indeedは積極的にクローリングをしなくなったのかもしれません

アグリゲート型サイト

インディードがいろんな求人サイトのクローリングをしてるって本当ですか?

どのタイミングでクローリングされるのですか?

この疑問を解決します。

この記事の内容

採用関係の仕事をしていると、いろいろな人からいろいろな情報を教えてもらえるものです。

やっぱり自分だけで仕事を進めていると視野が狭くなってしまうので、とてもありがたい機会だなと感じています。先日、indeedに関して「噂レベル」ではありますが、変な話を耳にしたので、実際に自分の目で確かめて1つの答えを見つけてみました。

インディードのクローリングシステムが変わってしまった?

先日の記事の中で、indeedのクローリングシステムについて少し書かせていただいたものがあります。お時間のある方は読んでみて下さい。

つい最近、indeedのクローリングシステムが大きく変わったという噂を耳にしました。

でも実際はどうなんでしょうか?クローリングの方法やシステムなどの内部の情報については、僕たち求人募集をする会社側に「オフィシャルな情報」として下りてくることは一切ありません

オフィシャルの情報がないので、いろんな場面で苦労を強いられるのです。いろんな人に聞きまくって、これが正解なのではないかと思われる対策を取ってみても、残念ながら空回りで終わることも多々あるのです。

これがネットの運用広告の難しさでもあります。

indeedを使って仕事の検索を実際にしてみました

僕は自分の目で見ないと納得できない主義なので、indeedを使って仕事検索をしてみました。

それぞれの条件で検索をして、上位6件だけを見てみました。求人サイトからクローリングしてきた案件の最上位が何位に入るかということに着目したのです。

首都圏 【東京都新宿区 × 事務での検索】

検索結果は32,921件の仕事がヒットしました。(2020.9.2現在)上位から6件だけ絞って見てみましょう。

indeed
indeed

6件のうち、直接入力された案件が5件、オウンドメディアからのクローリングをしてきた案件が1件という結果でした。そのまま、ずっと見ていくと検索順位が10位に初めてタウンワークの案件が出てきました。

インディード

スポンサー枠での表示なので、indeedと連携させているプランを使った掲載だと思います。こうしてみてみると求人サイトからクローリングしてきたと思われる案件は全然上位には見当たらないのです。

地方 【岐阜県大垣市 × 事務での検索】

こちらの検索結果は1,626件でした。(2020.9.2現在)

案件がこれだけ違えば、多少は上位表示が期待できそうですね。見てみるといきなりの1、2位表示でした。3、4位に来ているのはオウンドメディアでした。

インディード
インディード

これだけで結論付けてしまうと、ちょっとこじつけ感もありますが、都心部だと求人案件が豊富にあり、直接入力だとか、オウンドメディアが多数展開されているので、求人サイトの案件を積極的にクローリングしなくても、ある程度の件数が確保できているということなのかもしれません。

大都市 【福岡県福岡市 × 事務での検索】

案件数としては東京には遠く及びませんが、先ほどの岐阜県よりは多くの案件が掲載されています。

検索結果は3,479件でした。(2020.9.2現在)

オウンドメディアの案件が検索トップでしたが、あとは直接入力タイプの案件が目立つ結果となってしまいました。求人サイトからの案件としては10位が最上位でした。

indeed
indeed

【まとめ】地方はクローリング案件、都市は直接入力案件が狙い目

募集案件がたくさんあるようなエリアだと、indeedへの直接入力案件の方が無難なのかもしれません。(あくまでも表示順位の話です。)

これだけ直接入力の案件が多いということは、次のような仮定が成り立つかもしれません。

  1. 求人サイトが増え、案件も増え、クローリングすることがサイトの負担となるので抑えたい
  2. 直接入力案件(オーガニック広告)から有料広告枠への引き込みが将来的な狙い

indeed側のいろいろな思惑から積極的にクローリングをしなくなってしまったというのは、それなりに正しい答えなのではないかと言えます。今後、地方案件が増えてきて都市部と同じような傾向が見られたときは「確信」に変わることになります。

追記項目

indeedのクローリングシステムは定期的に修正されます。

表向きのクローリングルールは「有料枠も無料枠もいろんな案件がランダムで表示される」ということです。また、「使用する人やデバイスによって表示順位は異なり」ます。その人に最適だと思われる案件をAIが自動的に表示してくれるものだと言われています。

正確なデータが欲しいなら、いろんなデバイスで、もっともっと検証を行わなければなりません。今回の僕の検証については1つの意見として捉えて頂ければと思います。ただ、外部の人間である以上は、完璧な分析ができないので、ほどほどで止めておくべきです。

indeedサイト内部のことは確定情報としてお伝えすることはできませんが、求人サイトからのクローリングを意図的に抑える狙いがあったのかもしれません。indeedへの掲載を目的とした求人メディアへの掲載は、失敗する可能性が高いです。最近は課金重視の傾向が強く、ただ単にオプションを付けずに掲載するだけでは、indeedであまり見かけないなんてこともあります。募集したい勤務地での求人案件数の多い・少ないによって上位掲載の可能性は変わるので、注意しましょう。

本日は以上です。

プロフィール

ひーすけ採用主任

  • 会社説明会3,000名
  • 面接1,000名
  • 電話応対25,000名

人材会社に在籍しています

Twitter(@hiisuke_saiyo

Line@(@428dbqte)

ご意見やご質問はこちらまで

webmaster@hiisuke.com

スポンサー広告