モバイルファーストインデックスの考え方は求人サイトにも必要なのか

紹介

モバイルファーストインデックスについて教えて欲しい!

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・モバイルファーストインデックスってなに?
 ・モバイルファーストってなに?
 ・求人サイトでも必要なの?
 ・Googleの検索について

Googleは、モバイルファーストインデックスへの移行を表明しています。

それだけ、モバイルファーストの考え方は大切になってきます。

【前提】モバイルファーストについて

携帯端末(モバイル)向けのサイトを最初(ファースト)に作るという意味ではありません。

パソコンではなく、スマートフォンやタブレット端末で閲覧・利用することを前提に作られることがモバイルファースト

ウェブ系の知識がない人にはとても分かりにくい内容です。

どうしても難しい場合は、「スマートフォン最適化=モバイルファースト」と理解してもいいです。

ポイント
・正確に言うと、「スマートフォン最適化=モバイルファースト」ではない
・最適化のことをレスポンシブデザイン、モバイルフレンドリーとも言う
・最適化とはそのデバイスを見たときに、それに合わせて表示が変わることを言う

最近作られたサイトであれば、だいたい最適化が実装されたサイトです。

モバイルファーストに対応できているかどうかを確認するにはGoogleの公式ツールがおすすめです。

▶︎Google公式ツール「モバイルフレンドリーテスト

実際に確認してみました。

当ブログはモバイルフレンドリー対策はできています。

一方、対策できていないサイトだとこのように診断されます。

モバイルファーストインデックスについて

モバイルファーストを使ったワードに「モバイルファーストインデックス(MFI)」があります。

MFI=モバイルサイトを軸にインデックス登録がなされ、モバイルサイトを軸に検索順位が決められること

Googleが導入するとリリースしてから何回か延期になった経緯がありますが、2021年3月に実施されています。

モバイルファーストインデックスへの対応次第で、GoogleにおけるSEO順位に影響が出ます。

上位表示だったサイトが検索順位を落とすことがあれば、その逆もあるということです。

最近の求人サイト

メジャーな求人サイトであれば、まずモバイルフレンドリーのサイトです。

そうでない求人サイトを探す方が難しいくらいです。

タウンワーク
引用 タウンワーク

パソコンでは、このように見えるサイトもスマホで表示すると変わります。

タウンワーク
引用 タウンワーク

パソコンのサイトをそのままスマートフォンで見ることは不可能ではありませんが、使い勝手は悪いです。

最適化の重要性がよく分かります。

モバイル端末からのアクセス率

求人サイトにおけるモバイル端末からのアクセス率を調べてみました。

サイトごとの特性だったり、データ収集期間によって変わりますので、参考程度にしてください。

2020.10.1~11までの11日間
分かったこと
・スマートフォンからのアクセスよりPCからのアクセスの方が多かった
・詳細PVへの遷移率はスマートフォンからのデータが上
・応募獲得数はスマートフォンからのアクセスの方が断然上

数字だけですが、そのようなことが言えます。

スマートフォンの普及率がもっと増していけば結果にも変動が出てきます。

【まとめ】モバイルファースト対策は必須

Googleのリリースによれば、今後いかにモバイルファーストという考え方が大切かが分かります。

スマートフォンやタブレット端末の普及を考えると、SEO対策の前提になることは間違いありません。

検証結果を見れば、ユーザーはスマートフォンを使って求人応募していることが分かります。

ネット検索も仕事探しもスマートフォンを中心に行われているということです。

今後、ますますこの傾向は進んでいきます。

まとめ
 ・モバイルファーストはモバイル端末での閲覧をベースにしてサイトを作るという考え方
 ・モバイルファーストインデックスはモバイルサイトを軸にインデックス登録されること
 ・Googleはモバイルファーストインデックスを導入している
 ・今後のSEO対策ではモバイルサイトを重視しなければいけない
 ・そのサイトがモバイルフレンドリーかどうかは簡単に調べることができる

本日は以上です。

スポンサー広告