インディードの掲載停止ペナルティに疑問があれば異議申し立てすべき

アグリゲート型サイト

インディードにはペナルティがあると聞きました。

詳しく教えてください。

この疑問を解決します。

この記事の内容

インディードの直接投稿の話になります。

以前、ペナルティが発生する原因が2つあるという記事を書かせてもらいました。

今回は重複案件としてのペナルティについての話です。

ペナルティの内容と発生原因

インディードのペナルティを受けると、案件がインディード上に掲載されなくなります。とくに、無料広告に対するペナルティは審査が厳しいので注意をしなければいけません。

ペナルティが起きる原因としては2つあります。

  1. 職種名がシンプルな表記ではない、使ってはいけないワードが入っている
  2. 同じ(と判断される)案件が存在する

職種名の表記によってペナルティを受けたことは過去記事に書かせてもらいました。お時間のある方はお読みください。

今回発生したペナルティについて

今回発生したペナルティは重複案件だと思われます。

ペナルティを判断しているインディードのAIにはまだまだ不明な点が多いこと、ペナルティの内容にも確定診断ができないので、基本的に「ペナルティと思われる」という言葉を使うようにしています。

インディードの管理画面で見てみます。

お歳暮の短期案件として2つの職種を作成しました。

  1. のし貼り・包装(お歳暮商品)
  2. お歳暮の簡易包装作業

ペナルティを受けないように職種名には配慮したつもりです。では、内容はどう違うのでしょうか?

左側の案件が①のし貼り・包装(お歳暮商品)、右側の案件が②お歳暮の簡易包装作業

見比べていただいても違いがほとんどないことに気が付かれると思います。

案件の内容は数か所だけ変えて作成をしてあります。明らかに異なるのは勤務時間(15時まで・午前中)、時給(1000円・960円)の表記部分です。

最後はインディード社に確認

あれこれ考えても、細かいことはよく分からないので、こうしたペナルティを受けた場合はIndeed社に直接問い合わせてみることをオススメします。

理由は2点です。

  1. 判断をするAIが間違った判断をしている可能性があること
  2. ペナルティを受けた理由を遠回しに教えてもらえる

インディードへの問い合わせは「お問い合わせ」から行えます。

管理画面の最下段のフッター部分の「お問い合わせ」をクリックします。

ありのまま入力してみました。

送信をクリックして返答を待ちます。

インディード側も人手不足かもしれない

問い合わせフォームから送信しましたが、1週間経過しても返答がありません。最近はこうした問い合わせも多いようですので、ひょっとしたら人手不足なのかもしれません。

再度、問い合わせしてみました。

2回目の問い合わせをした数時間後に、1通のメールが届きました。

文面だけ読むと、案件自体に問題はなかったようです。

審査の期間がどれくらいなのか分かりませんが、会社側としては本当にそれが正しい理由なのか疑問にも思ってしまいます。

管理画面を確認したところ、きちんと無料枠で掲載されていました。

【まとめ】ペナルティの原因が分からなければ異議申し立てするべき

インディードの掲載に慣れてくると、インディードの内部の仕組みが少しずつ理解できるようになります。

「ペナルティを受けたけれど理由が分からない」ということがときどき起こります。

そういう時は問合せフォームからインディード側に直接質問することをオススメします。

未完成のAIが判断しているせいかもしれませんが、裁定が間違っていることがしばしばあります。

インディードでは無料掲載停止のペナルティを受けることがよくあります。原因が分からないときはあれこれ考えていても時間の無駄ですので、思い切って問い合わせてみましょう。ただ、最初に職種名がシンプルかどうか、重複案件がないかだけはしっかり確認するべきです。

スポンサー広告