イーキャリアというサイトを運営しているのはSBヒューマンキャピタル

求人メディア

先日、イーキャリアという求人サイトの営業をさせてほしいということで営業担当者の方がお越しになりました。こういった仕事をしていますので、「イーキャリア」というサイトの名前は聞いたこともありますし、だいぶ前にはなりますがサイトの中身を見たこともあります。あれからしばらく経つということもありますので、改めてサイトのことを調べて、記事にしてみたいと思います。参考程度にお読みいただければと思います。

運営会社はSBヒューマンキャピタル

イーキャリアを運営しているのはSBヒューマンキャピタル株式会社になります。(SBヒューマンキャピタルのサイトはこちら

「SB」は、ご存知のとおりソフトバンクですので、関連子会社ということになります。もともとは1999年にイーキャリア株式会社として設立されています。その後、変遷を経て2004年にソフトバンクヒューマンキャピタル、2013年にSBヒューマンキャピタルとして社名変更して現在に至ります。

現在、設立22年ということになります。

営業の電話をもらった時には「ソフトバンクヒューマンキャピタル」と聞きましたので、SBというよりはソフトバンクというネームバリューを活かした営業展開をしているのだろうと思います。

本社は東京・六本木、オフィスは大阪・福岡・名古屋にあります。

運営サイトはいくつかあります。

本日はイーキャリアのみの紹介とさせていただきます。

ライバルサイトの位置付けについて

イーキャリアは正社員をターゲットとした転職サイトになります。

営業案内によると利用している求職者の40%が20代とのことです。ほかの会社が運営するライバルサイトとしては「リクナビネクスト」「マイナビ転職」「en転職」「はたらいく」などの正社員向けサイトが想定されます。

他社サイトとの比較はどうなんでしょうか。月間訪問数はSimilarWebから引っ張りました。

イーキャリアリクナビNマイナビ転職en転職はたらいく
月間訪問数237,5269,464,0009,363,0006,236,0002,076,000
正社員案件数21,19746,19510,931抽出できず
全案件
6,073
抽出できず
まとめサイト
(リファラル)
スタンバイ
(25.83%)
求人ボックス
(18.64%)
データなし求人ボックス
(14.05%)
indeed
(10.12%)
求人ボックス
(12.02%)
indeed
(9.88%)
indeed
(16.04%)
求人ボックス
(2.67%)
2021.4.23時点のデータ

数字だけ見てみると、訪問数にかんしては他のサイトと比べるとやっぱり少ないです。TVでのプロモーションなんかも、そんなに頻度があるわけではないので仕方ないかなとも思います。

スタンバイや求人ボックスなどからの流入割合が高いですが、そこから引き込まないと数値が維持できないという背景もありそうですね。

サイト訪問して抱いた印象

もうどれくらいか忘れてしまいましたが、数年前に訪問した時はケータイショップスタッフやオフィス・販売系の案件が目立ったような気がします。

営業訪問して頂いたあとに再度、訪問してみました。

スライダーで表示される会社を見てみると、

  • セガ
  • モスバーガー
  • ソフトバンク
  • サイゲームス
  • 楽天モバイル
  • グリー
  • ガンホー など

名だたる企業が並んでいます。やはりオフィス系の案件が多いような印象を受けます。また、20代の転職希望者に向けたラインナップだということもなんとなく伝わるものです。

では、実際に僕が住むエリアの求人検索をしてみたいと思います。

エリアを愛知県のなかでも「名古屋市内」に限定しました。上位表示20件だけ追いかけてみました。

  1. スタッフサービス 【人材系】
  2. テクノプロ・コンストラクション 【人材系】
  3. テクノプロ・コンストラクション 
  4. 名古屋エムケイ 【タクシー】
  5. 名古屋エムケイ 
  6. 名古屋エムケイ
  7. 名古屋エムケイ
  8. 名古屋エムケイ
  9. サンワハウス 【住宅】
  10. メイホーアティーボ 【人材系】
  11. 小松開発工業 【ソフトウェア】
  12. 小松開発工業
  13. 小松開発工業
  14. アサンテ 【住宅】
  15. ワールドコンストラクション 【人材系】
  16. ワールドコンストラクション 【人材系】
  17. テクノプロ・コンストラクション
  18. スタッフサービス
  19. 名鉄タクシーホールディング 【タクシー】
  20. ネクステージ 【販売】

僕の住む愛知県ではなかなかオフィスカラー的な仕事は上位に出てきませんでした。掲載プランの問題なんだろうと思いますが、1社で複数枠の掲載をしているケースが多いです。

イーキャリアの強みってなにがあるのか

営業案内のなかでいくつか教えてもらいました。

  • メディアのコストパフォーマンスが高い
  • 各エリアでのプロモーションを強化している
  • 2021.4.13よりCM放映してサイト流入数250%アップ
  • 登録者の約90%が3ヶ月以内の転職希望
  • イーキャリアの求人原稿を提携サイトへ提供(indeed、転職EX、アスコム、キャリコネなど)
  • 現年収があまり高くない若年層が多く、募集年収としてはそこまでシビアになる必要がない
  • アプローチ機能ということで登録者に対してメール送信が可能
  • 1回の掲載につき、3原稿が掲載できるシステム
  • 転職情報は毎日更新される

全て営業案内から引用しています。

基本掲載プランは、マキシマム(Maximum)・ハイエンド(High-end)・スタンダード(Standard)の3つがあります。

【まとめ】掲載金額を加味するとコスパは確かに高いのがイーキャリア

営業提案をうけたり、いろいろリサーチした結果として、たしかにイーキャリアのコスパは高いと言えます。

ただ、サイトユーザー数については、正社員向けの求人サイトとしては王道の部類に入るリクナビNEXTやマイナビ転職と比べると少し弱い部分もあります。

リクナビNEXTやマイナビ転職の掲載金額は値が張るのも事実、あとは掲載をする側の判断です。値段は高いが原稿を見てもらう確率の高いものを選ぶか、値段はそこそこにしてそのサイトの中で目立ち応募獲得に繋げていくか、二択だと思います。

若年層の採用に強みがあるイーキャリア、一度検討材料の1つにしてみてはいかがでしょうか。

本日のまとめ

本日はソフトバンク子会社のSBヒューマンキャピタルという会社が運営する「イーキャリア」というサイトについて紹介させて頂きました。イーキャリアは若年層・正社員希望者に対するサイトです。マイナビ転職やリクナビNEXTに比べると閲覧数はたしかに低いですが、希望年収レンジとしてはそこまで高くないので会社側としては、けっこう狙い目かもしれません。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com