直接投稿での写真が見れなくなっていましたがサイト改善が行われました

アグリゲート型サイト

当ブログの記事の中で、よく読んでもらっている記事の1つに「indeedオリジナルページが終了した」ことについて書いたものがあります。indeed側からいきなり通知メールが来たこともあり、たぶん多くのみなさんがよく分からず検索をかけて、たまたま当ブログが引っかかったのだろうと思います。オリジナルページは本日現在、使うことができません。僕自身は、あまり重要視していませんでしたが、ちょっと不便な点が今になって出てきました。参考程度にお読みいただければと思います。

indeedオリジナル採用ページについて

indeedのオリジナルページについては過去記事に書かせて頂きましたので、お時間のある方はお読みください。

オリジナルページとは、indeedのなかにある企業ページのことを指します。indeed内部のオウンドメディアみたいなもので、その会社の直接投稿タイプの案件だけを集めたものです。直接投稿タイプだけなのでクローリングしたものや、フィード送信したものなんかは表示されません。

かんたんな企業案内もコンテンツとしてありますが、先日廃止となってしまいました。

そのことに関しても過去記事に書かせていただきました。

オリジナルページがなくなったことに対しての個人的意見

indeedというサイトの特性上、同じ会社内の案件を回遊するということに対してはあまり期待できないものだと思っています。どちらかと言えば、自分が設定した条件のなかで表示された案件を回遊するイメージが強いです。

オリジナルページは一般的にはあまり浸透してはいないし、同じ会社内の案件を回遊することは少ないだろうというもあり、僕の個人的な意見としてはそんなに影響がないだろうと思っていました

indeed社や求人広告の代理店からはそういったページがありますよというアナウンスは特になかったですし、っサービス終了についてもメールが1通届いただけです。そんな扱いですからね。

後で分かった1番大事なこと

サービスが終了になって、1つ大きな影響があることに気が付いてしまいました。

僕自身はすっかり存在を忘れていましたが、「直接投稿タイプの案件の写真が表示されなくなってしまったこと」です。インディードはモバイル端末からの流入が多いです、そんな中でモバイル端末でしか見れない写真が表示されないのは痛手です。

さすがはindeedともいうべきポイント

これはダメだなと思って記事を書いていたところ、indeedから救済措置がありました。

indeed管理画面(ダッシュボード)が改善されたのです。

オリジナルページが終了になって、それまでは1ヶ月近く写真の挿入ができませんでしたが、ダッシュボードが改善されて写真が原稿に入れれるようになったのです。

写真を入れたい場合は、編集をクリックしてアップロードするだけなので簡単です。

いちばん目立つのは「メイン画像」になりますので、写真選びも慎重に行ったほうがいいです。ありがたいのは、今までのように会社で5枚の画像ではなくて、案件ごとに5枚の画像が使えるところです。より、応募者ファーストを意識した形となりました。

【まとめ】やっぱり今後は直接投稿に力をいれるべき

indeedオリジナルページがあったときは、オリジナルページの管理画面から画像をアップしていました。そのため、会社で5枚の画像しか登録できませんでした。

オリジナルページがサービス終了で見れなくなってしまい、画像まで見れなくなってしまい、本当に困ったなと思っていたところ、indeedから救いの手がありました。

案件ごとに5枚の画像が登録できるようになったのです。

クローリング案件で、これだけの画像が入る原稿はありませんので、そういった点でメリットは最大限に活用するべきです。メイン画像はインパクトのある画像、サブ画像としていろいろな画像を使い、目を惹く原稿を作りたいものです。

本日のまとめ

本日はindeedオリジナルページのサービスが終了してしまったことの弊害を書かせて頂きました。直接投稿の写真が見れなくなってしまい、不便になったなと思っていたところ、indeedから思わぬ改善がありました。案件ごとに写真が登録できるようになったのです。いままでは会社に対して5枚だけの登録だったので、より使いやすく、より目を惹くようになったと言えます。直接投稿のメリットは最大限に生かしましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告