タウンワークが求人誌を軽視しはじめていると感じるもう1つの根拠

求人メディア

タウンワークはネットの方を重視していませんか?

アドバイスさせていただきます。

タウンワークがインターネット化しているのではないかという記事を以前に書きました。

本日は、もう1つの理由を書かせて頂きます。

この記事の内容
 ・タウンワークがネット化した根拠はほかにもある?
 ・やっぱりネットの方が優位なの?

過去記事のちょっとした補足です。

【参照】タウンワークはネットを強く意識している

タウンワークがネット化していると取れる根拠は過去記事に書きました。

お時間のある方はお読みください。

タウンワークが紙面ではなくネットを意識したメディアに変わりました

タウンワークに付随するオプションは全てがインターネットに付随するものです。

(タウンワークの2版セット・3版セットはオプション扱いしていません。)

個人的な見解としては間違っていない結論だと思っています。

タウンワークがネット化していると取れる根拠

インターネット化を裏付けるもう1つの根拠が今回の記事です。

タウンワークの発行元であるリクルートは求人誌ではなくネット版を重視しているようです。

タウンワークネット4週プランの申し込み内容です。

リクルート

項目別の内訳

金額    
  TWN4週【ネット】     43,200円   
タウンワーク【求人誌】0円   

【まとめ】やはりタウンワークはネット化している

インターネットメディアは43,200円、紙メディアは0円でした。

スタートした当初は紙メディアだったタウンワークが、ネット化しているという指摘は的確です。

ネットメディアの方が優位である状況を考えれば、この傾向が元に戻るとは考えにくいです。

紙面のみのユーザーもいること、求人誌としては業界1位であることを考えると、当分の間は廃刊になることは考えづらいですが、縮小の傾向であることは間違いありません。

本記事のまとめ
 ・タウンワークがネットを重視していることは申込の段階でもよく分かる
 ・紙面よりもネット優位である傾向は今後も変わらない
 ・紙面がすぐになくなるとは考えにくい
 ・求人募集をするときはそれぞれのメリットを考えてメディア選定するべき

本日は以上です。

スポンサー広告