無料掲載されなかったのでIndeed社に問合わせしてみた【直接投稿】

紹介

自分で作った原稿がindeedで無料掲載してもらえません。

どうしたらいいですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・なぜ同じindeedの案件でも無料掲載できないものがあるの?
 ・無料掲載してもらえない理由はなんなの?
 ・どうしたら無料掲載してもらえるの?

どの会社も無料で良い人材が採用できるのが一番理想的です。

とはいっても、現時点ではなかなか達成が難しいことでもあります。

本日はindeedの無料投稿(直接投稿)に関する掲載ペナルティの記事内容になります。

indeedの掲載ペナルティはよくあること

indeedに直接投稿で掲載をして、無料掲載してもらえないことはよくあることです。

頻繁に管理画面を使って原稿を作っている担当の人であれば、驚くような内容ではないはずです。

indeedに無料掲載してもらえない理由
①職種名がシンプルではない(仕事内容以外のワードが含まれている)
②ほかの案件と重複しているとみなされている
③就職差別につながりかねない内容(男性のみを採用、女性のみを採用など)

僕自身も経験したことがあり、過去記事に書かせていただいたことがあります。

indeedに案件が表示されない場合は一度Indeedに問い合わせてみるべき

indeed掲載基準が強化されましたので気を付けましょう【注意喚起】

掲載のペナルティを受けた案件について

今回対象となった案件は、直接投稿を行った案件です。

直接投稿の案件3件中、1件の案件です。

引用 indeed

アップロードした画像の2番目の原稿が対象となります。

ポイント
・同じ日に3案件、公開申請を行った
・2番目の案件だけが無料掲載してもらえていない
・1番目と2番目の案件は勤務場所は同じ、勤務時間が違うだけ
・1番目の案件はペナルティを受けていないように見えるが閲覧数は0件

ペナルティを受けてしまった案件の公開申請

1度ペナルティを受けてしまうと、勝手にペナルティが解けることはありません。

そして、ペナルティを受けた理由も、外部の人間には確定診断ができません。

今回の件も含めて、困ったことがあった場合は直接Indeed Japan社に問い合わせするのが1番早いです。

そして、確実な解決策が見つかります。

問い合わせ方法については過去記事をお読みください。

indeedに案件が表示されない場合は一度Indeedに問い合わせてみるべき

フッター右下部分から入ります。

引用 indeed

あまり難しく考える必要はなく、そのままフォームに入力をすればいいです。

引用 indeed

Indeed社とはいっても、日本法人のIndeed Japan社なので、言葉の問題は気にする必要はありません。

予想外だったIndeed Japan社からの返信

問い合わせた案件ではないところの案件に対して返答がありました。

引用 Indeed Japan社からのメール
公開申請をした2番目ではなく、3番目の案件に対しての回答でした。

改めて、問い合わせをしました。

こちらが質問したかった案件とは別の案件で返答が来たのですが、間違いではないですか?という内容です。

もらった返答です。

引用 Indeed Japan社からのメール
返答内容まとめ
問い合わせをもらった案件とは違った内容にはなりますが、その内容を審査部門で審査してもらう際には、会社で掲載している案件全部の審査を受けるので、(  )のついた案件も無料掲載できなくなる可能性があります。そのため、(  )のついた案件も直すことをオススメします。

【まとめ】無料掲載できない理由の把握は大切

今回、indeedで無料掲載してもらえない事案が発生しました。

採用担当者であれば、経験したことのある人も多いはずです。

大きく見て3つのルールがあります。

  • 職種名がシンプルでない
  • ほかの募集案件と重複している
  • 就職差別に繋がりかねない文言が含まれている

これらを守らないと無料掲載してもらうことができません。

そのなかで、今回抵触したルールが「職種名がシンプルではない」というものでした。

また、無料掲載してもらえている案件であっても、スタッフの目視でのチェック次第では、無料掲載してもらえなくなる可能性があることを理解しておく必要があります。

本記事のまとめ
 ・indeedに直接投稿した案件すべてが無料掲載してもらえるわけではない
 ・無料掲載してもらえないのはindeedの掲載ルールを逸脱しているから
 ・守るべきルールのなかで特に大切なのは3点、①シンプルな職種名②案件の独自性③使用するワード
 ・無料掲載してもらえてないことが判明した場合はIndeed社に直接問い合わせるのが一番早い
 ・問い合わせるとIndeed社から理由を教えてもらうことができ、無料掲載してもらうことも可能

本日は以上です。

スポンサー広告