折込チラシのアイデムから始まって現在はイーアイデムと変化しました

求人メディア

イーアイデムについて教えてください。

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・アイデムって新聞折込チラシからスタートしたの?
 ・アイデムについて知りたい!
 ・イーアイデムってどんなサイト?

以前、メジャーな存在だった日曜日の新聞折込チラシの「アイデム」というメディアがあります。

当時は都市圏を主体とした全国区のチラシでした。

時代の流れの中で、現在はネットメディアの「イーアイデム」に変わってしまいました。

どんなメディアなのか少し書かせていただきます。

イーアイデムの運営会社

運営しているのは株式会社アイデムです。(㈱アイデムのリンクはこちらをクリック)

本社は東京です。

サイトには法人向けサービスとしていくつか記載がありました。

・求人広告掲載
・人材紹介サービス
・外国人採用
・採用サイト構築
・Jobギア採用管理
・人材育成サービス
・リターム

人材の募集から育成まで幅広い事業展開をしています。

引用 アイデム

最後に出てきた「リターム」という用語が分からなかったので調べてみました。

どうやら採用の用語ではなくサイト名のことらしく、企業への情報発信をしているサイトのようでした。

イーアイデム

実際にサイトの使い勝手を見てみたいと思います。

もはや求人サイトとしてはスタンダードだともいえますが、全国の求人情報が閲覧できます。

サブタイトルには「バイト/アルバイト/パートのお仕事探しはイーアイデム!」と書かれていることからも、案件の主体となるのはアルバイト・パートだと言えます。

愛知県小牧市で検索してみました。

引用 イーアイデム
掲載されていた社員区分
・アルバイト(44)
・パート(48)
・正社員(26)
・契約社員(8)
・派遣社員(99)
・紹介予定派遣(35)

このような感じになっています。

アルバイト・パート案件は92件、フルタイム案件は168件の掲載があります。

サブタイトルからするとアルバイト系が主体ですが、実際にはフルタイム案件が多いようです。

また、案件をそれぞれ見ていくと、同じ会社の案件が目立ちます。

職種は異なりますが、同じ店舗での募集が8件あります。

予測
枠単位で一括購入して掲載を行っている
同じような職種があるので、時間を細分化した募集方法を取っている
掲載順位はオプションプランが存在するか、更新した案件が上に表示される仕組みになっている

募集する企業側の方針だけを優先して、応募者の視点に立っているとは言えない部分もあります。

ただ、コラムは非常に読みやすく、参考になります。

引用 イーアイデム

SimilarWebで実力測定してみました

僕が運営するサイトではありませんので、いつものSimilarWebを使ってちょっとした実力測定を行いました。

引用 SimilarWeb
引用 SimilarWeb
引用 SimilarWeb

SimilarWebのデータでは、月間の訪問者数は320万、回遊は3.2ページです。

タウンワークの数値と見比べてみます。

イーアイデム タウンワーク
月間セッション数 320万1,780万
回遊PV3.17ページ4.67ページ
オーガニック流入56.22%66.58%
ダイレクト流入26.11%25.90%
掲載案件数138,123件633,705件
2021.4.14時点に調査した数値

かなり水をあけられた形になります。

【まとめ】イーアイデムはフルタイム案件も多数掲載されている

サブタイトルには「アルバイト・パート」というフレーズがありますが、フルタイム案件も多く掲載されています。

バランス的にも悪くありません。

アイデムの強みは、日曜折込チラシ・フリーペーパーを発行している点にあります。

タウンワークはフリーペーパーとタウンワークネットとのセットになります。

そういう点では違った強みがあるので、うまく活用したいものです。

求人メディア業界では老舗の会社ですので、信頼できるメディアの1つです。

まとめ
 ・アイデムは日曜日の新聞折込チラシからメディアがスタートした
 ・現在はイーアイデムという求人サイトが主になっている
 ・アルバイト・パート向けのメディアだが実際はフルタイム系の案件が目立つ
 ・ネット・フリーペーパー・折込チラシの3本立てのメディアは珍しい

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告