インディードは職種名のカッコ内をクローリングしないという噂の話

アグリゲート型サイト
ここのサイトではたびたびindeedのクローリングだったり、案件の掲載に関する記事を書いてきました。少しどうでもいいような内容ですが、1つ豆知識的な内容がありますので、今回はあえて記事にすることにしました。参考にしてもらえればなと思います。

インディードの掲載についての前提知識

indeedはアグリゲート型の求人サイトです。

いろんな求人サイトの案件をクローリングして引っ張ってきたり、会社からフィード送信といって情報を送ってもらったものをサイト内に取り込んで求人案件として掲載しています。

今までの求人サイトとはちょっとコンセプトの違う求人検索サイトでした。

indeedも案件が増えすぎてしまったのか、最近一斉に「整理整頓」を始めたことは先日の記事にもさせて頂きました。少し驚いた採用担当の人も多かったのではないでしょうか。

現時点では、審査対象は職種名だけです。

シンプルな表記をしていれば、重複案件ではない限り、ほぼ大丈夫ということでした。


過去の記事ですが、インディード非掲載から改善までのフローを書いたものを紹介します。


職種名は一般的にはH1タグに該当します

インディードの職種掲載に関しては、結構変遷がありました。

求人原稿の中で職種名は一般的なH1タグに該当します。

H1タグということはブログなどでいうタイトルに当たるんです。文字数制限いっぱいまで使って、キーワードを必ず挿入するというブログのセオリーがあありますよね。それと同じです。

  1. 文字数は32文字使ってキーワードを挿入した職種名が望ましい
  2. いつの間にかクローリング方針の変更(2020年7月頃から)
  3. 出来るだけ簡易に、分かりやすい職種名が理想

これが変遷です。

できるだけ簡易に書くので、せいぜい10文字行けばいいところだと思います。

職種名を短くするだけなので時間のかかる作業ではありますが、特に難しいことではありません。だいたいの企業が対策できる範囲内だと思います。

実は一時的な救済措置みたいなものがあるんです

どうしても時間が取れなかったり、対策が出来ないという企業のために一時的な救済措置があります。

『現時点では』有効だと言われていますが、それは【  】を付けることです。

そうすれば【  】内のテキストはクローリングで反映されないのです。

嘘みたいな話ですが、一度確認してみたいと思います。

リクオプ(ATSシステム)での実際の表示

リクオプ上での表示

いくら【  】を付けたとしても、当然ですが【  】内の文言も普通に表示されます。当たり前のことですが。

インディードでの実際の表示

これがインディードにフィード送信されると、確かに職種の大表示のところは【  】内の文言は消えています。詳細表示内に出てくる職種名は【  】内の文言は残っています。

救済措置があると言っても気を付けるべき点

いくら救済措置があるとは言っても注意すべき点があります。

  1. たまたまリクオプでは通じるだけであって、他サイトで同じように通じるかは、残念ながら不明であること
  2. 現在は救済措置みたいな感じで使えるが、いつまで効力があるかは残念ながら不明であること

簡単に言ってしまえば、救済措置とは言っても非常に不安定なのです。

逐一、自社案件がindeedに掲載されているのかチェックできるなら問題はないかと思いますが、もっと他のことに時間を割くほうが効果的だと思います。

ちなみにGoogleの検索エンジンでは【  】をつけても普通に検索結果で表示されます。

【まとめ】職種名に【  】をつけることで【  】内部は非表示にできる

検証の結果、indeedのシステムではクローリングの際に【  】内の文言を読み取らないことが分かりました。

一時的な使用は問題はないかと思います。

ただ、これから長く運用していく中で、後になってまとまった時間を対策に取られてしまうのであれば、今のうちからコツコツと職種は簡潔に書いていくべきです。

本日は以上です。