インディードの有料広告運用を代理店をはさまずに運用ができないのか

アグリゲート型サイト

最近は求人サイトに掲載したり、求人メディアを使ったりしませんか?という提案よりもindeedを活用しませんかという提案の方が多くなりました。時流に沿った提案だなと思いますし、実際にindeedの活用次第で結果が大きく変わると思っています。基本的には広告代理店をはさんで「運用してもらう」ことの方が圧倒的に大多数を占めると思います。でも、自分たちで「運用する」ことってできないものでしょうか?参考程度にお読みいただければと思います。

自分でindeed運用は僕の目標でもあります

実は、僕の目標の1つに「インディードの有料広告枠の運用を自分で行うこと」があります。

それには2つのメリットというか理由があります。

  • 他の人でなかなかできないスキルを身に付けたい(自分自身にとってプラス)
  • 中間マージン分を広告運用に回したい(会社にとってプラス)

とくに大きいのは「中間マージン分も広告運用に回したい」です。間に入っている代理店にもよりますが、マージンは20%ほどで設定されている会社が一般的です。20%って結構大きい金額だと思います。

例えば、indeed運用費ということで10万円支払いをしたとします。

でも、実際にはマージン(20%)を除く80,000円が広告運用費となります。運用を違う会社にお願いするということは、やっぱり少なからずマージンは発生するものです。マージン分を運用費に回すことができれば、より効果が出せるのではないかと思っています。

マージンを払ってまでやることに意味があるのか

だいたいの会社さんは20%のマージンをもっていきます。

どこにお願いしても同じで、ここでは価格競争が起きませんので発注する側としては会社選びにあまり迷うことはありません。indeedに限らず、求人ボックスなどのアグリゲート型求人サイトでも一般的にはマージンは20%です。

マージンを払ってまでインディードの運用をする意義って何があるんでしょうか。

お願いする会社によって多少の違いはありますが、理由としては2点あります。

  • クリック単価を決める情報量が自分たちにはないから
  • 原稿改善についても根拠となるデータがないから

もっと分かりやすく書きます。

  • 自分たちだけではクリック単価を決められないから
  • 自分たちだけでは原稿改善ができないから

この2点ができないのでマージンを払ってまで運用していくのです。逆に、この2点が自分たちでも問題なくできるのであれば、運用を代理店にお願いしなくてもいいのです。

マージン分でなにができるのか

仮に20%のマージンを払ったとします。先ほどの10万円の運用費を例に考えてみます。

10万円の運用費の場合、実質の運用費は8万円・マージンは2万円でした。1クリック単価を100円に設定したとします。20,000円÷100円=200クリック分の広告費となります。

実はindeedにおける平均的な相場として、「200クリックで1応募」と言われています。マージン分だけ運用に回すことができれば、それだけ応募に繋げることができるかもしれないのです。

なかなか理想通りにはいかないかと思いますが、きちんとハマったとしたらかなり大きいですよね。

自社で運用するリスクは何があるのか

自社でindeed運用をするリスクってなにがあるのでしょうか。

  1. 設定したクリック単価が高すぎる
  2. 設定したクリック単価が低すぎる
  3. 適切な原稿改善ができない

この3点が大きなところではないかと思います。

①設定したクリック単価が高すぎる場合

エリアや職種によって、設定すべきクリック単価は変わると言われています。

100円の設定で十分だった案件に、500円の単価を設定してしまった場合を考えてみます。(マージンを除いた運用が30万円の場合を考えてみます。)

クリック単価が100円に設定した場合は、300,000÷100=3,000クリックとなります。

クリック単価を500円に設定してしまった場合は、300,000÷500=600クリックとなります。単純計算ですが、2,400クリックも機会損失していることになります。

②設定したクリック単価が低すぎる場合

設定したクリック単価が低すぎる場合は具体的な数字で比較することはできません。

適正なクリック単価で運用されている案件よりも、インプレッション数が落ちることが想定されます。ただし、indeed内での表示順位に与える影響は不明です。サイト内では有料枠も無料枠もランダム表示と言われています。

クリック単価が低すぎる場合は、細く長く掲載ができるのでそれなりにメリットも生じます。

③適切な原稿改善ができない

適切な原稿改善というのは回数の問題ではありません。

検索時に用いられる重要とされるキーワードを案件内にちりばめたり、トレンドとなる単語を使ったり、原稿作成のポイントを熟知している代理店のアドバイスを得ずに、原稿を作ってしまうことによるリスクが少なからずあるということです。

職種軸の設定は適切なのか、職種名が適切なのか、原稿内容は細かい方がいいのか、それともざっくり表記した方がいいのか、僕たち素人集団ではなかなか厳しいものがあるということです。

【まとめ】indeed運用は基本的に外部委託した方が得策

いろいろ検討しましたが、indeedの運用は基本的には外部に委託した方がすんなりいくことが多いです。

仕事においては、その道のプロフェッショナルにお願いすることが結果への最短ルートたったりします。中途半端な知識では、その道のプロに及ばないので分業化を進める企業もたくさんあります。

会社の中でそのチームの役割、個々のメンバーの役割、将来的な考えなど、いろいろ考えて運用を進めていけばいいです。どれが正解とか、不正解とかはありません。だから会社によって出す答えも違うはずですし、同じ答えをとっても会社によって結果も変わってしまいます。

僕自身はあくまでも、自分で運用することを目標にしています。

本日のまとめ

indeedの広告運用には20%のマージンがかかる会社が多いです。本日は自分たちでindeedを運用することによる危険性を書かせて頂きました。マージンを払ってまでやるべきなのかを比較検討しながら考えていくのがベストだと思われます。同時進行でのABテストは実施しづらい内容ですが、会社の方向性等も考えれば、自然と取るべき道も決まってきます。リスクは付き物ですが、余力があれば自分たちでindeedを運用してみるのも一手です。短期的な運用しか考えていないのであれば、外部への委託でも十分です。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com