当てられていたので見入ってしまいました。本日はちょっとした紹介ですので、参考程度にお読みいただければと思います。

バイトルから届いた1通のメールマガジン

ほかの会社のメールマガジンでよく見かけるような、いつもの特集を紹介するようなメルマガであればおそらく僕はURLをクリックしていませんでした。

引用 バイトル(メルマガ)

今回、目に止まった大きな理由は五島列島が僕の母親の故郷だったから。愛知県に住んでいるのでなかなか遊びに行ける機会は少ないですが、10年に1回くらいの頻度では帰省しています。

五島列島について

五島列島は長崎県(佐世保港・長崎港)からフェリーにのって2~3時間の距離に位置している、風光明媚な島です。

引用 九州商船

ちなみに僕の母は五島列島最北端の宇久島出身です。全部の島に訪問したことはありませんが、人も豊かな自然も穏やかな時間もすべて好きです。魚釣りをしたり、自然を見て回ったり、素潜りをしたり、いま住んでいるところではなかなか経験ができないことばかりです。潮風にあたることも貴重な経験だと言えます。

バイトルの移住プロジェクト

今回バイトルからもらったメールは移住を勧誘するものでした。

引用 バイトル

残念ながらzoomを利用したオンラインは満員御礼で募集を終了してしまいましたが、いくつかのコンテンツが用意されているので興味のある方は一度クリックしてみてはいかがでしょうか。

ちなみに僕がなんどか行ったことのある宇久島について補足させていただきます。宇久町観光協会はtwitterの運用を行っています。

引用 twitter

また、こんな紹介もされています。

五島列島最北端に位置する人口約1900人からなる島で水平線が丸く見える岬の灯台、どこか懐かしい漁師町の風景など、豊かな景色が心を解放してくれます。地域おこし協力隊など移住してきた方が活躍しており、島で活躍していただける方をお待ちしております。移住応援助成金や住宅支援など、移住への手当ても準備しています。

引用 バイトル(佐世保市役所 宇久行政センター産業建設課)

ここ宇久島も助成金の対象となるようですね、真剣に考えている方はぜひ有効活用したいものです。

【まとめ】興味のある方はぜひバイトルを通じて応募してみて下さい

バイトルでのオンラインツアーが2021年9月11日(10~12時)にzoomで開催されます。

今回は、たまたま縁があって長崎県の五島列島にスポットを当てさせてもらいましたが、バイトルの中ではいろいろなエリアで告知がされていますし、今後の開催予定もあります。

  • 礼文島(北海道)
  • 種子島(鹿児島県)
  • 大分県

最近は地方創生として、地方が見直され始めています。スローライフということで、移住に対する理解も進んできました。今後もこういうイベントはいろんなところで展開されていくでしょう。そういった点ではバイトルの企画はオリジナリティに溢れているなと感じます。

本日のまとめ

本日はバイトルの特集の1つである移住の勧誘について記事を書かせていただきました。今回は長崎県にある五島列島への移住です。zoomを使ったイベントということで、最近はこういったイベントがいろんなところで開催されています。コロナ禍のなかで有効活用したい機会ですね。五島列島に限らず、最近は移住というものが見直しされ、助成金がもらえたりするケースもありますので、前向きに考えてみてはいかがでしょうか。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告