有料広告運用を代理店に任せず運用することは可能なのか【indeed】

アグリゲート型サイト

indeedの有料広告運用には特殊な知識が必要ですか?

アドバイスさせていただきます。

この記事の内容
 ・indeedの有料広告運用は自社でできる?
 ・どんなメリット、デメリットがあるの?
 ・inndeedの運用は難しいの?

indeedの活用をしませんか、運用を任せてくださいという営業が増えてきました。

最近の営業のトレンドですし、しばらくは続くことが予測されます。

実際にindeedの活用次第で結果は大きく変わります。

基本的にはindeed運用代理店に運用してもらう方が圧倒的に大多数を占めるはずです。

でも、自分たちで運用することはできないものでしょうか?

indeedの自社運用が目標

僕の目標の1つが「indeedの有料広告運用を自分で行うこと」です。

理由
・難しいスキルを身に付けたい(自分にプラス)
・中間マージン分もindeed運用に回したい(会社にプラス)

とくに大きいのは「中間マージン分もindeed運用に回したい」です。

マージン分を運用費に回すことができれば、より効果が期待できると考えています。

代理店にもよりますが、マージンは20%ほどで設定されている会社が一般的です

ほとんどの代理店は20%のマージンを取ります。

ここでは価格競争が起きないので、発注する側としては会社選びに迷うことが少ないです。

indeedに限らず、求人ボックスなどのアグリゲーションサイトで20%です。

マージンを払ってindeedの運用をする理由はどこにあるんでしょうか。

・クリック単価を決めるデータを自分たちでは持っていないから
・原稿改善のノウハウを持っていないから

もっと分かりやすく書くと、

・自分たちでクリック単価を決められないから
・自分たちで原稿改善ができないから

この2点ができないのでマージンを払ってまで運用していくのです。

逆に、この2点が自分たちでできるなら、運用を代理店にお願いしなくてもいいのです。

マージンがなければできること

10万円の運用費を例に考えてみます。(マージン20%)

10万円の運用費(実質のindeed広告費用は8万円、マージンは2万円)

1クリック単価を100円に設定すると、20,000円÷100円=200クリック分がマージンで運用できます。

indeedの平均相場として、200クリックで1応募という数値があります。
マージン分だけ運用に回せれば、応募に繋げることができるかもしれないのです。

自社でindeed運用するリスク

自社でindeed運用をするリスクについて考えました。

リスク
・設定したクリック単価が高すぎる
・設定したクリック単価が低すぎる
・適切な原稿改善ができない

この3点が大きなポイントです。

①設定したクリック単価が高すぎる場合

エリアや職種によって、クリック単価の設定は変わります。

100円の設定で十分な案件に対して、500円の単価を設定してしまった場合(運用費30万円の場合)

・クリック単価(100円)300,000÷100=3,000クリック
・クリック単価(500円)300,000÷500=600クリック
【結果】単純計算で、2,400クリックも機会損失

②設定したクリック単価が低すぎる場合

設定したクリック単価が低すぎる場合は具体的な数字で比較できません。

適正なクリック単価で運用されている案件より、インプレッション数は落ちることが想定されます。

ただし、indeed内での表示順位に与える影響ははっきりしていません。

クリック単価が低すぎる場合は、細く長く掲載ができるのでそれなりにメリットもあります。

③適切な原稿改善ができない

適切な原稿改善というのは回数の問題ではなく、内容の問題です。

  • 検索表示に重要とされるキーワードを案件の中に入れる
  • トレンドとなるキーワードを使う
  • 原稿作成のポイントを熟知している

運用代理店のアドバイスを得ずに、原稿を作ることによるリスクが少なからずあります。

職種名は適切か、原稿内容の表記方法は適切か、自分たちだけで判断が付かないものです。

【まとめ】indeed運用は外部委託した方が得策

いろいろ検討しましたが、indeedの運用は外部に委託した方がすんなり行きます。

仕事においては、その道のプロにお願いすることが結果への最短ルートだったりするもの。

中途半端な知識では、その道のプロに及ばないので分業化を進める会社も多くあります。

どれが正解、どれが不正解というのはありません。

会社によって出す答えも違うはずです、同じ答えを選んでも会社によって結果は変わります。

ただ、僕自身はあくまでも、自分で運用することを目標にしています。

本記事のまとめ
 ・indeed(有料広告)を運用代理店に任せるとマージンがかかる(20%が一般的)
 ・運用を代理店に任せる理由は運用が難しいから
 ・自社で運用しても、代理店に任せてもメリット・デメリットはある

本日は以上です。

スポンサー広告