indeedに理解のない人に分かるように説明をするにはパワーが必要

アグリゲート型サイト

僕は人材会社の中で採用担当をしています。2,000人ほどの規模の会社になりますが、本部オフィスに所属する たった一人の採用担当です。こう見えても、あれもこれも仕事を抱えており、なかなか大変なポジションではないかと思っております。仕事の一環で、indeedの中身について社内で説明することになりました。説明をする相手はindeedに対して全く知識のない人です。頭の中では分かっていても、言葉にするのは結構難しい、そんな体験をしましたので記事にしました。

indeedのことを資料なしで説明するのは非常にむずかしい

今回、特に資料は必要ないということを言われ、頭の中で説明内容を練りましたが、途中で挫折しました。

少なくとも、僕の話術では無理でした。話す方も、聞く方も、何か視覚に訴えるものがないと苦しいということで急遽、かんたんな資料を用意することにしました。

時間がなかったこともあり、用意した資料は手書きで乱雑に書いたものです。順番は、おそらく話していく中で変わるだろうということであまり気にしませんでした。

初回はインディードの概略だけ理解してもらうことだけが狙いでしたので、あまり深く考えませんでした。

そもそも、1回の説明だけで理解できるほどインディードって単純ではありません。

インスタント的な作成で用意した資料(前編)

100%説明することは僕のレベルでは無理ですので、全部を説明するつもりはありません。

煩雑になるので、完全に正しい説明も避けました。

資料1ページ目

まずはindeedの概略からの説明です。

indeedを始めとした求人検索エンジンはいろいろあります。アグリゲート型の求人サイトとも呼ばれますが、まとめサイト的な位置付けで、いろんなサイトの求人情報が1つのサイトで見ることができたり、応募ができたりするので応募者にとっては非常に便利な存在です。

そのためユーザー数も年々増えていて、indeedの年間ユーザー数は3,600万人にまで上ります。

indeedは有料広告枠と無料広告枠(オーガニック枠)に分けられます。以前は、お金を出せば上位表示されていましたが、現在は全てランダム表示です。

資料2ページ目

今までずっと運用してきた掲載課金型のメディアとは、性質が大きく異なります。indeedは運用型広告とも言われます。「1回掲載していくら」というスタイルではなく、「1回クリックしてもらっていくら(クリック単価)を消化していく」というプリペイド方式になっています。

クリック単価は任意に決めることができます。

よく、自社の案件が自分のスマホやパソコンから見れないなどということを質問されますが、人によって検索結果が違います。indeedのAIが個々のデバイスで動いていると言われます。

インスタント的な作成で用意した資料(後編)

ここからは運用面の話になります。

資料3ページ目

indeedに限らず、求人サイトにおける検索においては、本文(コンテンツ)のワードが重要になります。

求職者が検索の時に使うワードが本文に入っていないと、検索表示されないのです。だからこそ、本文のボリュームを増やす必要があるのです。文章量を増やす、ワード数を増やす、2つの方法で取り組まなければいけません。

資料4ページ目

また、indeedは職種名の表記基準が厳しいです。仕事内容に関係のない待遇面に関するワード(未経験歓迎など)を入れてしまったり、差別的なワード(男性活躍中など)を入れた場合は無料枠で表示されなくなります。

インディードのAIと人間の目の両方からチェックが行われています。

今までのインディード運用と今後のインディード運用

資料5ページ目
資料6ページ目

今は、会社全体の案件に対してindeed運用をしています。その一部の注力案件に対して、少しだけですが別に運用費を投下しています。そのようにして、だいたい固定経費のような感じで支払っています。

それを中止するわけではありません。

とある1原稿に対して、予算を別個に設定してindeedを試験運用してみることに決めました。

結果が出るかどうかは分かりませんが、いろいろ新しいことにも取り組んでいかなければ切り開けません。

【まとめ】何も知らない人に対して知ってもらうのは何でも大変なこと

今回はindeedの勉強会ということで、社内では一番知識がある(と思われる)僕の方から簡単に説明をする機会を作ってもらいました。

そのなかで、これからの取り組みについても触れました。

どんなことであっても、全く知識のない人に対して短い時間内で理解をしてもらうのはお互いに労力が必要になります。でも、こういった場は教える側の理解を深めたり、プレゼンテーション力を磨くいいきっかけになります。

定期的にこういった場を作った方がいいですね。

本日のまとめ

本日は社内のインディード勉強会で使った資料をもとにして記事を書きました。インディードはシステムが複雑で理解が難しいところばかりです。でも、社内でいろんな人に理解してもらうことって、とても大切です。インディードの運用方法っていろいろあるので、会社にとってベストな選択肢が取れるといいですね。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com